まもなくスバル社長交代!! スバルは技術力で信頼を取り戻せるか?


 スバルといえば技術力が会社としての”売り”であり、多くのファンをもつメーカーでもある。ビジネス的に見ても大幅な業績アップを果たし、かつての小さな自動車メーカーという認識は少なくなった。

 しかし2017年10月に発覚した完成検査問題、燃費データ改ざんでつまずいてしまったのはあまりにも痛手だった。吉永社長の真摯な対応、そしてスバル自体の企業イメージで問題は収束方向にある。

 果たしてスバルの禊ぎは済んだのか!? 今後の展開に迫ります。

文:佃義夫/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年6月26日号


■いま一度振り返る”完成検査問題”

 近年、目覚ましい業績向上でその存在感を強めてきたSUBARU(スバル)。しかし、昨年10月に発覚した国内工場完成車検査問題でつまずいてしまった。

 日産の国内工場完成車検査の無資格者問題が表面化したのが昨年の東京モーターショー前で、日産の西川廣人社長は主催の日本自動車工業会会長を務めていたが、これにより東京モーターショー主催者を辞退し、豊田章男トヨタ社長が代行を務めることになった。

 その矢先にスバルがなんと東京モーターショー開会日の10月27日に、吉永泰之社長によるスバルでも国内工場で無資格者が完成検査を行っていたことでの緊急会見を実施。

 「スバル、お前もか!」となったのがことの始まりだ。加えてスバルは、昨年12月に無資格者だけでなく、最終検査での燃費・排ガスのデータ改ざん疑惑が浮上し、今年に入ってからの3月2日の社長交代会見で吉永社長が燃費と排ガスのデータ書き換えが行われていたことを明らかにした経緯となる。

 そして2018年のゴールデンウイーク直前の4月27日にスバルは国土交通省に報告するとともに、新車検査での燃費・排ガスデータの書き換えの社内調査報告の吉永社長による会見を行い、その内容を明らかにした。

■問題の根源は規範意識とコミュニケーション不足

 それによると、スバルの群馬製作所本工場(太田)と矢島工場で少なくとも2012年12月からデータの書き換えが行われ、確認できただけで約900台が書き換えられた。

 ただ、法令に定められた保安基準を逸脱した事例はなかった。問題の根源は、規範意識の欠如とコミュニケーション不足など「完成車検査無資格問題と同様に由来する」もので「病巣は深い」と報告書は指摘している。

 吉永社長は、昨秋来数度にわたる記者会見でその都度、陳謝し会見でも丁寧な受け答えで、真摯な姿勢と受けとめられた。

多くのファンを裏切る形になってしまったが失った信頼は取り戻せるのか?
多くの熱いファンを裏切る形になってしまったが失った信頼は取り戻せるのか?

「われわれの企業体質、風土を根幹から改革し、真に正しい会社に生まれ変わるため、全力を尽くす」ことを強調した。

 2018年ゴールデンウイーク明けの5月11日には決算発表があり、スバルの前期業績は純利益が22%減の2230億円と2期連続の減益となった。

 これは、タカタのエアバッグ問題に関連するリコール費用に加え完成検査問題に伴う費用の計上が重荷となった。

 ただ、売上高は2%増の3兆4052億円で世界販売は微増の106万6900台となり6期連続で過去最高を更新した。しかし、今期は減収減益の見とおしであり、急成長に伴う組織の歪みの立て直しも急務となる。

次ページは : ■吉永社長は会長職へ 「一連の問題から逃げずに対処する」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ