「国産車は以前より高くなった」は本当か

「国産車は以前より高くなった」は本当か

国産車と輸入車の新車価格を比較してみると、「日本のクルマもずいぶん高くなったなぁ」と感じることはないだろうか。では、実際に昔と比べて国産車の値段は上がっているのか? 調査を進めると、興味深いある傾向が見えてきた。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年2月10日号



1000万円超の国産車と200万円台のベンツ、BMW


GT-RのNISMOは1870万200円、レクサスLSで一番高いのは1595万4000円、NSXは、目玉が飛び出す2370万円というプライスだ。

いっぽう輸入車は、高級車の代名詞だったメルセデスや、BMWがフルラインアップメーカーへと変身した今となっては、ベンツA180スタイルが298万円、BMW118iも298万円で買えるなど激安のイメージを醸し出している。

こうした輸入車の事情もあり、相対的に国産車は高くなったという印象を持たれることになる。


現在は1253万8286円で販売されているセンチュリー。国産車としては長らく最高価格車だったが、今や1000万円超の国産車も珍しくなくりつつある

意外にもベーシックモデルは高くなっていない


では実際、昔と今のクルマの価格を比べてみると、どうなのかを検証してみよう。

手元に集めたのは今から45年前の1972年の新車価格のデータ。国産車の代表はクラウンとカローラ。そして、輸入車の代表はVWのタイプ1ビートルだ。

45年前とは物価が違うので、サラリーマンの平均年収をベースに補正の係数を求めてみると、係数は4.1と計算された。

つまり45年前は1000円で買えたものが、いまは4100円出さないと買えないということ。

この係数を当時の車両価格に掛けてみると、計算された結果が下の表だ。

結果的にはビートルの場合は現行のザ・ビートルの価格帯のほうが40万円ほど安い設定になっている。

いっぽうクラウンは上級モデル同士の比較だと36万円の差はあるものの、エントリーモデルは現行のほうが4万円高いだけということがわかる。カローラも現代のほうが安い。

つまり、この例を見ると、大衆車クラスでは45年前よりも価格は安くなっているが、上級モデルほどアッパー価格が上がっていることがわかる。


ビートルは1972年に「1200」が63万3000円で販売されていたが、平均収入ベースで考えると現行型のほうが安いという結果に

次ページ:フルモデルチェンジごとに多くのクルマの価格は上昇


 

フルモデルチェンジごとに多くのクルマの価格は上昇


次に考えられるのが、フルモデルチェンジごとにクルマの価格がジリジリ高くなっているのではないかということだ。

近年フルモデルチェンジした各車を調査してみると、シエンタもステップワゴンも、ロードスターも、価格引き上げを行っている。

特に引き上げ額が大きかったのが新型インプレッサ。旧モデルのベーシックグレードは159万8400円で買えたのに、新型の最も安いモデルは192万2400円。実に32万4000円も高い。

これはアイサイトを全車標準化したということもあるが、アイサイト自体、ほかのモデルでは約10万円で価格設定されていることを考えると、それでも22万4000円のアップ。これは高くなったという印象を持たれてもいたしかたないはずだ。


2016年にフルモデルチェンジしたインプレッサ。新しいプラットフォームを採用し、クルマの完成度は飛躍的に向上したが、価格も上がってしまった

たしかに昔に比べればクルマに求められる機能は増えている。今は、昔以上に環境性能が求められ、一段と高い安全性能も求められる時代。

それに対応するように自動車メーカーは、ハイブリッド技術、衝突安全技術、そして自動運転技術などさまざまな技術を新型車で実現していく。

そうなると開発コストがかかるのも当然のこと。そしてそれは新車価格に反映されてしまう。

クルマの価格が上がる要因はさまざまなものがある。クルマ本体の価格が高くなっているのは事実だが、カローラなどの大衆車の価格はあまり変わっていない。

しかし、価格レンジのアッパーラインは間違いなく上がっている。

つまり、自動車メーカーは価格アップを抑えているクルマもあるが、「取れるところからは取る」というスタンスがそこにはあるのではないだろうか。

年間販売台数自体、1990年当時は約780万台売れていたものの、自工会が試算した2016年の予想は約526万台。

自動車メーカーが売り上げを維持するには1台あたりの価格を引き上げる必要もあるはずだ。

 

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ