【ディンゴ Jフェリー WiLLサイファ…】志半ばで消えた「ざんねんなクルマ」を買うには!?

 新車で販売されていた当時、見向きもされずに、不人気だったクルマたち。その生い立ちは儚くもあり、哀しくもあるが、なぜか憎めないキャラクターのクルマばかりでした。

 そこで、ここで改めて、そうした「ざんねんだけど なぜか憎めないクルマたち」は今どうしているのか? ひょっとしたら高値で取引されているのか? 興味津々、ワクワクしながら探してみた。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】ざんねんだけど なぜか憎めないクルマの詳細写真


ざんねんなクルマ1/オートザムレビュー

■1990年9~1999年4月
■現在の生息状況/ほぼ絶滅寸前 全国に1台 23万円

丸みを帯びた外観が特徴である。極端に短いトランクを持つスタイルから「2.5ボックス(ショートノッチバック)セダン」とも呼ばれていた。 電動キャンバストップ車も設定されていた

 1990年9月に発売されたオートザムレビューは、全長わずか3.8mというかなり小ぶりなボディに無理やりトランクを付けて「フォーマルな(?)セダンボディ」に仕立てたコンパクトカーです。

 当時のマツダが展開していた計5つの販売チャンネルの1つである「オートザム店」は、軽自動車とイタリアのランチアのほかに売るモノがなく困っていたのですが、そこに「お待たせしました!」という感じで投入された小型車が、セダン(一応)であるレビューでした。

 オートザム系列では唯一の売れ筋だった軽自動車「キャロル」のデザインを踏襲したレビューの造形は、完全に女子ウケを狙ったユルふわなニュアンス。最初のうちは女性ユーザーにまあまあウケていたレビューでしたが。

 しかしあまりにもミエミエだったせいか、早々に飽きられ、あっという間に不人気モデルに。当時のマツダの経営を圧迫する要因とひとつとなってしまい、1999年4月に販売終了してしまいました。

 その中古車は、もはやほぼ絶滅状態で、確認できた中古車は日本全国で1台のみ。走行約13万kmの個体が「23万円」にて、とりあえず販売されています。

ざんねんなクルマ2/三菱ミラージュディンゴ 

■1999年1~2002年11月
■現在の生息状況/かろうじて生息 全国に2台 約10万~30万円

今見てもギョッとするミラージュディンゴのフロントマスク。あまりのも不人気だったので1999年1月に発売され、2001年2月のマイナーチェンジで顔が変わる

 三菱ミラージュディンゴは、まったくの鳴かず飛ばずだった5代目の三菱ミラージュと併売する形で1999年1月に追加された「ミラージュの背高ワゴン版」と呼ぶべきクルマです。

 三菱としては「Sport Utilitu Wagon(SUW)と自称していましたが、SUWという単語は、結局根づきませんでした。ちなみにディンゴは「ミラージュ」を名乗ってはいるものの、車台は5代目ミラージュを流用したものではなく完全な新設計でした。

 1.5Lエンジン+4速ATに「個性的な縦長フェイス」という組み合わせで登場したものの、まったく売れず。テコ入れのため1.3Lと1.8Lを追加するも、やはりダメ。

こちらが2001年2月のマイナーチェンジでフツーの顔になってしまったが、それでもさっぱり売れず、2003年12月に販売終了

 「ならば!」ということで2001年2月には「縦長フェイス」を「ごく普通のフェイス」に整形するマイナーチェンジを行いましたが、やっぱり販売は振るわず、2002年11月には生産終了に。そして翌年中には完全に「販売終了」となりました。

 現在の中古車相場は約10万~約30万円。ただし流通量は、筆者が確認できた限りでは全国でわずか2台なのですが……。

ざんねんなクルマ3/日産レパードJフェリー

■1992年6~1996年3月
■生息状況/かろうじて生息 全国に5台 約20万~70万円

もともと北米で展開していたインフィニティブランド向けの中級サルーンとして企画された。尻下がりのエレガントで柔らかいラインはカルフォルニアにある日産のデザイン拠点NDIが手がけたもの

 日産レパードは、1980年に登場した初代は910型ブルーバードをベースとする高級4ドア/2ドアハードトップでしたが、1986年登場の2代目はスカイライン(R31型)をベースとする高級2ドアクーペに改められました。

 なんとも腰が座らないレパードですが、1992年に登場した3代目ではなぜか2ドアクーペではなく「4ドアセダン」となり、さらには「Jフェリー」という、よくわからないサブネームも付くことになりました。

 ちなみにこの名前、J・フェリーさんという外国人のお名前に関係しているように思えますが、実際は「祝日」を意味するフランス語「Jours feries」から作られた造語なんだそうです。

 このように、なんだかちょっとよくわからないレパードJフェリーでしたが、その装備のセンスと走り、そして英国のジャガーまたはアメリカ車を感じさせるデザインについても、玄人筋からはかなり高く評価されました。

月平均3000台以上と安定した売り上げを保持していたアメリカ市場に反して、日本国内では月平均の販売台数は約数十台から100台強程度と低迷、総販売台数も約7300台に終わった。走りはベースのY32型セドグロとは思えないほど、フラットでしなやかで走りのテイストはジャガーに似ていた

 しかし一般的には「なんだかよくわからない」「高級車なのに、後ろ姿がブルーバードみたい」ということで人気薄になってしまいました。

 自動車業界ではジンクスというものが存在しますが、「尻下がりのクルマは売れない」というジンクスをまたもや日産はやらかしてしまいました。410ブルーバード(1963年)、9代目のU13型ブルーバードセダン(1991年9月)、そしてこのレパードJフェリーです。

 現在の中古車相場は20万~70万円といったところ。確認できた限りでは全国で4台のJフェリーさんが、まだまだ頑張って販売されています。

こちらが尻下がりの9代目U13型ブルーバード
上の写真をクリックするとレパードJフェリーの中古車情報が見られます!

ざんねんなクルマ4/WiLLサイファ

■2002年8~2005年8月
■生息状況/全国に50台以上生息 約10万~45万円

異業種合同プロジェクト、WiLLブランドの自動車第3弾として発売され、2000年にWill ViやVSとは異なるコンセプトで2002年10月に発売。デザインコンセプトはディスプレイ一体型ヘルメット。この車種はトヨタで初めて車載情報通信サービス「G‐BOOK」に対応した車載器を搭載していた

 1999年から2004年まで行われた「WiLL」プロジェクトは、トヨタ自動車のほかにアサヒビールや花王、松下電器産業(現パナソニック)などが参加していた異業種合同プロジェクト。

 当時の言葉で言う「ニュージェネレーション層」をターゲットに見立てたマーケティングの合同実験でした。

 その過程でWiLLブランドの自動車第3弾として2002年10月に発売されたのが、ここでご紹介するWiLLサイファです。

 デザインコンセプトは「ディスプレイ一体型ヘルメット」とのことでしたが、なんとなく虫っぽいような気もします。基本プラットフォームは初代ヴィッツと同様です。

 WiLLサイファの主たるテーマは、エンジンやプラットフォームうんぬんではなく「ネットワーク社会とクルマの融合」でした。

 これって今日では一般的なテーマですが、2002年当時はまだ、そう言われても「???」という感じでした。

WiLLサイファのコクピット。トヨタのコンパクトカーとしては初となる2DIN+2DINのオーディオ別体ナビゲーションを標準装備しG-BOOKに対応

 結局、WiLLサイファが採用した車載情報通信サービス「G-BOOK」も今では「何それ?」という人がほとんどでしょうし、WiLLサイファの走行距離に応じてリース料が課金されるというシステムもうまくいきませんでした。しかしWiLLサイファが「その当時目指したモノ」は、悪くなかったはずです。

 現在の中古車相場は約10万~約45万円。全国で50台以上のWiLLサイファが今もなお、時代遅れのG-BOOKとともに、けなげに展示されています。

上の写真をクリックするとWiLLサイファの中古車情報が見られます!

ざんねんなクルマ5/コロナスーパールーミーリムジン

■1990年5月 限定500台発売
■生息状況/ほぼ絶滅寸前 全国に1台 約100万円

1990年5月、トヨペット店(コロナ店扱店) 累計販売台数1000万台を記念して投入された、500台限定のコロナスーパールーミー。リムジンだが新車価格は205万円と意外におさえられていた。ベースとなったコロナのホイールベースを210mm延長されているが全長は4690mmと小型自動車枠に収まっている

 トヨタコロナは、1957年から2001年まで続いたトヨタのコンパクトセダンシリーズ。比較的小ぶりでありながらまあまあよく走るし十分使えるということで、昭和のマイカーブームの屋台骨を支えたブランドのひとつです。

 そして1990年、つまり「バブルの最終盤」に、コロナを取り扱っていたトヨペット店累計販売台数1000万台を記念して500台限定の「スーパールーミー」というグレードが発売されました。

 実用大衆車である9代目コロナのBピラー部分を210mm延長させた「コロナのストレッチリムジン」です。……何を考えてこんなモノを作ったのか、筆者には皆目見当もつきません。

 ただ、そう言われてみると思い出すのは、「バブルの終盤頃って、そういえば何でもアリな世の中だったな……」ということです。

 現在の中古車相場は、筆者が確認できた限りでは全国1台で、そのプライスは約100万円。……けっこう高いですね!

ざんねんなクルマ6/三菱ミラージュザイビクス

■1987年10~1988年11月
■生息状況/絶滅状態 全国に0台

3ドアハッチバックのリア窓を鉄板で埋めて2シーター化したザイビクス。 リアシート部分は「オーナーが自由に仕立てる空間」というコンセプトで、クルマ自体もカスタマイズ素材として装備はシンプル、トランスミッションも5速MTのみ

 1987年に登場した3代目三菱ミラージュが発売されたときのキャッチフレーズは「社交性動物 ミラージュ変新」というものでした。

 ……バブル期の人々の言語センスは全般的に、今にして思えば理解不能ですが、3代目ミラージュにおいては「さらに理解不能な事態」が発生しました。

 3代目のミラージュには、基本本グレードであるSWIFTと、女性を意識したfabio、スポーティなCYBORG(サイボーグ)という3つのモデルが用意されました。

 ここまでは、理解できます。しかし少し遅れて「XYVYX」という謎グレードも追加されたのです。そもそもXYVYXって、なんと読むのかもわかりません。

 XYVYX (ザイビクス)は3ドアハッチバックでありながら2シーターで、三菱は、そのガラ空きの後部スペースを「クリエイティブスペース」と名付けました。「アナタのセンスで自由に使っちゃってください!」ということだったのでしょう。

 しかしバブル期の若者にとってもザイビクスはあまりに奇抜すぎたのか、実物が走っている姿をほとんど見かけることもないまま、カタログから消えていきました。

 現在の中古車相場は……そもそも流通していないため、相場は完全に不明です!

クリエイティブスペースと三菱が名づけたその空間はザイビクスのスペースを有効に使えるオプションを数多くラインナップ。標準ルーフの他に前後2分割のグラストップを持つデュアルグラストップ仕様、フロント側がグラストップ、リア側に豊富なオプションを組み込む事のできるカプセルを装着したマルチトップ仕様、9つのスピーカーで迫力あるサウンドを楽しめるサラウンドシステムや、ユーティリティギア、デュアルグラストップに装着できるキャリアトップなどアイデアに満ちていたが受け入れられなかった

ざんねんなクルマ7/トヨタブレイドマスター

■2007年8~2012年4月
■生息状況/かろうじて生息 全国に7台 33万~99万円

ブレイドが167ps/22.8kgmの2.4L、直4と積むのに対してブレイドマスターは280ps/35.1kgmの3.5L、V6を搭載。これに6速ATが組み合わされていた

 「大人しくない大人に、ショート・プレミアム」というコンセプトで2006年に誕生したトヨタのハッチバック「ブレイド」は、2.4Lの直4エンジンを搭載したいわゆる「小さな高級車」路線の車でした。

 そこに追加されたのが、最高出力が280sだという強烈な3.5L、V6エンジンを搭載したハイパフォーマンス車「ブレイドマスター」です。

 発売前は「これぞ日本のゴルフRか?」みたいな感じで、多くの人がブレイドマスターに期待しました。

 しかし実際のそれは「……これってに本当280ps出てるの?」と聞きたくなる感じのおとなしめなセッティングであったため、多く人が軽くずっこけたものです。

 現在、中古車の流通量は全国で7台ほど。まあ「なくはない」といった感じでしょうか。

 中古車相場は30万~99万円といったところで、走行距離短めの個体にはおおむね70万円以上のプライスが付いています。

上の写真をクリックするとブレイドマスターの中古車相場が見られます!

※掲載の中古車価格および情報は2019年12月初旬現在のものです。価格の変動や在庫車が売れてしまうことがありますのでご了承ください。

【画像ギャラリー】ざんねんだけど なぜか憎めないクルマの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ