日産を支えたカリスマデザイナー 中村史郞氏独占インタビュー

 カルロス・ゴーン氏の退任日と同じ2017年3月31日、日産を牽引したひとりのカリスマデザイナーが退任した。

 ——中村史郞。1999年にいすゞから日産に移籍し、GT-Rを始め数々の日産デザインに携わった男が、日産社員として最後の一日に、ベストカーの独占インタビューに答えてくれた。

 文:編集部/写真:編集部、NISSAN
ベストカー2017年5月10日号


日産デザイン改革の旗手がいま退任する理由

退任前日に、ベストカーのインタビューに応じてくださった中村史郞氏

 編集部 まず、退任される理由を教えてください。

 中村史郞氏(以下、中村) 2016年度をもって退任することは、実はずいぶん前から計画していたことなんです。

 理由はいくつかあって、まず2011年度にスタートした中期経営計画「日産パワー88」が2016年度に終わること。そこが区切りとしていいタイミングであるし、私は日産で17年間やってきました。

 17年というのは充分な長さで、自分が想定していたことを達成できた感じもあるし、今、商品も含めて日産の成長が安定してきていて、次世代に渡すのにいいタイミングだと思ったこともあります。

 それと、私は今66歳ですが、欧米の私と同世代のデザインリーダーはだいたい皆65歳くらいで辞めています。

 元VWのワルター・デ・シルヴァとは仲がいいんですが、彼はひとつ歳が下ですけど私より先に辞めたし、欧米メーカーのデザインリーダーは今50歳くらいの世代が中心になっています。

 そういうことも含めて「今が一番いい時かな」と思ったんですね。

名デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏(左)とともに
写るワルター・デ・シルヴァ氏(右)。

 長きに渡ってVWグループのデザインを統括したシルヴァ氏は2015年11月にその地位を退いた

「デザイナーの地位を上げる」日産で過ごした17年間

 編集部 日産での17年間は、中村さんにとってどんな時代でしたか?

 中村 それはもう、濃密な17年でした。コンセプトカーも含めると本当にすごい台数のクルマをこなして、クルマ以外にも建物やモーターショーの見せ方などのすべてをデザインしてブランド化を推し進め、それがデザイナーの役目だという想いを持っていたんですけど、日産にきてそれが実現できましたから。

 本当にありがたい。ありがたいのひと言しかないですね。

 編集部 いすゞ時代からデザイナーの地位を上げたいという想いがあったんですよね。

 中村 日本はデザイン部門の地位や発言力が欧米に比べて弱く、なんとかそれを変えられないかと思っていたのですが、日産で役員にしていただいて……。

 今ではデザインのヘッドが役員になるのはあたりまえになりましたが、17年前はゼロでしたからね。日産に来た時、そういう常識を変えられる千載一遇のチャンスだと思ったんですよ。

 ここで変えられなかったら誰が次にできるのかというくらいの気持ちがありました。デザイナーの地位を上げることと領域を広げること、それから日本独自のカーデザインを作る。この3つの目標はかなり達成できたと思います。

セレナに隠された“継続性”というデザインテーマ

 編集部 日産のデザイン部門のトップとして心がけていたことは?

 中村 私は一気に変革するタイプではなく、少しずつ、前からあるものをベースにして変えていこうという性格なんです。

 自分の趣味でデザインするつもりはまったくなく、今まで日産が築き上げてきたなかからいいものを引き出して、それを明確に、継続的にできるようにする。そこに重点を置いていました。

 私が日産にきてから各モデルが3世代目になるんですよ。だいたい5〜6年に一度モデルチェンジするから、2017年というのは3世代のデザインができることになるんです。

 継続性という意味でそれは重要なことで、例えばセレナ。あれも3代目、4代目、5代目(現行)とやりました。

左から3代目セレナ、4代目セレナ、現行の5代目セレナ

 セレナって、あまりデザイン的に評価してくれる人はいないんですけど、よく見ていただくと過去3世代のセレナはデザインテーマが同じなんですよ。

 窓のかたちやテールランプをあえて変えず、同じテーマでどれだけ進化できるかをやってみたんです。VWゴルフみたいなものですよね。

 まだ3世代になっていない車種もあると思われるかもしれませんが、私が仕事を終わらせたクルマは2年後、3年後に出てきますから、私のなかでは3世代目の方向性が打ち出せたと思っているんですね。

 2世代で終わっては経験を活かしきれない。4世代までやると同じことの繰り返しになってしまう。17年間で3世代というのはちょうどいいんです。

人が変わっても違う方向にいくことはない

 編集部 後任のアルフォンソ・アルバイサさんはしっかり任せられる人ですか?

 中村 もちろん。なぜ外国人をデザインのヘッドにするのか? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、彼は新入社員で日産に入った人(1988年)。

 日産のことを知り尽くしていますし、何よりもデザイナーとして優秀ですね。ここ数年の実績からみて、彼以上の人はいないんじゃないかと思います。

 後継者を育てるのも気を付けてやってきて、しっかり育ってくれて、間違いなく日産をさらによくしていってくれると思います。

 人が変わったからといって全然違う方向にいくなんてことはありません。ずっと一緒に考えてやってきましたからね。

中村氏の後任となったアルバイザ氏(左)。
同氏は現行型のキューブ(右)のチーフデザイナーなどを歴任したデザイナーだ

今後、車のデザインにはいっさいタッチしない

 編集部 今後はどうされるんですか?

 中村 まだはっきり決まっていませんけど、コンサルティングの会社みたいなものを作って、いろんなことをやっていくつもりで、日産に関することもやると思います。

 ただし、クルマのデザインに関してはいっさいタッチしません。それは次世代に100%任せます。それ以外にも私がお手伝いできることがあるはずなので、いろんなことをやっていこうと思っています。

 デザインする気力もなくなっていませんし、クルマやプロダクトデザインにこだわらず、なんでもやれることはやっていこうと思っています。

 編集部 見事な退任ですね。

 中村 私は小学生の頃からカーデザイナーになりたいという夢を持っていたんですが、想像を超えるものでしたね。

 本当に、本当に幸せなカーデザイナー人生でした。ゴーンさんがずっと見守ってくれたというのが大きいですね。そういう会社のあり方というのを作ってあるから、社長が替わっても僕がいなくなっても、そう簡単にこの17年間で作り上げたものが変わるとは思わないですね。

サイン色紙

 中村史郞
1950年10月生まれ。武蔵野美術大学を卒業後1974年にいすゞに入社。1999年デザイン部門のヘッドとして日産に移籍。

 2001年に常務執行役員、2014年に専務執行役員、2006年からCCO(チーフクリエイティブオフィサー)兼務。愛車は初代シルビア、初代Z432、現行スカイライン、現行キューブ。日産在籍最後の日「クルマは最高!」と記す

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ