WRC日本2020年開催決定!! 10年ぶりにWRCが日本へ帰ってくる!!!


 悲願達成! 2010年以来10年ぶりにWRCラリージャパンが復活する。「まず間違いなく開催されるだろう」と言われていたものの、2018年10月に“大番狂わせ”と言われた落選劇から約1年。待ちに待った吉報が届いた。

 以下、WRC日本開催の第一報を、まずは喜びとともに伝えたい。
文:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】 WRCには絶景がよく似合う!! WRCと世界の絶景と謎のモリゾウ

■世界ラリー選手権が2020年秋! 日本開催!!!!

 2019年9月27日19時半、「2020年WRC日本ラウンド」の開催が無事、正式に発表された。

 大会名称は「ラリージャパン」で、2020年に開催される全14戦の最終戦として11月22日の開催が発表された。

 さっそくラリー好きで知られるモリゾウ氏(その正体についてはご想像に任せる)のコメントが届いているので紹介しよう。

「日本の風景の中で、あの音、あの匂い、そして、あのクルマの動きが感じられると思うと、ほんとうにワクワクしてきます。多くの人に、それらを体験してもらいたいと、ずっと思ってきました。来年、それがやっと実現されること、とにかくうれしいです。世界最高峰のラリーの走りを目一杯楽しみましょう。ほんとうに楽しみです!」

 まさに興奮が伝わってくるようなコメントだ。

「モリゾウ」……誰なんだいったい…

 世界を知る新井敏弘選手は「皆さんが普段使っている一般公道で、ワールドラリーカーという化け物をトップドライバーがどのように扱うのか? WRCの凄さを味わいましょう!」とコメント。ファンとしては新井選手の挑戦も見てみたいものだ。

 また、2019年10月24日には、東京モーターショー会場にて「ラリージャパン開催決定記者会見」も実施される。

■オリンピック、パラリンピック、そしてWRC!!!

 開催エリアは愛知県と岐阜県内で、コースはターマック(舗装)、実際にタイムが計測されるSS(スペシャルステージ)は林道が中心となるはず。またメイン会場となるのは愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で、ここでもSSが開催される可能性があるほか、さまざまな催し物が行われるはずだ。モリコロパークは東名名古屋ICからクルマで約20分、名古屋の中心街からなら電車で約50分という交通の便のよさが売り。

公道で繰り広げられる豪快な走りがWRCの魅力。日本車が駆け抜ける姿をぜひ目に焼き付けたい

 この点を高く評価するのはテリー伊藤さん。

「ついに決まりましたか、 WRCラリージャパン!! 私も必ず見に行きますよ! ただひとつ心配なのは、WRCの認知度がF1などに比べると低いこと。でもモリコロパークがメイン会場になるのはいいですね。ここに世界中の美味しいものが食べられるフードコートを作って『WRCへ食べに行こう!』とアピールすれば、WRCの認知度も上がり、楽しいイベントになるはずです。来年はオリンピックにパラリンピック、そしてWRCと3連発。日本中が盛り上がらないわけがありません」とコメント。

 テリーさんの言うようにクルマ好きだけでなく広くいろんな人にWRCを見てもらえるという点でモリコロパークは最高の立地だと思う。

次ページは : ■日の丸を背負う戦いが愛知で開催!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ