本家よりもOEMが儲かる?? OEM戦略の現状と今後

 現代の日本の自動車業界ではOEM(※)は当たり前の業務提携とも言える。開発費用を負担したメーカーは製造台数の増加が狙えるし、供給を受けるメーカーは開発費用を負担せずに販売車種を増やせるというメリットがある。

 しかしなかには「どう見ても儲かっていない」と言われても仕方のない車種があるのも事実。なぜそこまでしてOEMを作るのだろうという車種の謎に迫りました。

 そしてもっとも儲かっているOEM車はどのようなものなのでしょうか? 販売現場の情報に詳しい遠藤徹氏に聞きました。

(※)Original Equipment Manufacturing の略。他社ブランドの製品を、自社で販売すること

文:遠藤徹/写真:編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ