ボルボが史上初めて獲得!!日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018大賞!

 2017年12月11日(月)、東京国際交流館(東京都江東区)にて発表された「日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018」で、ボルボXC60が「大賞」にあたるイヤーカーとして表彰されました(ボルボとしては初めて)。

 以下、速報ベースとして他の部門賞とともに紹介します。

※日本カー・オブ・ザ・イヤーは自動車ジャーナリストを中心とした60名の選考委員の投票で決まります

文:ベストカーWeb編集部


■イヤーカーは史上初のボルボXC60が獲得!

ボルボXC60
ボルボXC60

 表題のとおり、日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018の大賞にあたるイヤーカーは、ボルボXC60が獲得した。

 次点はBMW5シリーズセダン/ツーリングが獲得。

 輸入車が日本カーオブザイヤー、イヤーカーを受賞したのは「2013-2014」にフォルクスワーゲンゴルフが獲得して以来2度目だが、1位、2位ともに輸入車が獲ったのは初めてとなる。

 なおボルボXC60がどんなクルマか、より詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

安全性と走行性能の両立がトレンドになった!? ボルボXC60と国産の好敵手を紹介

次点はBMW5シリーズ
次点はBMW5シリーズ  

■部門賞、10ベストカーと各車の配点は以下のとおり

◎もっとも革新的な新技術に贈られる「イノベーション部門賞」はトヨタ・プリウスPHV

◎もっとも刺激的なモデルに贈られる「エモーショナル部門賞」はレクサス・LC

◎もっとも高く評価された軽自動車に贈られる「スモールモビリティ部門賞」はホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム

実質的な「決勝進出」となる「10ベストカー」および各車の獲得点は、以下のとおり。

  • スズキ・スイフトシリーズ 210点
  • トヨタ・カムリ 232点
  • レクサス・LC 115点
  • ホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム 189点
  • マツダ・CX-5 83点
  • アルファロメオ・ジュリア 89点
  • BMW・5シリーズセダン/ツーリング 242点
  • シトロエン・C3 35点
  • ボルボ・XC60 294点
  • フォルクスワーゲン・ティグアン 11点

※なお日産、スバルは同賞へのエントリーを辞退しております

国産車で最高点はトヨタカムリ
国産車で最高点はトヨタカムリ

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ