【ベスト3とワースト3】標準仕様でもいいシートのクルマはあるのか?

毎日クルマを使う人、長距離を乗る人にとって、クルマのシートの良し悪しはとても気になる部分だろう。レカロやブリッドなどに交換するのも手だが、一般的な使い方しかしないのであれば、標準でいいシートが装備されていれば、それに越したことはない。もちろん「高くていい」では当たり前なので、今回はコスパも含めて、日常的に使う場合の“いいシート”のクルマを考えてみた。

文:渡辺陽一郎

ベストカー2016年6月10日号


コンパクトカーにもいいシートはある

シートの価値は、大きくわけて2つある。長距離の移動でも疲れない快適性と、着座姿勢の安定性だ。今の時代、着座姿勢が不安定になるようなクルマは少ない。なので、優れたシートは“主に快適性”で差をつけるという図式だ。今回は「運転席」にしぼり、トップ3を選んでみたが、「コスパも加味した」ランキングになっている。

運転席が最も優れているのは、レガシィB4だ。北米市場を重視してサイズに余裕を持たせている。肩まわりまでしっかりとサポートされ、しかも拘束感は強くない。長距離をリラックスして快適に移動できるシートだ。

2位はデミオ。コンパクトカーでも座り心地にボリューム感があり、大腿部や腰まわりの支え方がいい。

3位はレクサスGS。少し硬めでもリラックスできて、スポーティに走った時のホールド性も優れている。

 

逆にワーストの筆頭はバモス。発売後17年を経たクルマだから仕方ないが、サポート性が弱く、床と座面の間隔も不足して運転姿勢も窮屈だ。ミライースは座面のサポート性が足りず、角度も水平に近いから腰が安定しにくい。ミラージュは着座位置の上下調節が座面のみになっており、ボリューム感も乏しく、肩まわりのサポート性もよくないつくりだ。

■シートがいいトップ3

1位 レガシィB4

2位 デミオ

3位 レクサスGS

※上記の順位は、あえて下克上になっています

■シートがいまひとつの3台

1位 バモス

2位 ミライース

3位 ミラージュ

 

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ