【地獄耳スクープ】トヨタ主力ミニバンのビッグMC、セレナがミニバントップに浮上、次期型N-BOXのウワサなど

【地獄耳スクープ】トヨタ主力ミニバンのビッグMC、セレナがミニバントップに浮上、次期型N-BOXのウワサなど

月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。今回はトヨタのミニバン勢の集中ビッグマイチェン情報、そして好調日産はセレナがミニバントップに浮上のナゼ、さらに次期型N-BOXのウワサなどに迫ります。

文:遠藤徹/写真:トヨタ、日産、ホンダ
ベストカー2017年3月26日号



トヨタのミニバン勢が2017年度中に集中ビッグマイチェン


トヨタは2017年度に、主力ミニバンであるヴォクシー/ノア/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイアをビッグマイナーチェンジし、商品ラインアップを大幅に強化する方針です。上期はヴォクシー/ノア/エスクァイアで5〜7月、下期にはアルファード/ヴェルファイアの改良車投入となります。

エスクァイアは発売が2014年10月末でヴォクシー/ノアより9カ月遅れましたが、マイナーチェンジでは3姉妹車が同時の手直しとなります。アルファード/ヴェルファイアは通常なら2018年1月が改良のタイミングですが、今年は東京モーターショーの開催年となるため、そこでプロトタイプを披露したあと、発売するものと思われます。

いずれも内外装のデザイン変更、クォリティアップ、使い勝手の向上、安全対策の強化などが主な改良内容となる見込みです。


セレナがミニバントップに急浮上の理由とは?


日産が昨年8月下旬に一新した新型セレナが、1月の登録台数で初めてミニバンのトップセラーに浮上しました。12月時点では受注ピッチが頭打ちになり、登録車ベスト10の9位に後退、ミニバンではシエンタ、フリード、ヴォクシーに次いで4位でした。これが1月で一気に挽回し、トップに浮上したのです。

これは1月からスタートしている増販キャンペーンの成果が大きく貢献しています。ひとつの要因は全国一斉に展開している1.9%の低金利残価設定クレジットが挙げられます。従来の4.9%の実質金利から3ポイント引き下げたことで、3年~5年払いで組むと金利分30万~35万円がお得になります。

加えてナビ、ETC、ドライブレコーダー、サービスパックなどディーラーオプション&付属品を装着すると、最高24万円分となる割引セールを実施している販売店もあります。合わせて最高60万円近くもお買い得になる計算。この増販キャンペーンは3月末まで続けられるので、あと2カ月は高水準の販売が続きそうな状況にあります。

また3月末までお買い得な特別仕様車「ハイウェイスタープロパイロットエディション」を販売しているので、こちらの貢献度も引き続き高くなっています。4月以降になるとキャンペーンが終わるので受注ピッチがダウンする可能性もあります。

次期型N-BOXはトップセラーを守れるか?


ホンダのトップセラーモデルN-BOXが今年7月上旬に初のフルモデルチェンジを実施します。5年半ぶりの世代交代となり、次期型はキープコンセプトで標準タイプと上級&スポーツバージョン「カスタム」とのコンセプト分けをより明確にする見込みです。

プラットフォーム&基本コンポーネントは新開発になり、軽自動車で初めて安心パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備車を設定するのがウリです。しかしながら不安要素を指摘する向きもあります。それは現行モデルの突出した人気ぶりです。フルモデルチェンジを5カ月後に控えているのに、依然好調な売れゆきを続け、月販台数は1万5000台規模。登録車、軽自動車を含めた銘柄別新車販売台数のトップセラーモデルを維持しています。

モデルそのものの人気の高さ、商品力のほか、末期モデルによる車両値引きの拡大、10万円のディーラーオプションプレゼント、3.5%の低金利残価設定クレジットなどのキャンペーン効果が販売好調の要因として挙げられます。

新型になれば、商品力のさらなる強化、新車効果が見込めますが、5万円以上の価格アップ、値引きの引き締め、買い得キャンペーンが終了されるので、これまでのような販売規模を確保できない可能性があります。新型車の発売当初は新車効果で好調な販売のスタートを切っても安定期にどこまで維持できるかが課題になりそうです。