水栓も電源も不要!! 洗車界の革命児!! ケルヒャーの新洗浄機がおもしろい

水栓も電源も不要!! 洗車界の革命児!! ケルヒャーの新洗浄機がおもしろい

 なにかおもしろいネタはないのか、そんなことを考えていた矢先に「水栓も電源も不要の洗浄機が登場」というプレスリリースを受け取った。

 洗車するにしても駐車場には水道がないし、タンク式の洗浄機を使うにも電源がなくて使えない。そんな悩みを持っていたのは担当ばかりではないはず。

 それをいっぺんに解決してくれそうなアイテムがケルヒャーの「OC3」。なんだかクルマで遊ぶ可能性が広がりそうだ、という欲望のままサンプル機を借り出してみた。果たして使えるアイテムなのだろうか!?

文/写真:ベストカーWeb編集部


■高圧洗浄機ではないけど、水圧は充分!!

 ケルヒャーといえば黄色いボディの高圧洗浄機を思い浮かべるはず。今回使ってみたOC3はそのカテゴリーは「マルチクリーナー」。

 つまり高圧洗浄機ではないということだ。気になる水圧は水道水の2倍程度とのことで数値で表すと0.5MPa。ケルヒャーの高圧洗浄機が8MPaという数値だけに、その水圧が高圧洗浄ではないことはお分かりだろう。

二層式になっているOC3。上が水タンクで下にはホースとトリガーがある。水タンクを設置後はボディサイドの切り欠きからホースを出す
二層式になっているOC3。上が水タンクで下にはホースとトリガーがある。水タンクを設置後はボディサイドの切り欠きからホースを出す

 じゃあ、あまり役たたないかといえばそんなことなく、担当個人的にはかなりの水圧に感じた。正直なめてかかっていた部分はあるのだが、トリガーを引くと「グッ」という反動が手首に伝わってくるのを感じた。

 手当たり次第に何か洗いたい衝動に駆り立てられて、廃車が決定している自転車「みどり号」を洗車してあげることに(ご苦労であった、みどり号)。

 ご覧のとおりこんな状況のみどり号はあまり触りたくないのだが、埃がまるで自転車を自然に還そうと言わんばかりの状況だ。

 女性スタッフにOC3を持ってもらい洗ってもらった。4Lの水タンクを満タンで6kg程度あるが、さすがに女性の片手では少し重いようだ。男性からしたら軽々持てる重量だ。

水圧は必要にして充分。埃がどんどん流れていくー
水圧は必要にして充分。埃がどんどん流れていくー

 洗ってみると、まぁ、なんてことでしょう!! 長年忘れ去られたみどり号の埃がどんどん落ちている。こいつはすごいぜ!! もちろんこびりついたオイル汚れなどは落ちないのだが、これだけ汚れが落ちれば充分だろう。

 4Lの水をみどり号に使ったものの、まだ電池が余っているので次は社用車のハスラー(の代車のハスラー)を少し洗ってみることに。

洗浄後の「みどり号」。ブラシなどは使っていない。なかなかよさそうでしょう?
洗浄後の「みどり号」。ブラシなどは使っていない。なかなかよさそうでしょう?

次ページは : ■クルマにも余裕で使える、けれど完璧洗車は難しい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!