【N-WGNの自動ブレーキ! リーフの加速力!!】 乗ってわかるあのクルマの「ズバ抜け」部分 6選


■マツダロードスター 走ってもよし! そして実は「燃費」もよし!

 マツダロードスターといえば「ハンドリングを楽しむスポーツモデル」だというイメージが強いと思う。しかし! オーナーの皆さんならご存じのとおり、メチャクチャ燃費よいのだった!

 考えてほしい。毎年秋口に開催される「ロードスター・メディア対抗4時間レース」では、4時間を60Lのガソリンで走らなくちゃならない。

走りがいいのはわかるが実燃費までもいいときた

 優勝チームは180周くらい走るため、実燃費は6km/Lを超える計算。国際格式のレースに出場しているようなドライバーが汗だくになって走って6km/Lも走れるのだから素晴らしい!

 街中を普通に走っても15km/Lくらいまで伸びる! 通勤用の相棒として使ったってまったく負担にならない燃費です。そればかりか、多少元気よく走っても12~13km/Lといったイメージ。ライトウェイトスポーツはECOですね!

■トヨタグランエース 極上の乗り心地

 ハイエースの兄弟だと思ってグランエースに試乗したら、心底たまげた! ハイエース、走りの質感は働くクルマから一歩も出ていない。

 ところがグランエースときたら、乗り心地のよさに驚くばかり。例えばボディ剛性。荒れた路面を通過したってミシリとも言わない。

 そのうえで、新設計となっているリアサスが滑らかにストロークするのだった。

乗り心地の質感、ミニバンNo.1! 乗ってみたからこそわかること!

 トドメはステアリングフィール。チョロチョロするハイエースと違い、ドッシリしてます。商用車的な外観からすれば、いい意味で激しくインパクト受ける。

 乗り心地の質感、アルファードを含め、日本で販売しているミニバンじゃダントツにいい。

 ふつうの人だと乗る機会がほとんどないのは残念なこと。送迎専用車として使うの、もったいない。ファミリー仕様もぜひ!


次ページは : 【番外コラム】この長所はほかには「ズバ抜け」なクルマ。渡辺陽一郎さん、教えてください!