【速報】10年ぶりにWRCが日本へ帰ってくる!!! WRC日本2020年開催決定!!

 悲願達成! 2010年以来10年ぶりにWRCラリージャパンが復活する。「まず間違いなく開催されるだろう」と言われていたものの、2018年10月に“大番狂わせ”と言われた落選劇から約1年。待ちに待った吉報が届いた。

 以下、WRC日本開催の第一報を、まずは喜びとともに伝えたい。
文:ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】 WRCには絶景がよく似合う!! WRCと世界の絶景と謎のモリゾウ

■世界ラリー選手権が2020年秋! 日本開催!!!!

 2019年9月27日19時半、「2020年WRC日本ラウンド」の開催が無事、正式に発表された。

 大会名称は「ラリージャパン」で、2020年に開催される全14戦の最終戦として11月22日の開催が発表された。

 さっそくラリー好きで知られるモリゾウ氏(その正体についてはご想像に任せる)のコメントが届いているので紹介しよう。

「日本の風景の中で、あの音、あの匂い、そして、あのクルマの動きが感じられると思うと、ほんとうにワクワクしてきます。多くの人に、それらを体験してもらいたいと、ずっと思ってきました。来年、それがやっと実現されること、とにかくうれしいです。世界最高峰のラリーの走りを目一杯楽しみましょう。ほんとうに楽しみです!」

 まさに興奮が伝わってくるようなコメントだ。

「モリゾウ」……誰なんだいったい…

 世界を知る新井敏弘選手は「皆さんが普段使っている一般公道で、ワールドラリーカーという化け物をトップドライバーがどのように扱うのか? WRCの凄さを味わいましょう!」とコメント。ファンとしては新井選手の挑戦も見てみたいものだ。

 また、2019年10月24日には、東京モーターショー会場にて「ラリージャパン開催決定記者会見」も実施される。

■オリンピック、パラリンピック、そしてWRC!!!

 開催エリアは愛知県と岐阜県内で、コースはターマック(舗装)、実際にタイムが計測されるSS(スペシャルステージ)は林道が中心となるはず。またメイン会場となるのは愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で、ここでもSSが開催される可能性があるほか、さまざまな催し物が行われるはずだ。モリコロパークは東名名古屋ICからクルマで約20分、名古屋の中心街からなら電車で約50分という交通の便のよさが売り。

公道で繰り広げられる豪快な走りがWRCの魅力。日本車が駆け抜ける姿をぜひ目に焼き付けたい

 この点を高く評価するのはテリー伊藤さん。

「ついに決まりましたか、 WRCラリージャパン!! 私も必ず見に行きますよ! ただひとつ心配なのは、WRCの認知度がF1などに比べると低いこと。でもモリコロパークがメイン会場になるのはいいですね。ここに世界中の美味しいものが食べられるフードコートを作って『WRCへ食べに行こう!』とアピールすれば、WRCの認知度も上がり、楽しいイベントになるはずです。来年はオリンピックにパラリンピック、そしてWRCと3連発。日本中が盛り上がらないわけがありません」とコメント。

 テリーさんの言うようにクルマ好きだけでなく広くいろんな人にWRCを見てもらえるという点でモリコロパークは最高の立地だと思う。

■日の丸を背負う戦いが愛知で開催!

 現在WRCはトヨタ、ヒュンダイ、シトロエン、Mスポーツ・フォードの4チームで争われ、2018年の昨シーズンはトヨタがマニュファクチャラーズチャンピオンに輝き、今年も好調をキープ。トヨタは若手のホープ、勝田貴元選手を来年のラリージャパンに起用してくることも充分考えられる。日の丸を背負った日本人ドライバーを応援することになれば、盛り上がりもハンパないはず。

2020年には(ベストカー調べによると)ヴィッツがフルモデルチェンジを実施し、世界販売名と同じ「ヤリス」と改名される。そうなると、よりいっそうWRカーとの親和性は高くなるだろう

 2019年11月9日土曜日から10日日曜日には、ラリージャパンのテストイベントがモリコロパークを中心に開催される(Central Rally Aichi/Gifu 2019)。テストイベントとはいえ、来年の本番を前に各チームはデータが欲しいはずで、ワークスチームの参加があるかも知れない。このほかにも来年11月の本番までラリージャパン関連のさまざまなイベントが開催されるはずで、目が離せない。

Rally Japan開催概要 ( 2019年9月27日現在)
・開催日時 2020年11月19〜22日(予定)
・大会名称 Rally Japan
・開催エリア 愛知県内(名古屋市・岡崎市・豊田市・新城市・長久手市・設楽町)および岐阜県内(中津川市・恵那市)の公道
・メイン会場 愛・地球博記念公園(長久手市:通称モリコロパーク)

■各界からの祝福コメント

◆愛知県知事 大村秀章氏
「FIA世界ラリー選手権(WRC)の2020年日本開催を心から歓迎します。多くの自動車関係者、モータースポーツファンがWRC日本開催を待ち望んでいました。世界一の自動車産業の集積地である本県には、自動車文化とモータースポーツの素晴らしさを世界に発信していくというミッションがあります。日本を代表するモータースポーツの中心地として、世界に大きくアピールする大会にしていけるよう、関係者と協力し、2020年秋の大会の成功に向けて全力で取り組んでまいります。」

岐阜県知事 古田 肇氏
「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に、FIA世界ラリー選手権の日本ラウンドが、ここ「清流の国ぎふ」で開催されますことを大変喜ばしく思います。本県にとって初めての世界的なモータースポーツの大会であり、今から大いに楽しみにしているところです。出場される選手やチーム関係者の皆さまの健闘をお祈りするとともに、観戦に訪れる国内外の皆さまには、豊かな自然や歴史ある文化・伝統など、本県の魅力に触れていただけると幸いです。皆さまのお越しをお待ちしております。」

TOYOTA GAZOO Racing WRT 総代表 豊田章男氏
「日本でヤリスWRCを走らせられること、とても嬉しく思います。諦めずに招致にご尽力された皆さま、ありがとうございました。同時に、心地よいプレッシャーを感じ始めています。日本のクルマが日本の道で戦う……。絶対負けたくありません。その日に向けて、引き続きTOYOTA GAZOO Racing WRTは努力を続けてまいります。ファンの皆さまも応援をよろしくお願いいたします。」

◆自民党モータースポーツ振興議員連盟会長 衆議院議員 古屋圭司氏
「悲願のWRC愛知岐阜開催が事実上決定し、これ以上の喜びはありません。私たちが目指すのは、日本でのモータースポーツ文化定着であり、これはその代表的なイベントです。関係者が連携して、世界中が熱狂する日本ラウンドを創り上げましょう。」

◆草ラリードライバー モリゾウ氏
「2020年、五輪だけでなく、四輪のトップカテゴリーも日本に来ることが決まりました。日本の風景の中で、あの音、あの匂い、そして、あのクルマの動きが感じられると思うと、本当にワクワクしてきます! 多くの人に、それらを感じてもらいたいと、ずっと思ってきました。来年、それがやっと実現されること、とにかく嬉しいです! 招致には多くの苦労があったと思います。関わった皆さまに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。世界最高峰のラリーの走りを目一杯楽しみましょう。本当に楽しみです!」

 以上、なぜこのメンバーに「草ラリードライバー」が混ざっているのか、しかも一番長く熱いコメントを寄せているのか、本企画担当はまったくわからないが、ともかくめでたい! ラリー会場に行けばこの謎のモリゾウにも会えるかもしれないぞ!!

【画像ギャラリー】 WRCには絶景がよく似合う!! WRCと世界の絶景と謎のモリゾウ

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ