900万円超で爆誕!!! ルノー メガーヌR.S. ニュルFF最速最強モデル発売!!!

 ルノー メガーヌR.S.。279ps/39.8kgmを発生する1.8Lターボを搭載し、新たに搭載された4輪操舵システムでもってコーナーを俊敏に駆け抜ける、ナイスなおフランス製ハッチバックだ。

 某自動車専門誌編集長も狙っていると言われるこのメガーヌR.S.。現在さらなる本気モデルが用意され、さらにさらにその英国仕様にはニュルブルクリンクでFF最速を記録したモデルがあるという。

【画像ギャラリー】タイプRを抜いた!! ニュル・新最速モデルをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年8月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月26日号


■500台限定で発売される「トロフィーR」

 まずは「本気モデル」の紹介をしよう。2019年内に500台限定での発売が予定されている「トロフィーR」と呼ばれるモデルがそれだ。

ルノー メガーヌR.S.「トロフィーR」

 ハイスペックモデルの「トロフィー(日本未導入)」同様、出力は300psに引き上げられ、さらにチタンエキゾーストシステムやカーボンボンネット、後席レスの2シーター化などでトロフィー比、最大約130kgの軽量化が図られているというからたまらない。

 硬派なクルマが3度のメシより好きというアナタに、絶対のおススメの1台だ。

 さてこのトロフィーR、イギリスにも32台が納入されることになっているが、女王陛下が「もっとハードでなきゃイヤン」とでも言ったのか(たぶん言ってない)、英国仕様にはその硬派っぷりにさらに磨きをかけるオプションパックが用意されていることがわかった。

■英国仕様にニュル最速モデルが登場!!

 ひとつが「カーボン・ホイール・パック」。軽量化自慢のトロフィーRの、バネ下重量をさらに各輪2kg軽くするカーボン・レボリューション・ホイールを履く仕様で、お値段6万3140ポンド(808万1920円)。

 で、このさらに上を行くのが「ニュルブルクリンク・レコード・パック」で、これはまさにニュルブルクリンクで7分40秒1というFF最速ラップを記録したマシンと同スペックとされる仕様なのだ。

ルノー メガーヌR.S. トロフィーR ニュルブルクリンク・レコード・パック

 クラス初となるカーボンセラミックフロントブレーキやゴールドに塗られたブレンボ製ブレーキキャリパー、バンパー部のR.S.ビジョンライトを廃して代わりにダイナミック・エアインテークを採用するという、もうイヤになるほど本気のモデルだ。

 もちろん価格も本気で、7万2140ポンド也。日本円に換算すると923万3920円だ。

 日本仕様のトロフィーRにこのオプションパックが設定されるかはわからないが、導入の暁にはぜひニュルブルクリンクを激走していただき、FF最速記録ホルダーの実力を堪能していただきたい。

カーボン模様がハッキリ見えるカーボン・レボリューション・ホイール。奥に鎮座する金のブレーキキャリパーは「ニュルブルクリンク・レコード・パック」専用品
スパッと斜めに切り落としたテールエンド処理が、いかにもスポーティな印象のアクラポビッチ製のマフラー
後部にドアはあっても椅子はない。なぜならそれが本気のトロフィーRだからである。ちなみに後席窓はポリカーボネート製
「ワタシガニュル北コースヲ7分40秒1デ走リマーシタ」と言ったかどうかは定かでないが(たぶん言ってない)、驚異のタイムを記録した開発ドライバーのロラン・ウルゴン氏
ニュルFF最速の座を争う我らがシビックタイプR。タイプRのラップタイムは7分43秒8。充分以上に速いが、負けは負けなのである

■メガーヌR.S.トロフィーR(英国仕様)SPEC
エンジン:1.8L 直4ターボ トランスミッション:6速MT
出力:300ps/6000rpm 40.8kgm/3200rpm
0-100km/h加速:5.4秒 最高速度:262km/h
英国価格:5万1140ポンド(654万5920円)

【画像ギャラリー】タイプRを抜いた!! ニュル・新最速モデルをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)


最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ