鉄腕アトムが自宅にやって来る!! ハイテク満載の組み立てキット

 ロボットは優しくて、人助けをしてくれる。こんなイメージを持つようになったのも、きっと『鉄腕アトム』がいたからではないだろうか? 

 言わずと知れた手塚治虫先生の名作だが、今年4月以降はなんとそのアトムを自宅に招くことができるらしい。異色のコラボで生まれる”ATOM”を紹介。

 文:ベストカー編集部
PHOTO:講談社
初出:ベストカー2017年4月10日号


心優しいATOMがなんと自宅で家族の一員に!?

 今回の「これは珍なり」は久しぶりにクルマ以外の話題でロボットがテーマ。ロボットとひと言で言っても、皆さんのなかにはそれぞれ好きなロボットがいることだろう。

 そのなかでも、多くのおじさまが憧れたのが『鉄腕アトム』ではないだろうか?

 手塚治虫先生の描く人型のロボットは礼儀正しく、正義の味方。人間が描く理想のロボット像を実現しているのが『鉄腕アトム』だ。

 人類の味方でもある鉄腕アトムは未だ生まれていない。おしゃべりをして、10万馬力の力持ちの心優しいロボットだから、きっと開発にも相当時間がかかるのだろう。

 そんなことを思っていたら講談社がなんと「週刊鉄腕アトムを作ろう!」を創刊するというではないか(←なんてグッドタイミング!)。”ATOM”と名付けられたそのロボット、話を聞くだけでもとても凄そうなので、迫ってみたい。

 「週刊鉄腕アトムを作ろう!」は4月4日に創刊する。全70巻構成で、当然ながらすべて買わないとATOMは完成しない。

 完成したATOMは本物のロボットで可動式。なんと最大12名の顔を認識して会話もできるという。人工知能を搭載しているからポテンシャルはかなり高い。

 現段階で発表されているのは前述の会話や顔認識ばかりではなく、顔を識別して誕生日のお祝いメッセージを伝えたり、バースデーソングを歌ってくれたり、さらには自己診断までしてしまうという。

 もはやロボットという括りではなく”家族”として迎えたくなる存在になりそう。

 ATOMのサイズは全長44cm、体重1400g。かなりずっしり感があるはずだ。外部素材はプラスチック(ABS)で、アニメ『鉄腕アトム』のように胴体内部にはメカがギッシリ搭載されている。

 さらにこだわりポイントとして、ATOMの声は2003年版のアニメ『鉄腕アトム』でアトム役を務めた、声優の津村まことさんという贅沢ぶり。

 アニメ版の鉄腕アトムが好きなおじさまにもたまらない構成になっているのも見逃せないポイント。

鉄腕アトムを作ろう! 

気になる費用は?

 今回の「週刊鉄腕アトムを作ろう!」のATOMの完成度は非常に高そうだ。その根拠は複数の専門企業が役割を分担しているから。

 一例を出すと講談社は全体のプロデュース、NTTドコモは自然対話プラットフォームの提供、富士ソフトがATOM本体の基盤などというように、各社の強みを応用しているのが特徴といえる。

 さらに時間がない人向きの「組み立て代行サービス」にVAIO株式会社が参加。職人が丹精込めて代行組み立てをしてくれる。

 まさに至れり尽くせりのサービス、そして開発陣といったところ。この手の「週刊」シリーズで気になる完成までの料金だが全70巻を購入すると18万4474円(税抜き)、組み立て代行サービスは21万2900円(税抜き)。

 組み立てサービスは全70巻の販売完了からの納品になるから、2018年9月以降になるとのことだ。

 アラフィフのおじさまからの反響が大きいかと思いきや、現段階ではF1層(20歳~34歳までの女性)からの反響もかなり大きいという。

 ATOMがいれば家庭も明るくなりそうだから、女性の関心が高いのかもしれない!?

(C)TEZUKA PRO/KODANSHA

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ