ストラーダ大使が行く名城巡り -第一回 小田原城編-

20161110_strada_top02
小田原城は北条氏五代約100年の栄華の中心地であった。1960年に現在の天守閣が再建された。  

 パナソニックの新型カーナビ、ストラーダの魅力を体験してもらうべく、ベストカーでは10日号で3回連続、ストラーダ大使をアンバサダーのもとに派遣。

 大使には来年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』を先取りして「女侍」を起用し、アンバサダーに9インチの大画面をたっぷりと味わってもらうことにした。

20161110_strada_xx13
【チェルシー・リナ】:テレビ東京のスーパーGT+のレポーターの経験もあり、クルマが大好きで横浜女子マラソン完走と体力もある。芋焼酎をスルメをつまみに飲めるハーフ。ブース所属。  

 パナソニックから発売になった新型ストラーダ最大の魅力は2DINスペースに9インチの大画面カーナビを搭載すること。

 しかも200車種以上に対応するので、古いクルマにも取り付けられるからビックリ。今回は日米のハーフながら、日本のお城と芋焼酎が大好きなモデルのチェルシー・リナを大使に任命。日本百名城に選ばれている神奈川県の小田原城を目指した。

 「でっか〜い! ふだん、スマホをナビとして使っているんですけど、9インチってこんなに大きいんですね」

 音羽の不夜城から乗り込んだチェルシー・リナの第一声がこれ。スマホをナビとして使っている人は多いと思うけれど、やっぱり大画面の見やすさはまるで違うもの。

 しかも新しいストラーダはディスプレイがナビ本体から浮き出しているフローティング構造のため、手元に近くて扱いやすく、実際は9インチでも10インチなみの迫力を感じられるのが特徴。しかもデザインがかっこいい。高質感のアルミフレームを採用している。

20161110_strada_xx9

 「高級感がありますね。アルミフレームが柔らかくラウンドしていて、見ていてリラックスさせてくれます。きっと女性にも受けるんじゃないですか」さすが、モデルさんはお目が高い。さくさくと小田原城を検索して案内スタート!

 向かう小田原城は北条氏が豊臣秀吉に抵抗して3カ月間籠城したことで有名。籠城か打って出るかでなかなか結論が出ず、『小田原評定』なんて言葉もできました。

 天守閣は1960年に再建されたものだが、関東では、最も立派なもののひとつで、年間50万人も訪れる。

ここに注目!

20161110_strada_xx2b
ディスプレイは薄型で周囲はアルミフレームとし、左右はラウンドした柔らかなアールラインのデザインが施される。  
20161110_strada_xx3
ディスプレイ角度は最大約60度まで調整できるからCDやDVDの挿入も邪魔にならない。  
20161110_strada_xx4
オプションでフロントインフォディスプレイも装着可能。ナビ情報が視線の先にわかりやすく表示される。  
20161110_strada_xx5
画面が大きくなったぶん、ルートガイドの見やすさもだんぜん。間違いやすい首都高のランプもしっかり教えてくれる。  
20161110_strada_xx6
VICS WIDEを標準搭載し、精度の高い渋滞情報を活用。交差点レーン別に渋滞状況を色分け表示してくれる。  

 ストラーダ大使の名城巡り。次ページではいよいよ、小田原城へ!

20161110_strada_xx7
ご覧のようにフローティング構造で角度が変えられるから、見やすい位置に調整できる。  

 さてアンバサダーのウッピーさんとの待ち合わせは遠くに小田原城を望む、石垣山一夜城歴史公園。秀吉が小田原征伐の時に小田原城から見えないように築いて完成後に木を伐採したことから「一夜城」の名前がある。

 イベントによく参加してくれるウッピーさんの愛車はワゴンR。ローダウンにスポーツマフラー、エアロバンパーと戦闘力アップの外観でアピールしています。

 「自分もナビはストラーダですよ。かなり古いんですけれど。新しいストラーダは気になりますよ。ちょっと見ていいですか?」さすがストラーダオーナーだけに興味津々。

 「ダイナビッグディスプレイは角度調整や上下スライド、奥行き調整もできるんですね。

 右にナビのメニュー、左にオーディオのメニューをおくことで、直感的な操作を可能にしている。

 9インチの大きさにもビックリだけど、運転席からの見やすさがだんぜんですね。えっ、ワゴンRやハスラー、フィットといった軽やコンパクトにも付くんですか?」「そこが新型ストラーダのいいところ。9インチというとミニバンや輸入車のものというイメージがありますが、そうじゃないんです。200車種以上に装着できる『9インチ解放宣言』なんですよ」

20161110_strada_xx1

 ■ なんと取り付け可能車種は200車以上(9月24日現在)

20161110_strada_xx10
もちろんスマートフォンとも連携。最新のAndroid Auto:tm:にも対応。ブルートゥースで音楽を聞いたり、音声検索もできる。  

ナビが大きいと運転がスムーズになる

20161110_strada_xx11
小田原城周辺の駐車場探しもスイスイ検索できる。知らない場所での駐車場探しはナビの実力が問われる大きなポイントだ。  

 二人が意気投合したところで、石垣山一夜城から小田原城まで約3㎞の道のりを新型ストラーダの案内で向かう。

 「実際に走りながら見ると、さっきよりもずっと大きく見えますね。ルートもハッキリしているし、コンビニなどのマークも見やすい。これならルートを間違えることもなく、運転がラクですね」

 「ウッピーさんのナビは7インチでしょう。すると9インチは面積として1.7倍にもなる計算ですから全然違うでしょう!」

20161110_strada_xx12
ストラーダで検索して美味しい海鮮丼を探し当てました。上手な食事処選びができると知らない街でも安心です。  

 ナビがいいと話も弾みます。小田原城近くの駐車場検索もらくらく、小田原城で来年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』を先取りし、「女侍」を満喫したら、昼ご飯へGO!小田原だから海鮮丼だねと向かったのは小田原漁港にある魚市場食堂。

 美味しい食事処がさくっと見つかって、しっかり駐車場までガイドしてくれると、いらつかずにすみます。すっかり気にいったウッピーさん、別れた後にカー用品の量販店に新型ストラーダを見に寄ったそうです。

20161110_strada_xx14
9インチの大画面のほかブルーレイディスク対応VICS WIDE対応、SDナビ、フルセグ地デジ対応、ETC2.0車載器対応、音声認識など至れり尽くせりの装備が魅力。全地図更新は3年間で1回可能で、部分更新なら3年間2カ月ごとにできるから安心。(オープン価格)  

■第二回は、11月10日発売号で甲府の武田氏館に向かいます!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ