爆売れプリウス、ノート、C-HR 売れてる車の売れてる理由は? どこがいいの??

 売れている車には売れているだけの理由がある……のか? 

 本企画では、2017年上半期(1〜6月)の累計販売台数トップ3の車にスポットを当て、どれくらい売れたのか、どんな理由で売れたのかをチェックします。

 いい車だというのは大前提なんですよね。日本には売れてなくなっていい車がたくさんあるんだから。その上で「何か」があるはず。その「何か」を探ります。

文:ベストカーWeb編集部 写真:池之平昌信、平野学


■3位 トヨタC-HR 2017年1〜6月累計販売台数79,303台

C-HR

 2016年12月に発表・発売して以来、大ヒットを続けるC-HR。

 世界的なクロスオーバーSUVブームを背景にしているとはいえ、これまで何度も都市型の小型SUVはヒットを飛ばしてきた(エスクードしかり、RAV4しかり、ジュークしかり)。

 さりとてC-HRがひと味違うのは、2017年4月に車種別(登録車部門)月販台数ランキングでSUVとして初めて1位を獲得したところ。

 これまで先輩SUVたちがなし得なかったことを、成し遂げたわけだ。

 燃費もいい。スタイルも新しい。走行性能も高い。

 それに加えて、C-HRは「現在、日本で販売されている全SUVの中で一番多くの店舗で売られている」という強みも大きなアドバンテージ。トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4系統あるなかで、全店舗扱い車種(プリウス、アクア、SAI、シエンタ、86)のうちでSUVはC-HRのみ。

 もちろん車としての性能が大変高くて、売れるだけの理由があるのだけど、こうした「圧倒的な販売力」も、C-HRの成功の大きな要因のひとつといえる。

 なお賛否両論あるデザインだが、本企画担当はけっこういいんじゃないかと思っています。最初はギョッとしたけど、SUVってあれくらい尖っていたほうがいいですし、案外見慣れると大人しく見えてくるものでした。はい。

参考企画:爆売れC-HR、大ヒットの理由と賢い買い方

■2位 日産ノート 2017年1〜6月累計販売台数84,211台

ノート

 現行型ノートの発表発売は2012年。しかしご承知のとおり2016年11月に日産独自のシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を追加設定したところ、これが爆発的な売れ行きを見せ、全国の日産ディーラーにお客さんが舞い込んできた。

 なにしろe-POWER設定直前の2016年10月時点のノートの月販台数は1769台で登録車ランキング30位。

 それが翌11月に追加設定するといきなり15,784台を売り上げて月販ランキング1位を獲得(日産車として月販ランキングトップはB12型サニー以来30年ぶり)。まさに「事件」と言っていいだろう。

 その後も順調に販売を伸ばし続け、2016年12月は2位、2017年1月に再び1位、2月は2位、3月1位、4月3位、5月3位、6月4位とベスト5から一度も落ちない売れっぷり(参考までに、2017年7月も1位を獲得)。

 売れる理由はいろいろあるが、最大のポイントはやはり独特のアクセル(ブレーキ)フィール。駆動力はモーターとなるため、アクセルペダルを離すと回生が発生して減速する「ワンペダルドライブ」(日産の開発者によると、この減速フィールにものすごく気を遣って調整したそう)が気持ちいい。

 トヨタやホンダの関係者も「その手があったか」と言っておりました。

 また日本には「日産車だけを乗り継いでいる」という家庭が案外多くて(近所に日産ディーラーがあり、もう何十年もそこで車を買っている)、そういう人たちにとってノートe-POWERは(価格もサイズも)「ちょうどいい」という点も見逃せないポイントだと本企画担当は思っております。

参考企画:ノートe-POWREが売れる「本当の」理由は日産への不満?

■1位 トヨタプリウス 2017年1〜6月累計販売台数91,246台

プリウス

 今年上半期の最量販車となったプリウス。日本市場におけるハイブリッドカーの圧倒的なブランド力の強さを如実に示す好例だが、前年同期比で見ると64.0%(つまり前年比36%減)という数字もあり、「売れてるけどプリウスにしては売れていない」というやや不思議なポジションにいる。

 とはいえ上半期販売トップ車種であることは変わらず、その点の理由を探ると「実はライバルがいない」という状況が最も大きいと当編集部は考えている。

 言わずもがな、燃費性能に関しては(やや使い勝手に注文が付くプラグインハイブリッド車を除くと)JC08モード燃費で国産全車種中1位(40.8km/L)であり、

 売れ筋グレードには先進安全技術パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を装備し、それなりにボディが大きくて室内が広いという、「燃費」「安全」「室内の使い勝手」の三拍子をプリウスほど高次元でバランスさせた車は他の国産車には見当たらない。

 もちろん「ハンドリング性能」とか「加速感」とか「スタイリング」などの要素を入れると別の車も入ってくるのだろうが、そういう部分はあまり評価されなくなっているという世相も、プリウスを後押ししているのだろう。なお個人的にはプリウスのこのスタイル、好きです。

 なにげに唯一無二であること。それがプリウスの、そしてこれまで見てきた2台を含む、売れている車の特徴なのだなと、ここまで分析してきて気づきました。

参考企画:常勝プリウス、その強さの秘訣を徹底分析! 賢い買い方教えます

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ