祝25周年達成!! ポータブルナビの王者ゴリラの成功の秘訣と最新モデル

 最低限の配線をしてよく見えるところに取り付けるだけですぐ使える。それが、パナソニックのポータブルナビ「ゴリラ」だ!

「なんとこのゴリラが!」というセリフとともに、ジャパネットたかたの元社長の高田明氏がテレビショッピングで猛烈にプッシュしていたのが思い出される人気製品。なんと今年で25周年を迎える。

 ポータブルナビの市場でもっとも人気のあるゴリラのストロングポイントを、2020年5月12日に発表された新型パナソニックゴリラとともに改めてご紹介しよう。

文:高山正寛/写真:Panasonic


■発売から25年、今も市場を牽引する

1995年に発売された初代ゴリラ「NV-P1」このごついデザインからゴリラと命名された。3.3V型モニターでメディアはCD。TVチューナーを内蔵する

 早いもので初代モデルである「NV-P1」から25年。累計出荷台数も529万台を突破。文字通り、日本におけるPND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)を牽引するのがパナソニックの『ゴリラ』である。

 元々PNDは北米でのヒットを受け、2000年代に日本に入ってきた。ゴリラはその前から販売していたが、一時期は国内のカーナビの販売台数の4割強を占めるほどの大ヒットカテゴリーへ進化した。

 しかしその後、市場は縮小、また昨今ではスマホナビの台頭もあり、現在はパナソニックと一部のメーカー、また海外からの低価格商品がネットを中心に販売されている程度である。

 その中で『ゴリラ』は既存ユーザーから高い支持を得つつ、確実に進化を続けてきた。ではなぜ、ここまでゴリラは人気なのだろうか。

 ゴリラの既存ユーザーは50代以上が多い。支持される理由はいくつかあるが、

【1】購入してすぐに使える

【2】操作が簡単

【3】価格も手頃

【4】複数のクルマで使える(載せ替え)

【5】安全・安心機能が充実

 などが挙げられる。

 個人差もあるとはいえ、AV一体式に代表されるカーナビは操作が難しく使いこなせないのではないか、という不安に対し、UI(ユーザーインターフェース)も含め「カーナビの敷居を下げた」ことが高く評価されている。

 販売店で話を聞いても実際リピーターは多い。

■ライバルに比べて多くの優れた機能を持つ

2018年に発売されたCN-G1200VDは、逆相検知や速度標識表示を搭載。安全運転サポート機能が強化された

 昨今ではどうしてもスマホナビ(アプリ)と比較されがちだが、ゴリラは「専用機」である点が絶対的な差別化に繋がっている。

 夏場であればダッシュボード上の温度は70度近くまで上がり、結露やまた低温時など車内は「劣悪環境」となることは昔から変わらない。

 その中で安定して動作することは車載用品としては当然のこと。この点はスマホより高いアドバンテージを誇る。

 また新たに発生した「高齢者ドライバー問題」にも対応している。

 2018年に発売したモデルからゴリラには「逆走検知」や「速度標識表示」などが搭載された。これは前述したようにゴリラ自体のユーザー層の高さにプラスして高齢者ドライバーの事故率が徐々に上がってきている点も要因である。

 ゴリラには上記の機能も含めた「安全・安心サポート」と呼ばれる機能が搭載されており、高速道路のSA/PAなどので逆走検知による警告機能、一般道でも事故多発エリアや一時停止案内などドライブの「ヒヤリハット」を注意喚起してくれる。

 これらが搭載された後、ゴリラの評価は再度高まり、今回発売された新モデルにも搭載されている。この辺のユーザーニーズの掴み方の上手さもゴリラの人気の秘密と言える。

■高速のトンネルなども強い

2012年に発売された自転車用の「サイクルゴリラ」CN-MC02Lは、ゴリラの持つ高い耐久性を生かした製品。アウトドアで使うためにバッテリーを強化し、防滴性能を高めた。もちろん車載にも対応する

 元々ゴリラには高精度な自車位置を測位する「Gロケーション」と呼ばれるシステムが搭載されている。

 GPSだけに頼る低価格のPNDやスマホの場合、トンネルや高層ビル群の間では自車位置をロスト、または道から1本ずれた位置に自車を表示するケースもまだまだ存在する。

 一例だが都市高速の中にはトンネル内で分岐を行う場所も多い。また当然のことだが、距離の長いトンネルでも自車位置を正確に把握するのは難しい。

 その点でもゴリラの場合は本体に専用の「Gジャイロ」を搭載、さらに準天頂衛星システムである「みちびき」などにも対応している。

 しかし、欠点がないわけではない。

 ゴリラのライバルとして挙がるのはやはりスマホナビだが、元々が通信機器であるスマホはその機能を最大限に生かし、地図更新や機能のアップデートが早い点が特徴である。

 後述するがゴリラにも地図更新機能を持つモデルは存在するがリアルタイム性という点では一歩譲る格好になる。

■注目の新製品、ここがスゴイ!

新型ゴリラCN-G1400VD(オープン価格・6月中旬発売予定)。7V型モニターと16 GBのメモリーを搭載し、VICS WIDE対応。無料地図更新がうれしい

 2020年5月12日に発表(発売は6月中旬の予定)された新型ゴリラは3種類。7V型モニター搭載で無料地図更新付きのCN-G1400VDと7V型だが無料地図更新のないCN-G740D、そしてひと回り小さい5V型のCN-G540Dだ。

 新型ゴリラではこれまでの「手堅い」機能にプラスしてより進化したことがわかる。

 その中で一番注目したいのが全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」を初搭載したことだ。

 2019年モデルが1295都市だったのに対し、新型は1741都市で100%カバーしたというのは驚きである。

 地図は信頼できるゼンリン製で道路形状はもちろん、建物の形状まで把握できるので全国何処でも詳細地図が利用できる。

 正直これまで市街地詳細地図は人口の多い都市部を中心に収録してきた。もちろん毎年エリアが拡大していたが100%というのには驚くばかりだ。ある意味、地図に関しては頂点を極めたと言っても良いかもしれない。

■地図更新と渋滞回避もレベルアップ

新型ゴリラCN-G740D(オープン価格・6月中旬発売予定)。7V型だがVICSアンテナや無料地図更新が付属しない。その分実勢価格が下がるはずだ

 ゴリラは最上位モデルにこれまでも「地図更新機能」を搭載してきたが、今回も最上位モデルである「CN-G1400VD」には2023年7月末までの最大3年間に2ヶ月に一度の「部分更新」にプラスして期間中に一度「全地図更新」を可能にした。

 この全地図更新は前述した「全国市街地図」のほか、ガイドブック情報なども全て更新する。これが無料でいうのだからコスパを考えるとこの上位モデルがオススメであることは間違いないだろう。

 さらに渋滞回避もレベルアップした。

 最上位モデルには従来同様、渋滞情報を取得し画面上に表示できる「VICS-WIDE」が搭載されているが、他の走行車両から取得し活用できる「プローブ情報」の提供エリアが拡大した点が大きい。

 VICS-WIDEを活用し渋滞回避を行う「スイテルート案内」のレベルもこれらにより徐々に向上してくるはずだし、その渋滞回避レベルを3段階に調整できる機能はゴリラだけにしか搭載されていない。

 新型ゴリラは3モデル設定されているのでユーザーニーズに合わせて選べる。余談だが筆者は昨年発表した「CN-G1300VD」を所有しているが、据え置きモデルにも引けを取らない性能に満足している。

 その流れを汲む「CN-G1400VD」が機能の充実度やコスパも考えるとやはりオススメしたい。

新型ゴリラCN-G540D(オープン価格・6月中旬発売予定)。 5V型モニター搭載のエントリーモデル

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ