【スバルら国産メーカーより厳選】便利で安全なオンデマンド4WDベスト5

 20年ほど前までは、4WDといえばオフロードSUVで、駆動力を高められる副変速機付きの4WDシステムが多かった。

 しかし、今のSUVは、乗用車系のプラットフォームに前輪駆動をベースにした4WDを搭載する。電子制御式の油圧多板クラッチにより、前後輪に駆動力を配分する方式が中心だ。

 (通常走行時は前輪もしくは後輪の二輪に主に駆動力を伝え、不安定な路面でタイヤが滑ったりドライバーの任意のタイミングで適切に四輪へ駆動力を配分する。この駆動力を配分する仕組みを「オンデマンド4WD」という)

 これはセンターデフ式と違って舗装路を2WDに近い状態で走るから、走行時の抵抗が抑えられ、4WDシステムの重量も軽いために燃費を向上させやすい。

 本企画では性能システムの使い勝手、価格に対するメカニズムの「凝り度」などを考慮して、現在世の中に出ている「オンデマンド4WD」のシステムランキングをお届けしたい。

文:渡辺陽一郎
ベストカー2017年10月10日号


■1位 マツダi-ACTIV AWD

 このタイプで最も注目されるのがマツダのi-ACTIV AWDだ。横滑り防止装置などの各種センサー、パワーステアリングが検知する路面摩擦反力、外気温度、ワイパーの作動状態などを含め、いろいろな情報を組み合わせて路面の状態を検知する。

 これに基づいて多板クラッチを常に最適制御する仕組みとなっている。

 例えば停車中に雪が降り始めた場合、車両は急激に下がる外気温度を検知して、少しでもハンドルを切れば、その反力から路面の摩擦状態も把握する。

 従って降雪に見舞われていることがわかり、前後の駆動系を直結状態に近づけるから、スリップを発生させずに発進することが可能だ。

 滑りやすい路面であれば、2WDに比べて駆動力の浪費が抑えられるため、むしろ4WDのほうが燃費がいいこともある。

■2位 スバル アクティブトルクスプリットAWD

 2位はスバルのアクティブトルクスプリットAWD。X-MODEを備えたタイプなら、スイッチを入れると空転を生じたホイールに即座にブレーキがかかり、グリップ力を取り戻す。

 ヒルディセントコントロールの機能も備わっており、滑りやすい下り坂を走る時に使うと、ブレーキが4輪を独立して自動制御される。ゆっくりと安定して走破することが可能で価格も求めやすい。

■3位 ホンダ SH-AWD

 3位はホンダのSH-AWD。レジェンドは後輪、NSXは前輪に左右別個のモーターを備え、カーブを曲がる時には各モーターの駆動力を調節して旋回力を高める。

 例えばカーブの後半でアクセルペダルを深く踏んだ時は、カーブの外側に位置するモーターの駆動力を高め、旋回軌跡を拡大させず効率よく加速できる。価格は高いがハイブリッドの特性を生かす高度なメカニズムだ。

■4位 スバル VTD-AWD

 4位はスバルのVTD-AWD。WRX S4とレヴォーグの2Lターボに搭載され、ほかの4WDと違って前後輪を常に駆動するセンターデフ式を採用する。

 基本的には前輪に45%、後輪には55%の駆動力が伝わり、アクセルペダルを深く踏み込めば、後輪を少し横滑りさせる走り方も行える。

 センターデフのLSD(差動制限装置)には電子制御式多板クラッチが使われ、駆動力の伝達効率が高い。アクティブトルクスプリットAWDに比べると価格は高いが、高性能なエンジンに対応できる。

■5位 三菱 S-AWC

 5位は三菱のS-AWC。アウトランダーのノーマルガソリンエンジンを積んだ4WDには、アクティブフロントデフが用意され、多板クラッチを電子制御して左右の駆動力を最適に配分する。前後輪の駆動力配分も多板クラッチが行う。

 いっぽうPHEVは前輪のブレーキ制御で同様の効果を得ている。このように今日の4WDは、前後輪の駆動力制御に、左右輪の制御も加えて、走行性能を高めるようになっているのだ。

 なお6位はエクストレイルなどが採用する日産のALL MODE4×4-iを挙げる。油圧多板クラッチの制御で前後輪の駆動力が調節され、ロックモードにすると50%ずつに振り分ける。ヒルディセントコントロールも採用した。

 ライト感覚の4WDでは、ハリアーハイブリッドなどが採用する後輪をモーターで駆動する4WDがある。後輪に装着されたモーターの最高出力は、前輪側の約半分だから悪路の走破力は高くない。

 それでも雪道の発進性能が向上して、後輪をモーターだけで駆動するから燃費もいい。ハイブリッド車の付加価値としての4WD備える。ただし、4WD性能としては前述のオンデマンド4WDには及ばない。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ