【交差点の右折レーン手前にあるゼブラゾーンの不思議】走っても違反にならないのか?


 交差点付近の道路に白い縞々模様が描かれている「ゼブラゾーン(導流帯)」。特に右折レーンの手前にあるゼブラゾーンは入らないで走行するドライバーがほとんどだろう。

 しかし、たまにせっかちなドライバーが右折レーン手前にあるゼブラゾーンに進入しているのを見かけることがある。

 はたして、これは違反になるのだろうか? 何のために設定されているのだろうか? モータージャーナリストの野里卓也氏が解説する。

文/野里卓也
写真/野里卓也 ベストカーWEB編集部
※過失割合について一部数字の入れ違いがあったため修正いたしました。申し訳ありませんでした(2020.2.11 0:20)

【画像ギャラリー】教習所の学科試験にも出てくる道路標示の違いとは?


さまざまなゼブラゾーンが存在する

右折レーンの導流帯だが、道路標示のみの場合や、中央分離帯と一緒になっている場合などさまざまな状況で設置されている

 ゼブラゾーンは「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令/第一章・道路標識の第五条/区画線の種類、設置場所~」という建設省(当時)からの命令により“導流帯”という名称で、車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所に設置されている。

 主に片側数車線ある道路の交差点に設置されており、中央分離帯と一緒になったものや、道路への標示のみという箇所もあり、いろいろなパターンがある。

 そもそも、ゼブラゾーンである導流帯を設置する目的は何か? 今回は関東一円の国道を管理する国土交通省の関東地方整備局に聞いてみた。

 「国道などは将来の交通量を見越して、車線の数や幅員(道路の幅)などを決めています。そうすると自ずと線形(道路の形)も決まってくるのですが、その場合将来の交通を見越したエリアは余剰地になっていることがほとんどです。

 つまり普段だとクルマが走らない場所があるのです。しかし、その余剰地をほったらかしにしておくと、クルマがどこを走って良いのか、走行する上でいろいろな障害が出てくるので、そうしたエリアは導流帯など車線に制限を設けることで、安全を確保しています。

 また、質問の右折レーンの導流帯の意味ですが、高い速度で交差点へ進入して右折することを抑止する目的もあります」という。

ゼブラゾーンを走行すると違反になるのか?

 さて、導流帯が設置される目的はわかった。しかし、読者からの質問である「通行しても違反になるのか」どうかだが、実際に走行しても違反になるのだろうか?

 ここからは東京都日野市で東京都公安委員届け出の自動車教習所に勤務するインストラクターへ聞いてみた。

 クルマの免許を取る前に教習生へ公道を走るルールとマナーを教えるプロならばズバリ回答してくれるに違いないからだ。

 「導流帯ですが、通過は良いと教習生にも教えております。基本はそこへクルマを停車したらダメですが、通過するのは問題ありません。違反でもないです。右折レーンに導流帯が設置されているのは対向車が驚いてはいけない、という目的でも設置されており、ちゃんと意味があるのです。

 また消防署の前には「停止禁止」の道路標示がありますが、これと同じ意味でもあります」(松山ドライビングスクール/インストラクター・高野雅義氏)。

 と、違反ではないと回答。そして、交差点の右折レーンの導流帯は対向車線を走るクルマへ脅かさないように、また速い速度で進入を抑える意味でも設置されていることを話してくれた。

 やはり、国道交通省から得た回答と同様、交差点の導流帯は危険を防止する意味で設置されていたのだ。

次ページは : 導流帯と間違えやすい道路標示