発売から5年のN-BOXが販売1位!! 色褪せない『モデル末期でも買うべき車』ベスト5

発売から5年のN-BOXが販売1位!! 色褪せない『モデル末期でも買うべき車』ベスト5

2017年上半期の国内販売ランキングで、発売から5年以上経過したホンダN-BOX(10万6231台/スラッシュとプラスを含む)が1位に輝いた。2位はトヨタプリウス(9万1246台)、3位は日産ノート(8万4211台)。N-BOXは半年間で唯一の「10万台超え」達成だ。

N-BOXは、8月31日にモデルチェンジする「モデル末期車」。にも関わらず対前年同期比で販売台数を11%増やしている。N-BOXのように、モデル末期でも魅力的な車は数多くある。それは、車の『売れ方』が変わったこととも関係しているのだ。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、Honda、Suzuki



『登場直後が売れる』時代から『ジワジワ売れ続ける』時代へ


N-BOXの一番の魅力は、車内が軽乗用車の中では最も広く、外観もミニバン風で洗練されていることだが、軽自動車の定番車種になったことも影響した。ダウンサイジングの市場傾向もあり、同じホンダのフィットやステップワゴンから乗り替えるユーザーも多い。

最近は車が発売されて生産終了に至るまでの売れ方が昔とは違う。昔は発売直後に好調に売れて、その後に下がり、2年後のマイナーチェンジで少し盛り返し、そこから再び下がって4年後にフルモデルチェンジというサイクルだった。

ところが今は、好調に売れる車種は、発売から時間を経過しても売れ行きを落とさない。N-BOXはこの典型だ。

逆に不人気車は、発売直後から伸び悩み、そのまま売れずに終わる。海外市場向けに開発されたセダンは大半がこの売れ方になる。

中間的なパターンは、最初は不振に思えるが、長く中堅レベルの売れ行きを保つタイプ。ワゴンRやカローラがこの売れ方だ。


カローラ(2012年発売)/2017年5月販売台数:5373台 ■2013年にハイブリッド車を追加。2015年に外観デザインを刷新するなど改良を続け、販売も堅調だ


売れ筋ジャンルの変化で『モデル末期』でも人気に!?


売れ方のパターンが変わった理由は、車が珍しい存在でなくなり、日常的なツールになったからだ。

愛車の車検期間が満了に近づいた時に買い替える。目新しさにはこだわらず、用途や予算に合っていれば、発売から5年以上を経過していても購入する。

車の外観や走行性能、快適装備などが成長期を過ぎて、変わり映えが乏しくなったこともあるだろう。昔はフルモデルチェンジすると外観が大幅に変わり、先代型が明らかに古く見えて購買意欲も高まった。

それが今はあまり変わらない車種が多い。N-BOXは次期型の外観をすでに公表したが、外観は現行型に近い。


8月31日に発売される新型N-BOX。デザインは現行型のイメージを残しつつ洗練させる方向でモデルチェンジ

売れ筋車種が実用重視の軽自動車/コンパクトカー/ミニバンに移ったこともあり、今は無理をしてもスグに買い替えたくなる車が減った。

モデルチェンジに伴う販売の増減も昔に比べると小さく、人気車、不人気車ともに売れ方が安定している。その意味でN-BOXは、今の市場動向を反映させた息の長い人気車だ。

次ページ:時が経っても色褪せず!! モデル末期車ベスト5は?



時が経っても色褪せない『優良モデル末期車』ベスト5


そこで推奨度の高いモデル末期車を挙げてみたい。その一番の条件として、時間が経過しても色褪せない独自の魅力を備えることがある。2つ目は発売後に地道な改良を受けていることだ。

例えばN-BOXは、前述のように軽乗用車では最大の室内空間を備え、2011年の発売後、2012年には燃費を向上させた。2013年には低速用の緊急自動ブレーキを設定して、燃費をさらに改善させている。2015年には後席のスライド機能を加え、燃費を再び向上させた。モデル末期まで商品力を保つには綿密な改良が必要だ。

1.トヨタ エスティマ

独特の個性で注目されるモデル末期車として、エスティマがある。卵型の外観は類似車種が存在せず、時間を経過しても古さを感じない。緊急自動ブレーキのトヨタセーフティセンスCも追加装着した。


エスティマ(2006年発売)/2017年5月販売台数:1020台 ■発売から10年以上経過。2016年には3度目のマイチェンをおこない、フロントフェイスを一新した

2.三菱 デリカD:5

同じく個性的なミニバンとしてデリカD:5も挙げられる。プラットフォームや4WDシステムはアウトランダーと共通性が高く、悪路の走破力はミニバンのナンバーワンだ。ミニバンで唯一のクリーンディーゼル搭載車も追加した。独自の魅力があってファンも多く、発売から10年を経過した今でも売れ行きは安定している。


デリカ D:5(2007年発売)/2017年5月販売台数:747台 ■高い走破性とディーゼルエンジンを併せ持つ唯一無二のミニバン

3.トヨタ マークX

セダンではマークX。ハイブリッドやターボは用意されず、V型6気筒の2.5L/3.5Lエンジンにはアイドリングストップも付かない。

その代わり後輪駆動車らしいバランスの良い運転感覚を熟成させ、250Gの価格は追加装着された緊急自動ブレーキのトヨタセーフティセンスPを含めて291万6000円だ。後輪駆動のセダンでは価格を割安に抑えた。


マークX(2009年発売)/2017年5月販売台数:615台 ■2016年11月に2度目のマイチェン。消滅も噂されるだけに手頃なFRセダンとして希少さが光る

4.日産 GT-R

スポーツカーはGT-R。発売から10年を経過するが、改良を頻繁に行って走行性能や乗り心地を向上させ、ノイズや振動は低減した。

価格は発売時点では777万円(消費税は5%)。今は最も安価なピュアエディションが996万840円だから、約219万円値上げされたが(比率にすると28%の増額)、それに見合う商品力を備える。


GT-R(2007年発売)/2017年5月販売台数:69台 ■発売から時間は経過しているが、毎年イヤーモデルが出され、進化・熟成が重ねられている

5スズキ ジムニー

そして発売から約20年を経過しながら、魅力の色褪せない代表車種がジムニーだ。今でも日本の狭く曲がりくねった林道や悪路では、最高の走破力を発揮する。

定期的に改良を加えてきた効果も大きい。類似車がまったく存在しないことも古さを感じさせない理由となる。


ジムニー(1998年発売)/2017年5月販売台数:900台 ■現在の軽規格制定時より発売が続くロングランモデル。オフロード性能で右に出るモノなし