【変わらないのが安心感!!】変わり映えしないフルモデルチェンジで成功したクルマ5選


 2019年末に登場したスズキハスラーの2代目モデルはパッと見だと、「マイナーチェンジ?」と感じるほど、見た目もコンセプトも変わらないフルモデルチェンジだった。 ハスラーの変わらなさぶりは、ギャラリーを参照のこと 。

 これは初代モデルが想定外の大成功を納めたこともあり、大きく変える必要性の薄さや失敗するリスクを避けたためだろう。

 しかし中身は最新のプラットホームを使い、パワートレーンは新開発のNAエンジンとCVTを搭載。

 さらにスズキの軽では初となる停止まで対応する先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールをターボ車に設定するなど、シッカリ進化している。それだけに2代目ハスラーの成功もほぼ確実だろう。

 振り返るとハスラーのように見た目をさほど変えないフルモデルチェンジで成功したモデルというのもそれなりにあり、当記事ではそんなクルマたちをピックアップしてみた。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、HONDA、SUBARU、MAZDA、SUZUKI、佐藤正勝

【画像ギャラリー】スズキハスラー新旧比較!! 変わっていないようで実は大きく変わっている!?


トヨタクラウン(7代目→8代目)

ハイソカーブームの主役の1台だった7代目クラウンは1970年代の流れを汲むエッジの効いたデザインが特徴だった

 1983年に登場した7代目クラウンは威風堂々としたスタイルやゴージャスなインテリアを持つなど、いかにもクラウンらしいモデルだったことで成功を納めた。

 また日本車初となる2L、直6へのスーパーチャージャーの搭載(これは車重の重いクラウンを当時の税制もあり、主力だった2L、直6で引っ張るという厳しさへの対応でもあった)や、日本自動車史上に残る名キャッチコピーである「いつかはクラウン」を使ったのもこのモデルである。

 1987年に登場した8代目クラウンは7代目クラウンに比べると当時のトレンドもあり丸みを帯びたスタイルとなったが基本キープコンセプトで、このスタイルはクラウンらしい安心感のあるもので好評だった。

 また機能面は現代よりフルモデルチェンジによるクルマの進歩度合いがずっと大きかった時代だったこともあり、標準的なモデルの快適性などの向上に加え、上級グレードではエアサス、トラクションコントロール、ナビ機能も備えるエレクトロマルチビジョン(モニター)も装備。 

8代目クラウンは7代目に比べると空力などを考慮されて丸みを帯びたが、全体的な雰囲気は7代目を踏襲し、洗練したという表現がピッタリ

 さらにマイナーチェンジでは初代セルシオ用に開発された4L、V8を先行搭載し、モデル末期にも当時新しかった2.5L、直6を追加するなどの改良も抜かりなかった。

 結果バブルの絶頂期という時代背景も強い追い風になったのも事実にせよ、8代目クラウンは最も成功したクラウンとして歴史に名を残した。

ホンダN-BOX(初代→2代目)

ホンダ初のスーパーハイトワゴン軽自動車のN-BOXはライバル同様に標準タイプ(写真左)とエアロタイプのカスタム(写真右)をラインナップ

「ホンダが軽自動車に本腰を入れ始めた第1弾」として2011年に登場したN-BOXは、ダイハツタントや当時のスズキパレットといったスライドドアを持つスーパーハイトワゴン軽自動車のフォロワー(後追い)である。

 初代N-BOX、特に初期モデルはそれほどできのいいクルマではなかったが、装備内容を考えればリーズナブルな価格やカスタムの押し出しあるスタイル、ホンダのブランドイメージの高さを理由に2016年までに軽販売ナンバー1に3回も輝くほどの大成功を納めた。

 2017年登場の現行の2代目N-BOXはカスタムはともかくとして、標準車のスタイルは登場から1年が経った頃からようやく初代N-BOXとの違いがわかるようになったくらい変わり映えの少ないものだ。

 しかしインテリアや乗り心地、静粛性といった全体的な質感の劇的な向上、助手席が大きく動くスーパースライド仕様の設定などによる使い勝手のよさなど大きく進化。

現行の2代目のエクステリアは超キープコンセプトで登場。特に標準タイプ(写真右)は旧型と見比べれば違いがわかるが、単体で見ると新旧の判断に悩むレベル

 アダプティブクルーズコントロールも含まれるホンダセンシングの採用に代表される高い安全性など、2代目N-BOXはコンパクトカーの存在意義が薄れるほどの軽自動車に進化した。

 それだけに2代目N-BOXが登場から4年目に入った今でも売れまくっているのは当然だ。あまり変わり映えのしないフルモデルチェンジの最大のヒット作と言っていいだろう。

次ページは : スバルインプレッサ(4代目→5代目)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ