BMW、ロードスター…あの頃のクルマが現代技術で甦る!? 青春カムバック!!

BMW、ロードスター…あの頃のクルマが現代技術で甦る!? 青春カムバック!!

 BMW2002ターボ。現代のM3などに通じる名車がなんと現代の技術で甦った!! 

 その名も「BMW2002オマージュ」だ。ここで担当がギモンに思ったのが、過去に市販されたクルマたちにもれっきとした「オマージュ元」がいたのではないか、ということ。

 デザインには人一倍うるさい「デザイン水掛け論」でおなじみの清水草一氏にも語ってもらいました。

 文:ベストカー編集部・清水草一/写真:BMW・平野学(ディノ)
ベストカー2016年7月10日号


BMW2002が復活!?

 BMW2002ターボをオマージュした「BMW2002オマージュ」。

 少しは名前をひねろうよ……、って感じもしてしまうけれどそこは目をつぶろう。BMW2002生誕 50周年を記念して作られたこのクルマ、じつはBMWが製作した完全なるコンセプトカー。

 イタリアで2016年5月に行われた「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガ ンス」に出展するために作られたクルマだ。ベースになったのはBMWのM2。M2と比べると少し角張ったスタイリングで、ハコスカのような感じも受ける。

 担当的には2002ターボはバンパーの「TURBO 2002」の逆さ文字がたまらないワケです。前走車のバックミラーに映った時にその存在を知らせるための仕掛け。「2002ターボのお通りよ、どきなさい」という攻撃的メッセージが暗示されている。このクルマだとどうか。

 たしかにバンパーのインテークの”turbo”の文字こそ逆さ文字だが、ほぼ真上を向いていてこれではバックミラーには映らないかも。懐古主義かもしれないが、ここはバシッとデカイ文字で逆さ文字にしてほしかった!!

 でも頑張っているところもあって、それが丸目ライト。M2のライトを活かしているようで完璧な丸になりきってないが、ちゃんと2002しているのがいい。

 レンズリフレクターが若干ゴールドがかっているが、これはBMWによると「BMW2002の”黄金”時代」とかけているそう。洒落ている。

 サイドビューもかなりの迫力だ。2002がもともとオーバーフェンダーでマッチョなイメージだったこともあり、このオマージュもフェンダーがM2より増幅。これには東京オートサロンの出展車たちもびっくりだ。今後日本でお目にかかれる日がくるかも!?

ph2
バンパーの中央部には”turbo”の逆さ文字が。でもこれでは前のドライバーには見えない!!

次ページは : 清水草一が語る“オマージュカー”

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!