【運転中スマホ厳罰化!! あおり運転危険罪追加!!】免許取得時から大きく変わった道交法の要点チェック

 免許歴30年以上のベテランドライバーもいれば、最近どころか5年以上運転していないペーパードライバーの方もいるだろう。みなさん、道交法の点数制度と罰金のシステムを忘れていませんか?

 また2019年12月1日から「ながら運転」が厳罰化されたのはご存じですか?

 違反点数だけでなく反則金もおよそ3倍に大幅アップ。スマホを手に持って通話しただけでも違反点数は1点から3点に、普通車で6000円だった反則金は1万8000円に引き上げられました。

 その「ながら運転」で事故を起こしてしまうと違反点数は6点となり、一発で免許停止。さらに、反則金の対象からも除外され、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」が科される可能性があります。

 「ながら運転」で刑務所に入れられる可能性もあるのです。道交法をなめちゃいけません。

 そして2020年1月20日から始まった通常国会で、順当にいけば可決される「あおり運転罪」があります。これが適用されると即免許取り消しになります。

 ということで、最近めまぐるしく変わる道交法の罰金と点数制度を再確認していきましょう。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock
初出/ベストカー2020年1月26日号

【画像ギャラリー】覚えておきたい違反の点数と反則金、飲酒運転に関する罰則と処分


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ