人気爆発ライズの影でC-HR大幅減…壮絶なトヨタSUV共喰拡大中!!

 トヨタのコンパクトSUV、ライズが大ヒット街道を驀進中だ。最新データとなる2019年12月の新車販売台数が9117台と登録車販売2位。1位のカローラシリーズ(自販連データでカローラアクシオ/フィールダー/カローラスポーツ/セダン/ツーリングの合計値)に69台差で肉薄しており、兄弟車のダイハツロッキーの3514台(16位)を合わせると登録車NO.1となる。

 そのいっぽうで、同じトヨタのコンパクトSUV、C-HRが、2019年4月のRAV4発売以降、低空飛行を続けている。

 C-HRといえば、2016年12月に発売され、2017年4月にはコンパクトSUVながら、登録車1位を記録し、2位2回、3位1回、4位2回を達成。2017年、2018年と2年連続でSUV販売NO.1に輝いている。

 かつてのSUV王者C-HRを、ロッキーとRAV4が追い落とした構図で、まさに「トヨタSUV同士で共喰い」が起きている状況にも見える。

 そこで、ここで改めてロッキー&ライズ、C-HR、RAV4、ハリアーの販売状況を見ながら、トヨタSUVの今を見ていきたいと思う。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】2020年に登場予定のTjクルーザー、ハリアー、ランドクルーザー300


発売2カ月後に登録車販売台数トップを奪ったライズ/ロッキー

2019年11月5日に発売されたダイハツロッキー(左)とトヨタライズ(右)

 今の国内販売で最も比率が高いのは軽自動車で、新車として売られたクルマの37%を占める。

 その次がコンパクトカーで25%、SUVの14%という具合に続く。小型/普通車では、コンパクトカーとSUVの売れ行きが目立つ。

 そこで好調に売れているのが、ダイハツロッキー&トヨタライズだ。両車は基本部分を共通化した姉妹車で、全長が4m以内に収まる5ナンバーサイズのコンパクトSUVとなる。

 エンジンは直列3気筒1Lターボを搭載した。コンパクトカーとSUVが高人気という、今の市場動向に寄り添った商品開発で成功している。

 ロッキー&ライズの開発と生産はダイハツが受け持つが、トヨタの全店が扱うこともあり、登録台数はライズが多い。

 2019年11月5日に発売され、その月には早くも7484台を登録して、登録車販売ランキングの4位に入った。12月には9117台に増えて、販売ランキング順位はカローラシリーズに続く2位となった。

 自販連データでは、1位となったカローラシリーズは、シリーズの合計値となっているため、個別に台数を問い合わせてみると、カローラアクシオが750台、フィールダーが1110台、カローラスポーツが970台、カローラセダンが1690台、カローラツーリングが4530台という内訳だった。

 カローラセダンとツーリングを合わせた台数でも6220台となるから、実質、ライズは登録車販売台数1位となる。

 ダイハツブランドのロッキーも健闘しており、11月は4294台、16位でセレナと同等だ。12月も同じく3514台で16位。ダイハツは軽自動車が中心のメーカーとされ、今までは小型/普通車を加えても売れ行きを伸ばせなかった。

 ところがロッキーは堅調だ。なぜロッキーが売れているのか。ダイハツの販売店に尋ねると、

 「2019年10月から、1Lエンジン車の自動車税が2万5000円に下がり(従来に比べて4500円の軽減)、ロッキーも1Lエンジンだから売りやすい。一方、軽自動車税は従来の7200円から1万800円に値上げされている。

 その結果、以前の軽自動車税は1Lエンジン車に比べて2万2300円安かったのに、今は差額が1万4200円に縮まった。このように軽自動車の税金の安さが薄れると、今後は売れ行きが下がることも心配される。

 そこで小型車のロッキーにも力を入れるようになった。TVのCMも活発に放送しているから、お客様からの問い合わせも多い」という。ロッキー&ライズの高人気には、メーカーのいろいろな思惑も絡むわけだ。

カッコ内は対前年比

ロッキー&ライズが売れた最大の理由は5ナンバーサイズ!?

ボディサイズは全長 3995×全幅1695×全高1620mm。価格はロッキーが170万5000~242万2200円に対して、ライズは167万9000~228万2200円で、ライズの方が2万6000~14万円安い

 そこで改めてSUV市場を振り返ると、ロッキー&ライズに相当するコンパクトなSUVは、車種が意外に少ない。

 ヴェゼル、C-HR、CX-30などは人気のコンパクトSUVだが、全幅は1700mmを超えて3ナンバー車になってしまう。

 5ナンバーサイズのSUVは、軽自動車を除くと、クロスビーとジムニーシエラだけであった。このように貴重な5ナンバーSUVであることも、ロッキー&ライズの注目点だ。

 また最近は前輪駆動ベースの4WDを備えたシティ派SUVでも、オフロード派に似た直線基調の車種が人気を得ている。原点回帰とも受け取られる傾向で、最近は2019年4月に発売されたRAV4が人気を高めた。

 つまりロッキー&ライズは、今では貴重な5ナンバーサイズのSUVで、なおかつオフロードモデルを思わせる外観も兼ね備える。売れる要素が多いわけだ。

 ちなみにダイハツの開発者は、

 「ロッキーの外観は、クルマ好きの幅広いお客様にウケています。(第46回)東京モーターショーに展示したら、中高年齢層のお客様からマニュアルトランスミッション車はないのか、という質問を多く受けました。このような質問を受けたことは、ほとんどありません」という。

 ロッキー&ライズは、いろいろなユーザーを惹きつけているといえそうだ。

C-HRはライズ&ロッキー、RAV4に、ハリアーはRAV4に喰われた形に

2017年、2018年のSUV販売台数NO.1に輝いたC-HR
2013年12月に発売された現行ハリアー

 このようにライズの販売は好調だが、従来の売れ方を見ると、ライズが伸びた代わりに売れ行きの下がる車種が出てきている。まさにトヨタSUV同士の共喰いということだ。

 C-HRはその典型だった。C-HRは2016年の末に発売され、2017年と2018年(暦年)にはSUVの販売1位になった。

 ところが2019年に入ると購入を希望するユーザーに行き渡り、2019年上半期(1~6月)には対前年比が20%以上減った。一度追い抜いた2013年登場のヴェゼルに、再び抜き返されている。

 そして現行RAV4が2019年4月に発売され、5月にSUVの販売1位になると、C-HRの同月の登録台数は前年に比べて24%減った。

 この後もRAV4は堅調に売れ続け、C-HRは逆にマイナスが続き、対前年比は6月が36.3%、7月は37.4%、8月は40.6%、10月には56.4%という具合に大幅に減少した。

 2013年12月に発売されたハリアーにしても、モデル末期だから販売が下降するのは当然だが2019年10月以降の対前年比が47.9%、45.9%、48.2%と落ち込みが激しい。やはりRAV4発売の影響が出ているといえそうだ。

サイズは異なるがファミリー層はC-HRからRAV4に流れた

ライズのデザインはミニRAV4ともいわれている
RAV4のボディサイズは全長4600×全幅1855×全高1685mm。価格は265万6500~388万8500円

 C-HRは需要の一巡で売れ行きを減らし、新型車のRAV4にもユーザーを奪われてしまった。

 RAV4発売後、大ヒットしているさなかにトヨタの営業マンはこのように言っていた。

 「C-HRは外観が目立つこともあり、発売すると絶好調に売れた。その代わり需要が下がるのも早かった。

 またRAV4はC-HRに比べて後席が広く、荷室容量も十分に確保して汚れを落としやすい加工も施されている。

 そのためにファミリーのお客様は、最初にC-HRを検討しても、RAV4に変更することが多い」。

 2Lエンジンを搭載するRAV4の価格は、1.2LターボのC-HRに比べて25万~30万円高いが、この価格差であれば車内の広いRAV4を選ぶユーザーも多いようだ。

 そしてC-HRの売れ行きは、ライズの発売された11月は対前年比が12%のマイナスにとどまったが、12月は再び23.1%の減少になった。

 ライズの好調も、C-HRの販売減少に影響を与えている。C-HRは1.2Lターボと1.8Lハイブリッドを搭載するので、上級に2Lと2.5LハイブリッドのRAV4、下側には1Lターボのライズが加わると、両側を挟まれて影響を受けることになった。

 さらに2013年12月とモデル末期のハリアーも少なからず影響を受けた。RAV4が登場した4月以降、対前年比が微増の月が4回もあったが10月以降は約50%減が続いている。

 またライズの発売は、他メーカーのコンパクトSUVにも影響を与えている可能性がある。2019年10月と11月は、台風19号の影響も受けたから一概にはいえないが、ヴェゼルの売れ行きは11月に31.5%、12月には26.4%減った。

 これまでコンパクトSUV市場で、両雄と言われてきてSUVトップを競ってきたC-HR対ヴェゼルという構図が崩れた。

 それを壊したのは、同じトヨタのRAV4であり、ロッキー&ライズであったわけだ。これはまさにトヨタSUVの共喰いだ。

 トヨタにとっては、この共喰いによって、ヴェゼルにSUV販売台数1位を奪われたのは計算外かもしれない。

■2019年暦年SUV販売台数TOP10
1位:ヴェゼル 5万5886台(93.7%)
2位:C-HR 5万5677台(72.5%)
3位:RAV4 5万3965台
4位:エクストレイル 3万6505台(72.6%)
5位:フォレスター 3万2384台(112.6%)
6位:CX-5 3万1538台(82.4%)
7位:ランドクルーザー 2万8475台(96.8%)
8位:CX-8 2万3294台(75.9%)
9位:ライズ 1万6601台
10位:UX250h 1万4409台
※カッコ内は対前年比

ヴェゼルのホームページを見ると左下に2018年SUV販売台数NO.1と誇らしげに掲載されていた

2020年にトヨタSUVの共喰いが拡大!?

 近年の国内販売台数は、500万~530万台の間で推移しており、2019年は519万5134台であった。国内の市場規模は限られるから、販売の好調な新型車が登場すると、ライバル車が影響を受けるのは避け難い。

 この状況のなかで売れ行きを伸ばすには、新しい需要を開拓できる新型車を投入することが大切だ。

 ロッキー&ライズは、それに相応しいといえるだろう。開発者の「マニュアルトランスミッション車はないのか、という質問を多く受けた。このような質問を受けたことは、ほとんどない」という言葉は、新しい需要を生み出しているように受け取られる。

 2019年1~12月の小型/普通車販売ランキングを見ると、上位にはノート、アクア、シエンタ、フィットなど、5ナンバーサイズのコンパクトな車種が並ぶ。日本で使いやすい適度なサイズで、いかに楽しいクルマを提案できるのか。

 ロッキー&ライズは、成功のヒントを示しているように思う。おそらくロッキー&ライズはこのまま好調な販売をキープしていくだろう。

 そして、2020年にデビューするトヨタのSUVは、さらに共喰いが起きる可能性がある。

 ベストカーWEBの情報によれば、5月にTjクルーザー、ハリアー、2020年中にはランドクルーザー300(詳しい時期はまだ未定)がデビューするといわれているからだ。今度は大型SUVでも共喰いが発生するかもしれない。

【画像ギャラリー】2020年に登場予定のTjクルーザー、ハリアー、ランドクルーザー300

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ