【捨てるのはまだ早い!!】カセットテープ、MDをクルマで聴いてタイムトリップしよう!!



 クルマでカセットテープやMDを聞きたいけど、再生する手段がない、とお嘆きの貴兄に朗報!! 昔一生懸命録音してクルマで聴いたあの曲を再び聞くのは、アルバムをめくるのと同じように昔にタイムスリップできる。

 当記事では少数ながら今でも新品で買えるクルマ用カセットデッキとMDプレーヤーを紹介する。

文:永田恵一/写真:HONDA、NISSAN、PIONEER、ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部


絶滅状態だが絶滅したわけじゃない

 現在30代後半以上の人であれば音楽などを録音する媒体にカセットテープを、20代後半以上の人であればMDを使っていた時期があるだろう。

 しかし今や両者はパソコンで作れるCD-RやDVD-R、SDカード、USBメモリー、ハードウェアもデータを入れるだけのスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーに移行しており、絶滅状態である。

1980年代にデートカーとして一世風靡したホンダプレリュードだが、車内で聴くオリジナルカセットテープはドライブデートに必須のアイテムだった

 カーオーディオもその動きに追従しており、純正品社外品ともに両者に対応したものを見つけるのは困難で、今では外部入力やブルートゥースだけでCDを入れるドライブすらないクルマも珍しくない。

 しかし、両者をまだ持っている人であれば、「昔録音した懐かしい曲やラジオ番組を聞きたい」という人も少なからずいるかもしれない。

1970年代後半に登場したカセットデッキは、1980年代には当たり前の装備となった。写真はプレリュードの純正品だが、イルミネーションがきらびやかなアフター用品が大人気

カセットテープって何?

自分の持っているレコードやFMのエアチェックによりオリジナルテープを作るのが楽しかった。今思い出せば赤面するようなこともいい思い出だ

 1962年にオランダのフィリップスが開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体。手軽に録音・再生できるカセットは当時は画期的だった。

 アナログなものだけに録音には音源そのものの時間が掛かる、1本のカセットテープではそのまま録音するか上書きするかしかできないので編集に時間が掛かる、選曲に時間が掛かる、テープが絡んだり切れたりすることがあると、現代のものに比べると非常に不便な媒体であった。

 しかし、レコードのような暖かみのある音質には捨てがたい魅力があるのも事実だ。

次ページは : 現在購入できるクルマ用カセットデッキ