【ロードスター N-BOX クラウン GT-R】 ニッポン人の心に響く“和”のクルマたち

 世界に衝撃を与えた日本のクルマ、日本人の美意識が行き届いたクルマ、日本人のことを考え抜いたクルマ。日本の環境や生活を考え尽くしたクルマ…。

 一口に「ニッポンの心に響くクルマ」といっても、やはり色々あるものだなと思う。

 ベストカーでもおなじみ、8人の自動車評論家の方々に、「今、日本人の心を打つクルマと言えば?」をテーマに現行の国産車からそれぞれベスト10を挙げてもらい、その内容をまとめてみた。

 皆さんはどんなクルマを思い浮かべるだろう? その理由はなんだろうか? 思い比べながらお読みいただけると嬉しい。

画像ギャラリー│評論家8人の心を最も深く打ったクルマは?

※本稿は2019年8月のものです
文:鈴木直也、松田秀士、片岡英明、国沢光宏、小沢コージ、斎藤聡、渡辺陽一郎、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■幕の内弁当のような魅力がある!(鈴木直也)

●鈴木直也が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 マツダ ロードスター
2位 ホンダ N-BOX
3位 日産 GT-R
4位 トヨタ クラウン
5位 トヨタ 86/スバル BRZ
6位 トヨタ プリウス
7位 日産 ノートe-POWER
8位 マツダ マツダ3
9位 トヨタ RAV4
10位 スズキ スイフトスポーツ

 日本人の美意識は幕の内弁当。さり気ないセンスで精密にまとまっているモノが好まれる。

 1位ロードスターや2位N-BOX、4位クラウンあたりがまさにソレ。

ロードスターにはこだわりの美学がある

 ロードスターはあえて排気量ダウンまでしてバランスにこだわった美学が素晴らしいし、日本の特産物である軽自動車のワクに最高の実用性を凝縮させたN-BOXもお見事。クラウンも伝統的な日本の高級車という立ち位置が不変でいい。

 ほかには、スイスポジムニーあたりがこの路線。けっして高価なクルマではないんだけど、コンパクトにセンスよくまとまっている点が日本人の心を打つんだよね。

 一方、3位R35 GT-R、6位プリウスあたりは、日本人が世界に誇れるクルマ。

 それぞれ目指した方向性は異なるが、日本の技術の粋を集めたクルマというのが共通項。こういうクルマは日本でしか作れない。

軽自動車の枠に最高の実用性を実現したN-BOX

■ロードスターは日本人らしい匠の一台(松田秀士)

●松田秀士が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 マツダ ロードスター
2位 スバル WRX STI
3位 ホンダ シビックタイプR
4位 スズキ スイフトスポーツ
5位 トヨタ 86/スバル BRZ
6位 日産 スカイライン
7位 日産 フェアレディZ
8位 三菱 アウトランダーPHEV
9位 マツダ CX-5
10位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア

 86までの上位5車はそれぞれ輸入車にはない個性を持っている。ロードスターはあのコンパクトなボディに前後のサスペンションをはじめ、基本メカニカル型式は妥協せず。日本人らしい匠の1台だ。

鈴木氏と同様に松田氏もロードスターが1位

 WRX STIは4WDを高度にまとめ、エンジン縦置きでシンメトリーな前後左右の重量配分を達成。この2台は、そのメカを知れば知るほどに日本人の心を捉えて離さない。

 FFでここまでやれることを証明したシビックタイプR。同じジャンルなら世界で1番にならないと気が済まない大和魂を感じる。

WRX STIも日本の匠を感じさせると評価

 スイスポはこんなに安くていいのか? という優れたコスパ。社員の名刺もペラペラの薄紙を使うスズキ倹約魂だ。このマインドはデフレ慣れした日本人の心に刺さるよ。

 86は見てのとおりでしょ! 楽しさを追求したらメーカーの垣根も越えてひとつになる。薩長同盟を彷彿させるクルマ界の明治維新だ。

■日本の風土に根ざしたクラウン(片岡英明)

●片岡英明が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 トヨタ クラウン
2位 ホンダ N-BOX
3位 トヨタ センチュリー
4位 日産 セレナ
5位 日産 GT-R
6位 トヨタ プリウス
7位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア
8位 日産 リーフ
9位 トヨタ MIRAI
10位 マツダ ロードスター

 1位は日本の風土に根ざしたプレミアムセダンのクラウンだ。

日本のプレミアムセダンの代表がクラウン

 新世代のTNGAプラットフォームを採用して走りの実力を世界レベルにまで引き上げ、日本のユーザーが重視する快適性についても高いレベルにある。また、全幅を1800mmにとどめたことも高く評価したい。

 2位は限られたサイズと排気量のなかで最大の広さと快適性を狙ったホンダのN-BOXだ。後席は驚くほど広いし、先進安全装備も充実している。

 3位は最新の高度な技術を随所に散りばめたリムジンのセンチュリーとした。ハイブリッドシステムの採用により実用燃費もいい。

限られたサイズに日本の技術が凝縮されたN-BOX

 4位は使い勝手のいいジャストサイズのミニバン、セレナを選んだ。広いキャビンに加え、新鮮な運転感覚のe-POWERとプロパイロットの採用も日本らしい。

 5位は孤高のスーパースポーツ、GT-R。登場から12年になるが、今も進化を続けている。走りの楽しさは格別だ。

■センチュリーは日本車の象徴!(国沢光宏)

●国沢光宏が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 トヨタ センチュリー
2位 日産 GT-R
3位 トヨタ 86/スバル BRZ
4位 トヨタ MIRAI
5位 スバル WRX STI
6位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア
7位 トヨタ ハイエース
8位 トヨタ クラウン
9位 ホンダ フィット
10位 日産 NV350

 やはり日本車の象徴であるセンチュリーを挙げないワケにいかない。大半の日本車が輸入車と比べたら届いてないブブン多いなか、センチュリーだけはまったく負けておらず。

「別格の日本車」としてセンチュリーを選出

 別格の日本車ですね。センチュリーとまったく方向性違うけれど、GT-Rも日本人の心を打つクルマだ。

 高額車だし、世界規模で知名度高いため海外の販売台数多いと思いきや、日本が一番売れている。近い将来絶版になる可能性大きい。買うなら貯金を始めよう!

日本車として世界的な知名度の高いGT-R

 86MIRAIWRX STIなども日本の文化をバックボーンに生まれたモデル。販売台数こそ目立っていないが、和風だと私は考えます。

 アルファード/ヴェルファイアハイエースは世界で最もスペース効率を追求したモデルとして知られており、ここにきてアジアを中心に爆発的なヒットを飛ばす。

 クルマを家のように考えるという日本ならではのコンセプトが評価されているのだった。フィットも和風だ。

■超控えめ、わびさびセンチュリー(小沢コージ)

●小沢コージが選んだ和のクルマ ベスト10
1位 トヨタ センチュリー
2位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア
3位 マツダ マツダ3
4位 トヨタ クラウン
5位 マツダ ロードスター
6位 トヨタ ハリアー
7位 スズキ ジムニー
8位 トヨタ ノア/ヴォクシー
9位 日産 セレナ
10位 スズキ ソリオ

 これほどジミで報われない控えめ高級車があったか? とビビったのが3代目センチュリー。そもそも初代が30年、2代目が20年とほぼ国内専用で作られた事実が日本的。

小沢氏も一位に挙げたセンチュリー

 ロールス&ベントレーと高級車はいくらでもあるのに、日本のプライドを賭けて日本のVIPのためだけに作られた月産50台の儲からない高級車。

 違いはハデさを抑えた、超控えめな作りでこれぞ走るわびさび! これを世界で戦ってるトヨタが損得抜きで作ってる事実がまた凄い。

 かたやアルファードの凄さは乗り心地や質感じゃない。ロールスロイスもビビる上質な高級車を労働者の象徴たるスライドドア車で作るってコンセプト。

アルファードは日本の「新高級車コンセプト」を作った

 モンペでドレス作るような発想だけど、コイツの場合、その国内限定の新高級車コンセプトがアジアで通じちゃったのが凄い。

 マツダ3は日本ならではの美を世界に轟かせようという心意気がステキ。走る浮世絵ですよこれは!

■「寂び」を感じるセンチュリー(斎藤 聡)

●斎藤聡が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 トヨタ センチュリー
2位 日産 スカイライン
3位 日産 フェアレディZ
4位 トヨタ 86/スバル BRZ
5位 トヨタ カローラスポーツ
6位 マツダ マツダ3
7位 スズキ ジムニー
8位 ホンダ S660
9位 ホンダ N-BOX
10位 マツダ ロードスター

 和の心といわれてすぐに思い浮かんだのがセンチュリーです。「しん」とした静謐な佇まいや、華美にならない落ち着きのある室内空間は「寂び」を感じさせます。

 スカイラインZは、昭和を彩り、また日本の自動車文化とともに育ってきた和のスポーツカーの代表です。

スカイラインは和のスポーツモデルの代表

 4位は86/BRZとしました。トヨタとスバル、2つの純国産メーカーの化学変化が生み出したスポーツカーです。日本に軸足を置いて作られた希少なクルマです。

 5位はカローラスポーツ。戦後の日本の自動車の歴史そのもの。そのカローラが、走りの楽しさを備えて再登場したのですから、これは挙げないわけにはいきません。

Zも昭和を彩り今も続く和の心のあるスポーツカー

 グローバル化と言われますが、案外海外のクルマはその国の特徴を色濃く残しています。結局、日本人に向けて、あるいは日本的なこだわりを持って作ったクルマに、おのずと和の心が宿るのだろうと思います。

■日本人の笑顔が思い浮かぶクルマ(渡辺陽一郎)

●渡辺陽一郎が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 スズキ アルト
2位 ダイハツ タント
3位 日産 セレナ
4位 ホンダ N-BOX
5位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア
6位 スズキ ジムニー
7位 ホンダ フィット
8位 日産 キューブ
9位 トヨタ カローラ
10位 マツダ ロードスター

 日本人の笑顔を思い浮かべながら開発されたクルマが、日本人の心を打つ。「このクルマと出会えてよかった」「このクルマに救われた」と実感できるクルマが生まれる。

 アルトは視界からシートの座り心地、運転感覚まで、高齢者を含めたさまざまな日本人が運転することを想定して開発された。

さまざまな日本人を見て作られたアルト

 公共の交通機関が未発達な地域では、ライフラインになり得るクルマで、多くの日本人の心に響いている。

 タントは左側の前後ドアを開くと開口幅がワイドに広がり、助手席と後席に体を捩らず乗り降りできる。同乗する高齢者に優しく、今の日本の社会を見据えて開発された。

タントは今の日本社会を見据えて開発されている

 セレナは標準ボディが5ナンバー車になるミニバンでは、3列目シートが最も快適だ。2世帯同居の世帯も使いやすい。

 見栄を張ったり遊び道具にするのではなく、生活を便利で快適にすることがクルマの本質だ。そのような商品が日本人の心を打つ。

■日本の凄さを知らしめたGT-R(岡本幸一郎)

●岡本幸一郎が選んだ和のクルマ ベスト10
1位 日産 GT-R
2位 トヨタ クラウン
3位 スズキ ジムニー
4位 マツダ ロードスター
5位 日産 フェアレディZ
6位 トヨタ アルファード/ヴェルファイア
7位 トヨタ ランドクルーザー
8位 トヨタ プリウス
9位 トヨタ センチュリー
10位 スバル WRX STI

 いかに「日本すごいぜ!」を感じさせるか、さらには日本だからこそ生まれてきたことをいかに強く感じさせたか、といったあたりがポイントかと思う。

 その点で、欧州列強をビビらせるほどの速さで日本の底力を世界に知らしめたGT-Rこそ1位としてふさわしいと思う。

GT-Rは日本の技術力を世界に知らしめた

 将来振り返っても最も日本車の歴史に残る1台に違いない。欧州勢とは異質の武骨なデザインも日本っぽくてよい。

 デザインといえば2位のクラウン。これほどグローバルな世の中になっても日本人のために存在する稀有なクルマ。世界を見わたしてもほかにない独特の雰囲気を持った、いかにも日本らしい高級セダンだと思う。

「日本人のためのサルーン」といえるクラウンが岡本氏の2位

 3位はジムニー。日本人特有の気質である、強者に挑む弱者に同情する、いわゆる「判官びいき」をまさしく地で行くクルマ。

 小さな体で大きなクルマをしのぐほどの悪路走破性を発揮する姿に心を打たれる人は少なくないはずだ。

画像ギャラリー│評論家8人の心を最も深く打ったクルマは?

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ