BMW、ロードスター…あの頃のクルマが現代技術で甦る!? 青春カムバック!!

 BMW2002ターボ。現代のM3などに通じる名車がなんと現代の技術で甦った!! 

 その名も「BMW2002オマージュ」だ。ここで担当がギモンに思ったのが、過去に市販されたクルマたちにもれっきとした「オマージュ元」がいたのではないか、ということ。

 デザインには人一倍うるさい「デザイン水掛け論」でおなじみの清水草一氏にも語ってもらいました。

 文:ベストカー編集部・清水草一/写真:BMW・平野学(ディノ)
ベストカー2016年7月10日号


BMW2002が復活!?

 BMW2002ターボをオマージュした「BMW2002オマージュ」。

 少しは名前をひねろうよ……、って感じもしてしまうけれどそこは目をつぶろう。BMW2002生誕 50周年を記念して作られたこのクルマ、じつはBMWが製作した完全なるコンセプトカー。

 イタリアで2016年5月に行われた「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガ ンス」に出展するために作られたクルマだ。ベースになったのはBMWのM2。M2と比べると少し角張ったスタイリングで、ハコスカのような感じも受ける。

 担当的には2002ターボはバンパーの「TURBO 2002」の逆さ文字がたまらないワケです。前走車のバックミラーに映った時にその存在を知らせるための仕掛け。「2002ターボのお通りよ、どきなさい」という攻撃的メッセージが暗示されている。このクルマだとどうか。

 たしかにバンパーのインテークの”turbo”の文字こそ逆さ文字だが、ほぼ真上を向いていてこれではバックミラーには映らないかも。懐古主義かもしれないが、ここはバシッとデカイ文字で逆さ文字にしてほしかった!!

 でも頑張っているところもあって、それが丸目ライト。M2のライトを活かしているようで完璧な丸になりきってないが、ちゃんと2002しているのがいい。

 レンズリフレクターが若干ゴールドがかっているが、これはBMWによると「BMW2002の”黄金”時代」とかけているそう。洒落ている。

 サイドビューもかなりの迫力だ。2002がもともとオーバーフェンダーでマッチョなイメージだったこともあり、このオマージュもフェンダーがM2より増幅。これには東京オートサロンの出展車たちもびっくりだ。今後日本でお目にかかれる日がくるかも!?

ph2
バンパーの中央部には”turbo”の逆さ文字が。でもこれでは前のドライバーには見えない!!

清水草一が語る“オマージュカー”

 オマージュというのは、フランス語で「尊敬」とか「敬意」のこと。

 オマージュカーって言葉は耳慣れないけど、レトロカーが「昔の名前で出ています」だとしたら、オマージュカーは「過去の名車への敬意を込めていいとこ取りをしたクルマ」ってことだろう。歴代オマージュカーのマイベスト5を選んでみた。

 第1位はやっぱり初代ユーノス・ロードスター。2シーターオープンスポーツとして一世を風靡したロータスエランのオマージュカーだ。

 それをぐっと親しみやすくした出来のすばらしさもさることながら、そのロードスターが新たな巨大な流れを生んだという点で、最も偉大なオマージュカーだ!

 第2位はフィアット500ツインエア。もちろんヌオーバチンクエチェントが元ネタで、レトロカーともいえるけど、ツインエアはちょっと違う。

 だってエンジンまで昔っぽいから! そしてそれがメチャクチャ魅力的! こういうレトロカーはほかにちょっとない。ある意味完璧なオマージュといっていい。

 第3位はフェラーリ458イタリア。死ぬほど惚れている我が愛車ですが、これはディノのオマージュカーだ。ディノだけじゃなくてほかの昔のフェラーリの要素もいろいろ入ってるけど、サイドの曲線美はディノへのオマージュ。見事すぎる美の継承だ。

 第4位は今回の記事のBMW2002オマージュ。「そう言われれば」くらいの似加減がイイ。

 そして第5位は、ハコスカのオマージュである日産IDx。一目見て惚れ込んだし、復活して欲しいけど、コンセプトモデル止まりで実現が見えないんだよね~。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ