金ぴかのヴェルファイアが東京オートサロン2017に!! おもしろ、ビックリ展示にも注目!!


 1月13日(金)〜15日(日)に千葉県の幕張メッセで開催中の東京オートサロン。速報第2弾は「おもしろい」、そして「ビックリ」な展示を会場からWEBベストカー編集部がお届け。

 最新のカスタムカーのみならず、少し変わった視点で会場を見てみるのもいいかも?

 文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト


BRIDEが童夢と夢のコラボ。120万円のシート

 シートメーカーとしてお馴染みのBRIDE。同社のバケットシートは多くのレーシングドライバーが認める逸品。そんなBRIDEが発表したのがあの童夢とコラボした「HYPER(ハイパー)」。

 シートの規格であるFIA8862-2009をクリアし、2018年からより厳格化される規定に関しても現時点で既にクリアしているほど。

 「究極のサバイバルセル」と同社がいうほど、安全性に関してはかなりの自信をのぞかせる。そのお値段129万6000円。

 競技専用でGT3マシンなどへの使用を前提にしているが、なんとオートサロンのBRIDEブースでは試座も可能!! 最高の包まれ感をご堪能あれ。

安全性のみならず、エアダクトの接続も可能な設計になっており耐久レースなどでの快適性も忘れていない

TRDが市販用レーシングエンジン開発中!!

 TRDが市販用のレーシングエンジンを開発中とのこと。スーパーGTのエンジン整備も担うTRDだが、過去には3S-GEをベースにしたスーパー耐久など向けのレーシングエンジンも販売していた。

 今回展示された新エンジンは“TRD-BIZ001”という開発コードで開発中で、直4ターボで600ps以上を発揮する。出力的に考えると搭載カテゴリはーあのカテゴリーか? 2019年に市販予定だ。

現在開発中のこのエンジン。数年後にはカスタマーの手に渡るはずだ

次ページは : 今年も学校系の展示がアツい!!