丸目、角目、異形!? ヘッドライトの形はなぜ変わったのか

 ヘッドライトは「車の顔」の一部分であり、表情を作る重要なパーツ。今や各車さまざまの自由な形になり、最近ではLEDヘッドライトも一般化しつつある。しかし、歴史を振り返ると、車のヘッドライト=ほぼ丸形しかないという時代もあった。現代のように自由な形状のヘッドライトが一般化したのはなぜなのか?

文:永田恵一
写真:編集部、Honda、Ford、Audi


米国では70年代まで“丸型”が義務だった

“丸形”とともに規格サイズがあった角型ライトを国産車で初めて搭載した2代目 マツダ ファミリア
“丸形”とともに規格サイズがあった角型ライトを国産車で初めて搭載した2代目 マツダ ファミリア

 ヘッドライトは、もともと丸型であった。

 というのも戦後自動車先進国だった米国で、ヘッドライトは、1974年まで丸型の規格サイズのシールドビーム(いわゆるカバーからバルブまで1つになった一体型。バルブだけの交換はできないが、かつては明るさ、防水性、耐久性に優れるというメリットが大きかった)を使うことが義務化されており、これを2灯にするか4灯にするかしか選択肢がなかったからだ。

 いっぽう、欧州はヘッドライトに関する法規がなかったため、1960年代初めには四角いヘッドライトを使う車が登場。

 日本もヘッドライト関係の法規はないものの、排ガスなどの規格は、今も昔もアメリカに倣うことが多いのと同じように、黎明期は丸型シールドビーム規格のヘッドライトを使う車が主流だった。

 規格サイズの角形ヘッドライトは、1967年の2代目ファミリア、1968年の3代目クラウンのハードトップ(2ドア車)が最初であった。

 また、1970年代まで日本車のヘッドライトは、いわゆる“異形”と呼ばれる「車のスタイルに合わせたヘッドライト」は少数派だった。

 確かにカローラやスカイラインといった日本を代表した車を思い出すと、1980年代初めのモデルだと上級グレードや後期型は異形、廉価グレードや前期型は丸目という印象。

 これはヘッドライト形状の変化を象徴しているように感じる。

個性派の“リトラ”はトヨタ2000GTが日本初

国産車で初めてリトラクタブルヘッドライトを採用したトヨタ 2000GT。スタンダードになることはなかったが、記憶に残る高性能車に数多く搭載された
国産車ではトヨタ 2000GTで初搭載されたリトラクタブルヘッドライト。スタンダードになることはなかったが、記憶に残る高性能車に数多く搭載された

 1つヘッドライトの歴史の中で忘れてはいけないのが、今ではもう過去のものとなった「リトラクタブルヘッドライト」である。

 “リトラ”は、もともと米国では使えるヘッドライトの種類が非常に少なく、顔の個性を作るために「ヘッドライトを隠してしまおう」という発想で生まれたもの。

 1942年のクライスラー デソートクラブクーペが初採用し、1960年代からスポーツカーで世界的に普及が始まり、日本車では1967年にあのトヨタ2000GTが最初の採用例となった。

 スタイル以外に法規で定められるヘッドライト地上高と低いボンネットの両立、ヘッドライトを使っていないときの空気抵抗の低減といったメリットもあり、日本車でAE86トレノ、180SX、RX-7など特に米国に輸出されるスポーツモデルで多く採用された。

 しかし、点灯時の空気抵抗や、点灯中の歩行者保護が問題視されるようになり衰退。日本車では2002年生産終了のRX-7、外国車でも5代目コルベットを最後に姿を消してしまった。

転機は80年代のヘッドライト形状自由化

1985年に登場したフォード トーラス
1985年に登場したフォード トーラス。独特なヘッドランプ形状と併せて、グリルがないフロント回りのデザインは当時、ひと際個性的だった

 話を固定式ヘッドライトに戻すと、1980年代に入ると米国でもヘッドライトの形状が自由化され、世界的に異形ヘッドライトの普及が一気に進んだ。

 この背景には、1970年代に2回あったオイルショックにより燃費向上の気運が高まり、空気抵抗低減のためヘッドライトとボディの段差を減らす目的や、空気抵抗低減のアイデアとしてグリルの小面積化を狙う目的があった。

 フォード トーラスのようなグリルレス車の登場で、異形ヘッドライトの必要性が高まったことが挙げられる。

 1980年代のヘッドライトのブレイクスルーは、「プロジェクタヘッドライト」の登場だ。

 集光レンズを使うことで大きな反射鏡が不要となり、ヘッドライトを小型化できデザインの自由度も増えるというメリットを持ち、1986年にBMW 7シリーズが初採用。

 日本車でも1988年のS13シルビア、初代セフィーロ、翌1989年のR32スカイラインといった日産車が積極的に採用した。

 しかし、先に挙げた日産車では普通のヘッドライトもあったため小型化というメリットは感じられず、明るさも正面は明るいものの横方向が暗いという声も多かった。

 そのためプロジェクタヘッドライト付を俗に“角目”と呼ばれた「普通のヘッドライトに替えた」という人も少なくなったようだ。

2006年にはLEDランプ世界初搭載のレクサス登場

2006年登場のLS600h。
2006年登場のLS600h。LEDヘッドランプの採用は日本のみならず世界でも初。BMWやベンツ、アウディにも先駆けた採用だった

 次のブレイクスルーは、1990年代のディスチャージ、キセノンとも呼ばれる「HIDヘッドライト」の登場だ。

 ハロゲン電球に対し圧倒的な明るさ、長寿命、省電力といったメリットを持ち、ルマン24時間レースのような夜間走行があるレーシングカーから採用が開始。

 量産車では1991年にBMW 7シリーズが世界初採用し、日本車では1996年に三菱ふそうのスーパーグレート(大型トラック)、テラノが初採用。

 登場後しばらくは高級車、高額車にしか着かないパーツだったのに加え、あの青白い光や点灯までの絶妙なタイムラグのカッコよさに憧れた人も多いのではないだろうか。

 そして、2000年代に入ると2007年のレクサスLS600が世界初採用した「LEDヘッドライト」が登場。

 LEDヘッドライトは、機能的にはHIDヘッドライトを正常進化させ、さらなる小型化も実現。さらに点灯の自由度が広いこともあり、最近採用例が増えているオートマチックハイビームの展開にも貢献。価格も下がりつつあることもあり、今では軽自動車にも設定されるようになった。

 次のステップとしてはLEDライトの機能をさらに高めた存在となる「レーザーヘッドライト」が、すでにBMW 7シリーズやアウディ R8で採用されており、その普及が期待される。

 夜間走行では必ずお世話になるヘッドライトには、安全性向上のためにも縁の下の力持ちとして今後も進化を願いたいところだ。

アウディ R8 LMXのレーダーヘッドライト。新基軸の登場で車の表情がまた変わるかもしれない
アウディ R8 LMXのレーザーヘッドライト。車の“表情”を決めるヘッドライトのスタンダードは、時代とともに移り変わる

最新号

ベストカー最新号

ベストカー 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「ベストカー」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ