【都市伝説? それとも事実?】ボディカラーにまつわる怪情報

 クルマを購入する時には車種、グレード、オプションなどいろいろなものを選択していくが、ボディカラー選びは醍醐味のひとつ。カタログを眺めながらどの色にするか、悩んでいる時は非常に楽しいひと時だ。

 しかしボディカラーにはいろいろな都市伝説めいた噂、怪情報めいたものが流れている。買う前ならまだしも、実際に購入した後なら後悔することもあるだろう。

 クルマ界に存在する噂、怪情報について考察していく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、SUZUKI

【画像ギャラリー】まるでアートのホンダN-ONEのカラーマジックショー!!


青色系のボディカラーのクルマは事故率が高い!?

 クルマを運転していると事故を完全に防ぐことはできない。いかに事故を起こす因子を少なくするかという点でいろいろな研究、技術開発がされている。

 巷では青系のボディカラーは事故率が高い、という都市伝説めいたものが存在するが、もはやクルマを乗る時の定説めいたものにまでなっている。

 根拠はどこにあるのか?

 これは1968年発刊された『Using Colour to Sell』(P.Danger著)で取り上げていたデータが日本でも紹介されたことで、青系のボディカラーは事故率が高いとなったとされている。

定番の白、シルバー、ガンメタのほかは時代により流行するボディカラーが違うが、現在はソリッド系のブルー、メタリック系のブルーとも発色もよく増加中

 そのデータによると、ブルー:25%、グリーン:20%、グレー:17%、ホワイト/クリーム:12%、レッド:8%、ブラック:4%、ブラウン/ベージュ:3%、イエロー/ゴールド:2%となっていて、確かにブルーはワースト1位だ。

 このデータが雑誌やネットで紹介されたことで青系のボディカラーは事故率が高い、というのが広まったわけだが、1968年といえば2019年の時点で51年前。そのデータがいまだに信憑性を持って語り継がれているとは……。

出典/『Using Colour to Sell』(P.Danger著)

 調査してみたが、これに関する最新のデータは公表されていない。ただ青系のボディカラーのクルマが事故に遭う可能性が高くなるかも、と思わせることはある。

 色には実際より近く、大きく見える進出色・膨張色と実際より遠く、小さく見える後退色・収縮色があるのはご存じかと思う。青は後退色・収縮色、赤は進出色・膨張色の典型だ。

 なぜ色によって見え方が変わるのかの詳細は省くが、色はそれぞれ波長というものを持っていて、波長の長い赤系は近くを見る時と同じ状態で、逆に波長の短い青・紫系は遠くを見るのと同じ状態になっているのだ。

 実際より遠くにいると感じる後退色・収縮色の青の場合、前走車に接近した場合、近づいていることに気づきにくかったり、車間距離を見誤りやすかったりするのかもしれない。

 しかし、何メートルも違うように見えるわけではないから、視覚的なものがそのまま追突事故の可能性が高くなるとは思えない。

 ボディカラーはクルマ選びの醍醐味のひとつだから、好きなものを買うのが正解。そして青系のボディカラーが事故率が高いわけではない。

 ただもらい事故して損するのは自分だから、接近しているのを前走車が気付きにくいかも、その程度の認識でいいと思う。

同時に見ると、青のほうが小さく見えるのは青が後退色・収縮色なのに対し、赤は進出色・膨張職だから。青系クルマの接近が気づかれにくいと言われる要因だ

赤いボディカラーは退色いやすい!?

 赤いボディカラーのクルマは欲しいけど、退色しやすいからパス、という人もいるだろう。特に1990年代くらいまでに赤いボディカラーのクルマを実際に乗ってきた人はそのイメージが強いと思われる。

 当時は赤が退色してピンクやオレンジっぽくなったり、光沢がまったくない天然のマットカラーになった赤いボディカラーのクルマが散見された。

赤のボディカラーはスポーツカーでは人気が高い。発色がよくなり、退色スピードも遅くなっているが、紫外線を吸収しやすいためゼロにすることはできない

 塗料、塗装技術とも大きく進化した現在でも赤は退色しやすいのか?

 基本的にどんなボディカラーだろうが、塗膜の強度というものは変わらない。しかし赤は紫外線を最も吸収しやすいという特性を持っている。紫外線によるクルマへの弊害は多岐にわたり、ヘッドライトカバーが曇ってしまうのも紫外線の影響だ。

ボディカラーは完ぺきなものはなく一長一短ある。白系は小傷が目立ちにくいいっぽう、黒い水垢などはほかのボディカラーに比べて目立ってしまう

 クルマの塗料は紫外線に強いものが使われているため、退色スピードは1990年代までのクルマに比べて格段に遅くなっているが、紫外線を吸収しやすい赤の退色をゼロにすることはできない。

 いっぽう、紫外線を吸収しにくい青系、紫系のボディカラーはより退色しにくい。

 赤のボディカラーを退色させないためには、現状では屋根付きガレージに入れて日中の直射日光を避けるくらいしか対策方法はない。

 どうしても気になるという人は、コーティングには紫外線を強力にカットするものもあるので、施工することをオススメする。

マットカラーは洗車ができない!?

 一時期ほどの人気ではないがマットカラーの需要は一定数あり、中古車でもいろいろ出始めているという。黒が主流だったが、今では多種多彩なマットカラーが登場している。

 マットカラーは洗車できない? と思っている人は意外に多いようだが、洗車はできる。ただ、機械洗車は避けたほうがいいし、ワックスやコーティング剤の使用も推奨されていない(マットカラーの専用品も登場している)。

マットカラーは艶のある塗装と比べるとスペシャル感満点。この愉悦により面倒なことはすべて吹っ飛ぶというくらいの魅力を持っているという

 マットカラーはメンテナンスに手間がかかる、というのは事実だ。

 マットカラーは光沢を出す塗装とは違い、表面に細かな凹凸を作って光を拡散させることにより艶を消した重厚感が生まれてくる。触るとツルツルしているが、ミクロ単位で凹凸を付けている。

 この凹凸が曲者で、汚れ、ホコリ、虫の残骸などが付きやすく、細かな凹凸にそれが入り込み落としにくい。通常の塗装なら走って風で飛ばされるような細かなホコリなども凸凹面に入り込んでしまう。虫の残骸はとれないことも多い!!

 手入れの方法としては、専用クロスでこまめに水洗いするしかない。シャンプーは使ってもいいが撥水性のものを選ぼう。

 マットカラーは艶を出してはいけないので研磨剤も使いない。ワックス、コーティング剤も艶が出るタイプは一切使用不可。ウォータースポット除去剤などを使うと後々大変なことになることもある。

東京モーターショー2017にホンダeのコンセプトカーが出展されていたが、白のマットカラーで塗装されていた。最近はショーモデルでもマットカラーが好まれている

 あとオイルなどのシミがついたりすると落とすのは非常に難しい。

 ここまで読んでわかったと思うが、ズボラな人はマットカラーには向いてないと思う。どうしても欲しいなら、最近出てきている専用のガラスコーティングの施工がオススメで、手間が大幅に軽減されるという。

ボディカラーによって下取り、買取価格は変わる?

 下取りにしろ買い取りにしろ、その後に販売するなら需要によって価格が変動するのは当然のこと。引き合いの多い人気カラーは高く、人気のないカラーは安くなる。

 一般的に日本では、白、シルバー、黒は高値、赤、黄色といった原色系は安値という感じで分類されているが、白などの無難な色は買い手が付きやすいのに対し、原色系は購入する人が限定される、つまり需要が違うため価格に差が出る。

好き嫌いがわかれるビビッド系カラーは購入者が限定されるため下取り価格、買取価格とも不利になるケースが多いが、ハスラーはイメージカラーのオレンジは高値安定

 しかし、クルマによってはそれが逆転するケースもある。2019年中にフルモデルチェンジするハスラーは、中古車市場にも大量に出回っているが、オレンジ、ピンク、赤といったボディカラーが人気で下取り、買取価格も高くなっている。

 同様に日本では不人気カラーの代表的存在の黄色もS600やスイフトスポーツでは人気が高く、下取り、買取価格とも高いという。

 車種によって違うが、人気カラー、不人気カラーは同じコンディションでも人気カラーと不人気カラーでは5万~20万円程度の差になることもある。しかし、不人気カラーが減額させるというよりも人気カラーはプラスされると考えておくといい。

 限定色、希少カラーは需要があればプラス査定になるが、動向を見るしかない。

 いっぽう、全塗装した場合は一部の例外を除きディーラーや一般の買取店では査定はダウンするため、専門店に打診するのが得策だ。

ボディカラーは無難な色、目を引く鮮やかな色などクルマによって設定は違うが、自分が好きな色を買うのが一番幸せになれる!! ボディカラー選びを堪能してほしい

【画像ギャラリー】まるでアートのホンダN-ONEのカラーマジックショー!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ