なぜ!? あのクルマがいない事情と本命 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表


■トヨタ車が2台入賞した「10ベスト」

2018年11月7日、「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー 第一次選考会」が実施され、全27台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された。

本日選出された10台は以下。この10台の中から12月に、大賞となるイヤーカーが改めて選出される。

【10ベストカー】
・スバル フォレスター
・トヨタ カローラスポーツ
・トヨタ クラウン
・ホンダ クラリティPHEV
・マツダ CX-8
・三菱 エクリプスクロス
・アルファロメオ ステルヴィオ
・BMW X2
・ボルボ XC40
・VW ポロ(GTI含む)

選考レギュレーションは、2017年11月1日〜2018年10月31日に発表または発売され、年間販売台数が500台以上見込まれている乗用車。(メーカー側からの自主辞退を除く)ノミネート車27台から、第一次選考として選ばれた上位10台が、上記「10ベストカー」となった。

(なお個別の部門賞である「イノベーション部門賞」、「エモーショナル部門賞」、「スモールモビリティ部門賞」は、この10台に限らず、ノミネート車27台から改めて選ばれる)

■あの「風雲児」が不在となった事情

多くの方が気になっているのは、「本命視されるであろう【あのクルマ】がいないのはなぜ??」だろう。

そう、今年7月に発売されるや大ヒットを記録し、生産ラインの拡充を発表するまで「納期1年待ち」とも伝えられた2018年の風雲児、「新型ジムニー&ジムニーシエラ」がノミネートされていないのだ。

これは2018年8〜9月に発覚した検査データ不正問題を受け、スズキ側からエントリーを辞退したから、という事情がある。

うーん、なるほど。

エントリーしていれば、間違いなく「本命」であったし、「スモールモビリティ賞」は確実だっただけに、惜しい

検査データ不正については真摯に反省し、再発防止に努めていただきたいが、それとこれとは別問題としてほしかった…。

また、無資格者完成検査問題で昨年のエントリーを辞退した日産とスバルだが、まず日産は今年、追加モデルとして3月発売の「セレナe-POWER」をエントリー。こちら、販売台数としては充分注目に値するニューモデルだが、メカニズムとしては新しいものではなく、また画期的要素に欠けるため、「10ベスト」への選出には至らなかった。

スバルは6月発売の「新型フォレスター」がエントリーし、キープコンセプトながら久々の新型車であること、「e-BOXER」搭載など新技術搭載もあり、10ベストに選出された。

昨年度は無資格者完成検査問題で辞退したスバル。今年はフォレスターで「10ベスト」入り。おめでとうございます

三菱にとっては約4年ぶりの新型車となるエクリプスクロスも「10ベスト」入り

次ページは : ■となると大賞の本命は…?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ