【クルマの楽しさの真骨頂】レーシングギアを買ってサーキットを楽しもう!!


■レースの楽しさに注目が!!

 日進月歩でクルマの技術が進むなか、省燃費や安全性能、自動運転やコネクテッド(通信技術)の注目度がどんどん上がっている。現在開幕中の東京モーターショー(お台場エリア/11月4日まで)でも、各メーカーのひな壇に乗るコンセプトカーの多くが電気自動車だったり、自動運転車両だった。

 しかし、だからこそいま、気軽にエントリーして参加できる草の根モータースポーツもまた、盛り上がっている。

 その代表的なレースが、年2回開催される「エコカーカップ」や、マツダ車を対象とした「マツダ・ファン・エンデュランス」(通称「マツ耐」)だったりする。

 もちろんこういった(エントリーの敷居の低い)レースでも、最低限の準備は必要となる。本稿では参戦準備として揃える「レーシングギア」、すなわちヘルメットやレーシングスーツ、グローブ、シューズの買い方や買う際の心得を簡単に紹介したい。

初心者にやさしいレースは増えている。エコカーカップもマツ耐も、JAFライセンス不要で運転免許さえあればエントリー可能。仲間と一緒に出る耐久レースはとっても楽しい

■グッズ選びの最重要ポイントはショップ選び

 いきなり結論から書いてしまうと、レーシングギアを揃える際にもっとも注意すべきポイントは「買う場所選びに気を付ける」に終始する。

 ビギナーが「信頼のおける品物」を見かけるのは難しく、そういった意味でレーシングギアをネット通販で揃えるのはお薦めしない。レーシングギアは装飾品や服飾品というよりも、「道具」であり「装備」であり、もっといえば「安全装置」のひとつでもある。

「だからこそ、お店を選んだあとも、実際にお店に来てもらって、じっくり相談して、実際に自分の体に合わせて買ってほしいです。面倒かもしれないけど、そうやって買ったギアのほうが楽しさも増すと思うので」

 そう語ってくれたのは、今回取材を受けてくれた「アウティスタ」(埼玉県桶川市)の九谷田敦社長。

 以下、「いい道具選び」の方法を伺いつつ、アウティスタの紹介をしていきたい。

次ページは : ■「まずはお店に遊びに来てほしい」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ