【県別比較 トップとワースト】軽自動車、ガソリンスタンド、信号機……その数を調べてみた


 47都道府県、全国を見渡せば地域ごとでクルマ事情が違うのはご存じのとおり。そこで、ご当地の様子がうかがえる数字をちょっと調べてみた。

 今回は軽自動車、ガソリンスタンド、信号機の数を比較してみる。

 文:ベストカー編集部
ベストカー2016年6月10日号


軽自動車の多い県、少ない県は?

 軽自動車の普及率を各都道府県100世帯あたりの台数で比較してみた。ベースとなる保有台数は全国軽自動車協力連合会の調べによる2013年3月時点のもの。

 佐賀県と鳥取県は100を超える数字となっているが、これは各世帯に1台以上軽自動車があるということ。逆に少ない東京は10世帯に1台の割合だ。トップとワーストで、かなり大きな違いが確かめられた。

軽自動車100世帯あたり普及台数トップ5とワースト5

ガソリンスタンドが多い県、少ない県は?

 1995年を頂点に日本のガソリンスタンドは減少傾向が続いている。燃費のいいクルマがどんどん増えているため、ガソリンスタンドの業績は悪化。結果的にはガソリンスタンドの廃業が進んでいる。

 「うちの近所のスタンドもなくなった」なんていう読者の方もいることだろう。2013年度の全国のガソリンスタンド数は3万4706件。

 さかのぼること15年前、1999年当時のガソリンスタンドの総数は5万5153件だったので、実に2万件も減っていることになる。

 そんなちょっとさみしい現在において、最もスタンド数の多い都道府県はというと、それは北海道の1944件(1999年より764件減少)である。

 ところで、各都道府県で10万人当たりのガソリン店舗数を調査してみると、最も多いので島根県で51.3店舗。

 逆にもっとも少なかったのが東京都の8店舗という結果に。これはつまり、東京は人が多すぎってことかも。トップとワースト5の結果は以下のとおりだ。

ガソリンスタンド数トップ5とワースト5

次ページは : 信号機数の多い県、少ない県は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ