WRX S4 tSをジェントルマンドライバーがインプレッション STIの自信作はどう映るか?


 スーパー耐久に参戦しているアマチュアドライバーの内田優大選手。もちろん大のクルマ好きでどんなクルマでもその楽しみ方を見つけるのが好きだそう。

 そこでいまホットな国産車にぜひ試乗してもらいたい、ということでWRX STI tsを用意。

 STIの自信作は数々の名車に乗ってきたエンスーの目にはどう映るか、そのインプレッションをお伝えしたい。

 文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト


S耐チャンピオンがWRX S4 tSに乗る

 先日特集をした内田優大選手。スーパー耐久のチャンピオンドライバーに輝いたジェントルマンドライバーだが、当然のことながらかなりのクルマ好き。国産、輸入車問わず多くのクルマに乗ってきたエンスージアストでもあるのだ。

 そんな内田選手にぜひインプレッションをしてもらいたい……、という担当の希望で今回用意したのがWRX S4 tS。3月12日までの期間限定発売の1台。クルマの詳しい詳細は以下のリンクから確認してほしい。

 スバルWRX S4 tS 特別仕様車が期間限定販売

ヒシヒシ伝わるSTIらしさ

 試乗は一般道、そしてワインディングで行った。運転席に内田選手、助手席にカメラマン、そして担当は後席からインプレを聞くというスタイルだった。するとどうだろう、リアシートの居住性の高さ、そして乗り心地のよさが伝わってくる。

 ベンチマークはBMWのM240iといわれるだけあり、やや引き締められたビルシュタインのダンプマチックII、そして35扁平の低扁平タイヤのロードノイズは40km/h程度の速度域だと少し賑やかだ。内田選手はどう感じただろうか?

 「S4 tSは市街地の低速域でのタイヤのロードノイズは少し気になりますが、サスペンションは絶品ですね。BMWも好きで乗ったことがありますが、あちらは足回りがゴツゴツする。BMWが積極採用するランフラットタイヤの影響もあるとは思います。それを差し引いてもS4 tSの足回りはとてもいいです」

 かなりの高評価だ。内田選手はレガシィGTワゴンに乗っていたこともあり、スバルのクルマ作りへの信頼も大きい。

 「スバルは昔から小手先で派手な演出をすることはしませんよね。”ちょっと新しい装備をつけました”みたいな中途半端な仕事がないんです。アイサイトみたいに熟成してきた安全装備も素晴らしいですし、しかもそれを300psを発揮するこのスポーツセダンに付けていることもいいですね。

 さらにそこにWRCやニュルの耐久で培った”STIらしさ”もヒシヒシと感じます。この足回りのセッティング、そしてガッシリとした剛性感は絶妙で本当に気に入りました。ベースモデルの”スバルらしさ”、そしてチューニングの”STIらしさ”のマッチングの妙でしょうね」

 CVT、そしてアイサイト装備といったどちらかといえばGT傾向の強いWRX S4 tS。欧州プレミアムスポーツからの乗り換えも充分に検討される1台だ。”カリカリ”のスバリストたちにはS207のほうが魅力的に映るかもしれない……、そんなことを考えていると内田選手は続けて評した。

 「CVTで乗り心地も良く、足回りも最高にいい。少しタイトな道でもオンザレールで、向きたいところに曲がっていく。4WDなのにこんなに意のままに操れるなんて、新しい体験をしたと思います。ブレーキフィールも自然です。BMWを狙った……、というのは僕は大げさではないと思いましたよ。もはやほとんどの部分で同じ領域にあるんじゃないかなと思います」

次ページは : エクステリア/インテリアの評価は?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ