【アウトランダー&PHEV B4&アウトバックがアップデート!!】 秋冷の一部改良&特別&追加モデル情報

 三菱のアウトランダーおよびPHEV、スバルのレガシィアウトバックおよびB4がそれぞれ一部改良を果たした。

 レガシィは2020年にフルモデルチェンジを控えており(北米市場ではすでに新型が発表済み)、これが最後の一部改良だと思われる。欲しい人はぜひ、現行型の最終仕様を手に入れよう。

 ほか、ボルボ V90/V90クロスカントリー、スズキの軽トラックキャリイの仕様変更、ベンツCクラス、ポルシェ カイエンターボSEハイブリッドの追加モデル、プジョー308/308SWの特別仕様車情報を掲載。

【画像ギャラリー】秋も続々!!! 注目の新型車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年9月のものです。価格の横に「※」のあるものは消費税10%込みの表記を表します
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■三菱 アウトランダー(一部改良・9月12日発売)

 ミドルサイズSUVのアウトランダーが一部改良され、9月12日に発売された。

今回の改良で、グレードで異なるが価格は数千円~5万円程度アップした

 今回の改良では、4WD車の全車に、車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備したのがポイント。

 左右輪間の駆動&制動力配分をコントロールするAYCブレーキ制御をアウトランダー専用にセッティングし、ドライバーの意図するとおりのコーナリングを実現。

 また、発進時に車輪の空転をブレーキで制御することで、雪道などの滑りやすい路面でも力強い発進ができるようにしている。

 さらに4WDの走行モードを従来の「AWC ECO」「NORMAL」「SNOW」に加えて、新たに悪路走行に適した「GRAVEL」を追加して、走破性をよりいっそう向上させている。

 装備面では、「ミツビシパワーサウンドシステム」や「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定。そのほか、内装では運転席にパワーランバーサポートを採用し、セカンドシートのサポート性も向上させている。

●価格:267万6240円~

■三菱 アウトランダーPHEV(一部改良・9月12日発売)

 アウトランダーPHEVが一部改良され、9月12日に発売された。

ボディカラーは、強い輝きと深みを併せ持つレッドダイヤモンドを新たに設定。全10色が展開される

 今回の改良では、透明感のあるサウンドを実現する「ミツビシパワーサウンドシステム」や、地図機能を内蔵した「スマートフォン連携ナビゲーション」を新たに設定。

 さらに内装では、運転席にランバーサポート機能を採用し、セカンドシートはサポート性も向上している。

 価格は、約1万~10万円程度アップした。

●価格:386万7480円~

■スバル レガシィアウトバック(一部改良・11月8日発売)

 レガシィアウトバックが9月3日に一部改良され、11月8日に発売される。

アウトバックはグレード追加とともに、4WD制御に2つの新しいモードを加える改良も行われた

 今回の改良では、「B-SPORTS」グレードを新たに追加。スポーティな内外装デザインを採用したエントリーモデルとなっている。また、ボディカラーに「クールグレーカーキ」を新採用した。

 さらに、四輪駆動制御システム「X-MODE」に、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」や、新雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・NMUD」の2つのモードを新設定し、悪路走破性を高めている。

●価格:341万円~※

■スバル レガシィB4(一部改良・11月8日発売)

 レガシィB4が9月3日に一部改良。11月8日に発売される。

スポーティなデザインを採用した「B-SPORT」グレードを追加。B4の魅力がさらに高まった

 今回の改良では、スポーティな内外装デザインを採用した「B-SPORTS」グレードを追加し、一部グレードにブラウンレザー内装を新設定した。

●価格:313万5000円~※

■スズキ キャリィ(一部仕様変更・9月17日発売)

 軽トラックのキャリイが一部仕様変更された。

 今回の主な変更点は先進安全装備の強化で、軽トラック初の夜間の歩行者を検知可能な衝突被害軽減ブレーキを採用。さらに、車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなどが新たに搭載された。

●価格:72万2520円~

■ベンツC350eアバンギャルド(追加モデル・9月2日注文受付)

 ベンツCクラスのラインナップに、システム全体で329psを発生するプラグインハイブリッドモデルの「C350eアバンギャルド」が追加設定され、9月2日から注目受付を開始している。

ベンツCクラスのセダンにプラグインハイブリッドモデルのC350eアバンギャルドが追加

 モーターでの航続距離は最大約54kmを発揮する。

 また、同時にCクラスはC180が1.5Lターボの新エンジンに変更される改良も実施。両モデルとも納車は今年10月頃になる予定。

●価格:679万円※

■ボルボ V90/V90クロスカントリー(一部仕様変更・9月12日発売)

 ボルボのV90とV90クロスカントリーが一部仕様変更。

先進安全機能をさらに強化した改良を実施

 今回の仕様変更では、シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)にステアリング・サポート(衝突回避支援機能)を追加。ステアリング操作を補って、障害物の回避を支援する。

 さらに、CTA(クロス・トラフィック・アラート)には衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加。駐車スペースから後退する時に、必要に応じて被害軽減ブレーキが作動するようになった。

●価格:691万5741円~※

■プジョー 308/308SW GTラインブラックパック(特別仕様車・9月3日発売)

価格はベース車である特別仕様車「GTライン ブルーHDi」の8万1000円アップとなる

 プジョー308と308SWに特別仕様車の「GTラインブラックパック」が設定された。

 308の持つ優れたハンドリングや乗り心地はそのままに、さらにスポーティネスを高めたモデルで、1.5Lディーゼルターボ車のGTラインをベースに、ダーククロームライオンエンブレムなどのブラック基調のエクステリアパーツ、ブラック18インチホイールを装備する。外装色は全4色設定。

●価格:338万円~

■ポルシェ カイエンターボSEハイブリッド、カイエンターボSEハイブリッドクーペ(追加モデル・9月13日受注開始)

 ポルシェカイエンの最上級モデルの「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」の予約受注を開始した。

カイエンターボSEハイブリッドが2327万円、カイエンターボSEハイブリッドクーペが2376万円

 4L V6ツインターボエンジン+モーターを搭載するプラグインハイブリッドモデルで、本国ではシステム出力680psを発揮する。国内仕様の詳細は未発表だが、右ハンドルの8速ティプトロニックが組み合わされる仕様が発売される予定だ。

●価格:2327万円~

【画像ギャラリー】秋も続々!!! 注目の新型車たちをギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ