新型フィットはモデューロと無限がすごい!! 「RS」設定なしだけど…

 2020年2月に発売された新型ホンダフィット。発売から1ヵ月で、月販目標の約3倍となる3万1000台越えを記録するなど、好調な滑り出しをみせている。

 新型フィットは、ライフスタイルに寄せた5タイプの多彩なグレード展開が話題となる一方、2代目、3代目と継続設定されたスポーティグレード「RS」の設定がなくなったことも注目される。

 新型フィットは、全面刷新されたことで、走りの質感も高められただけに、少々残念に思える。

 それだけに、RSのようなスポーティなフィットが欲しいという声も出てくるはずだ。

 そこで注目してほしいのが、ホンダの純正アクセサリーパーツのブランド、ホンダアクセスと無限のカスタマイズパーツだ。

 今回は、ベースモデルも含めた新型フィットのスポーティモデルについて、モータージャーナリストの大音安弘氏が解説する。

文/大音安弘
写真/平野学 ベストカー編集部 ホンダアクセス M-TEC

【画像ギャラリー】新型フィットのホンダアクセス/無限Dash&無限Skip詳細写真


スポーティの定義を変えたフィット

2020年2月に発売された新型フィット。ベーシック、ホーム、ネス、リュクス、クロスターという5グレード構成だが、なぜかスポーティグレードのRSは設定されなかった
先代フィットRSは1.5Lエンジンを搭載し、エアロパーツなどの外観だけでなく足回りも専用セッティングを施したスポーティグレードだった

 新型フィットでは5タイプが設定されるが、そのなかには、「RS」のようなスポーティグレードは存在しない。

 この理由について、ホンダ広報部は、顧客のライフスタイルに合わせた一台が選べるモデル展開としたことや時代の変化とニーズを考慮したことを挙げる。

 新型では、スポーティの定義を変化させ、アクティブなユーザーに向けの「NESS」を設定。

 爽快な走りを感じさせるさせるスタイルだが、ここでのスポーティは、フィットネスを楽しむようなイメージで、実に健康的だ。ただホンダファンが理想とするスポーツとは定義が異なるように思えるのも、本音だ。

 RSの必要性を探るべく、先代のRS人気を振り返ると、2017年6月にマイナーチェンジ時の発売後1ヵ月の受注データを振り返ってみた。

 そのシェアは、ハイブリッドを含めたフィット全体で、たった2%に過ぎない。スポーティグレード不要とまでは言わないが、確かに生まれ変わることが必要だったともいえる。

 ちなみに、新型のMT車についても調べてみたが、現時点では、全世界で非設定。

 2モーターの「e:HEV」が主力に置かれた今、MTを望むのは、難しいだろう。

 しかし、本当に、スポーティなフィットは、登場しないのだろうか……。

 しかし、諦めるのは時期早々ではないだろうか。それは、「Modulo X」の存在だ。

期待膨らむ新型フィットModulo Xの登場

2020年1月の東京オートサロンで公開されたフィット・モデューロXコンセプト。詳細なスペックは明かされていないものの、ハイブリッドがベース車両となっており、専用フロントグリルやエアロバンパー、テールゲートスポイラーなどの外装パーツのほか、専用サスペンションや16インチアルミホイールも採用されるなど、外装パーツにとどまらず、足回りも専用セッティングになっている点も見逃せない

 東京オートサロン2020には、新型フィットをベースとした「モデューロXコンセプト」が出展されていた。

 専用の内外装パーツによりドレスアップされた姿は、新型のモデルラインアップのいずれとも異なり、まさに第6のフィットといえる存在だ。

 その動向を探るべく、開発を担当するホンダアクセスに問い合わせてみた。広報部によれば、出展車はコンセプトであり、どのようなモデルとなるかは不明だが、市販化を検討しているという。

 歴代Modulo Xもコンセプトが提案されたものは、その後、市販モデルへと発展を遂げたケースが多い。

 発売は、まず確実と見ていいだろう。注目されるタイミングだが、既にあれだけ完成度の高いコンセプトが完成していることや開発が進められていることを考慮すると、おそらく1年以内に登場するのではないかと予測する。

 先代のModulo Styleのような内外装のドレスアップに留まらず、独自チューニングを加えたコンプリートカーとなることを期待したい。

 新型発売とともに設定されたホンダアクセス製のカスタマイズパーツについても伺ってみたが、エクステリアパーツへの反応は良いとのこと。

 やはりスポーティなフィットを求めるファンが、一定数いるのは間違いないようだ。

新型フィットホームのホンダアクセス製アクセサリー装着車。専用のフロントロアスカート(3万5200円)やフロントグリル(3万3000円)、テールゲートスポイラー(2万7500円)、LEDホワイトイルミネーション(左右セット2万2000円)、16インチアルミホイール(1本2万7500円)などを装着。このほかユーテリティ、インテリアのパーツも豊富に取り揃えている
フィットクロスターのホンダアクセス製アクセサリー装着車。クロスターパッケージはフロント&リアのロアガーニッシュ、LEDフォグライト、フォグライトガーニッシュのパッケージ価格は7万9200円(単品販売も可)。そのほかクロスバー(2万8600円)、ドアハンドルプロテクションカバー(8800円)、ルーフボックス(9万5700円)などの外装パーツのほか、インテリアパーツも豊富に用意している

純正アクセサリー・ホンダアクセスのホームページはこちら!

最も身近なスポーティフィットは無限か!?

無限フィットfor Dash。フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーのスタイリングセット(カラード仕上げ)は18万7000円。もちろん単品購入も可。フロント&リアのベンチレーションセットは1万7600円
アグレッシブなエクステリア。ドライカーボン製カーボンテールゲートガーニッシュ(8万5800円)、ドライカーボン製カーボンドアミラーカバー(4万4000円)、ウイングスポイラー(7万3700円)を装備。そのほか16インチのMDEアルミホイール(1本5万3900円)、シングルタイプの保安基準適合スポーツサイレンサー(9万3500円)、ブレーキパッド(タイプスポーツ、フロント左右用は2万4200円、リア左右用は2万900円)、ブレーキローター(フロント用は3万3000円、リア用は3万800円)

 今、最も身近なスポーティフィットといえるのが、「無限フィット」だ。

 東京オートサロン2020では、1台で2タイプの仕様が施された新型フィットが印象的だったが、既に製品化され、コンプリートカーとしてではなく、それぞれのパーツ単位で購入することが可能だ。

 モータースポーツ活動を中核とする「無限」だけに、新型フィットでもストレートなスポーティ路線で攻めてきた。

 新型では、カーボンパーツなども取り入れた硬派なイメージ「Dash」とカジュアルなイメージの「Skip」の2タイプを展開する。現状は、ドレスアップが中心の製品展開となっている。

 無限ブランド製品を扱うM-TEC広報部によれば、ユーザーのエアロパーツへの関心は高く、特にリア用のウイングスポイラーが好評だという。

 無限といえば、コンプリートカーも手掛けており、フィットでは、初代ベースのコンセプトカー「フィット・ダイナマイト」を発表したこともある。素材として新型はかなり魅力的だと思うのだが……。

 そこで今後の展開についても尋ねてみると、現時点では検討段階と前置きしながらも、さらなるパーツも展開の可能性はあるという。

 可能性が高いパーツのひとつが、足回りだ。新型の用品として、ブレーキとアルミホイールを設定しているだけに、専用サスペンションを期待する声も高まりそうだ。

 サスペンションの場合、無限では、車高調、もしくは、バネとダンパーをセットとしたサスペンションキットを提供してきた。

 それについても、新しくなったホンダセンシングとの相性や顧客ニーズなどを踏まえて、検討していきたいとしている。

無限フィットfor Skip。フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーのスタリングセットは16万7200円(単体販売もあり)
テールゲートガーニッシュ(4万700円)、ウイングスポイラー(7万3700円)、デュアルタイプのスポーツサイレンサー(9万3500円)。そのほかブレーキパッド・ツーリング(フロント左右でセットで1万6500円、リア左右セットで1万4300円)を用意。ユーテリティやインテリアパーツを豊富にラインナップ

無限フィットのホームページはこちら!

 全面刷新のフィットだけに、アフターパーツの充実もこれからとなるが、無限フィットはクールに纏められており、良い選択となると思う。

 無限Webでは、無限パーツを装着したフィットを展示するホンダディーラーを掲載している。

 実車確認の参考にしてみてほしい。ただポテンシャルの高いフィットだけに、個人的には、ホンダのエントリースポーツの役割をフィットが担ってくれればと思ってしまうのも確かだ。

【画像ギャラリー】新型フィットのホンダアクセス/無限Dash&無限Skip詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ