「 GT 」は古臭いのか? 過去30年で激減も生き残る高性能の証

 日産 スカイラインとマツダ サバンナで繰り広げられた「スカG VS サバンナGT」の構図に胸を躍らせたのは40年以上も前の話。

 30年前と比べると、「GT」を設定する車種は激減している。かつて高性能グレードの象徴だった「GT」の神通力は健在なのか? 

 各メーカーが持つ「GT」のイメージから探る。

文:編集部/編集部、NISSAN、MITSUBISHI、MAZDA、DAIHATSU
ベストカー2017年5月10日号


GTの設定は30年前に比べ半減

 GTの語源は「大旅行=グランド・ツーリング」の意。そこから転じて長距離を高速で移動できるよう、充分なパワーと快適な居住性を備えた車にその名を与えるようになった。

 国産で初めてGTの名を冠したモデルは、いすゞのベレットGTである。

国産初のGT、いすゞ ベレット 1600GT

 さて、そんなGTの名を持つ国産車だが、30年前の1987年と比べて設定グレードは減っているのか?

 以下は1987年と2017現在の各メーカーのGTグレードを持つ車種の数だ

  • トヨタ/1987年 11→2017年 1(−10)
  • 日産/1987年 2→2017年 3(+1)
  • ホンダ/1987年 0→2017年 0(±0)
  • 三菱/1987年 4→2017年 0(−4)
  • マツダ/1987年 4→2017年 0(−4)
  • スバル/1987年 1→2017年 3(+2)
  • スズキ/1987年 1→2017年 0(−1)
  • ダイハツ/1987年 1→2017年 0(−1)

 計/1987年 25→2017年 7(−18)

 日産、スバルがGTを持つグレードを増やしたほかは軒並み減少。国産にかぎってはGTの数はここ30年で1/3以下になっている。

 では、国産8メーカーはGTに対してどんなイメージを持っているのか?

国産メーカーが抱くGTのイメージ&現行国産GTグレード

■トヨタ
現行「GT」グレード
・86/GT、GTリミテッド 

トヨタは86にGTを設定。他のグレードと差別化を図るための専用エンブレムなどは特に付けていない

 〈GTというグレードに対するイメージ〉
文字どおり、高性能で長距離走行可能なクルマです。弊社では86に設定があります

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
古臭いとは思いません。浸透している単語だと思うのでそのままでもよいのでは。GTに替わるよい言葉があれば教えていただきたいです。

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
個人的に「これにあってもよいのでは?」というクルマもありますが、ノーコメントです。

■日産
現行「GT」グレード
・スカイライン/350GTハイブリッド、200GT-t
・フーガ/370GT、250GT
・ジューク/16GT、16GT FOUR

現行スカイラインには伝統のGTを冠したグレードがハイブリッド、2Lターボ車ともに搭載されている。このほか日産ではフーガにもGTグレードあり

 〈GTというグレード名に対するイメージ〉
「Grand Touring Car」という言葉に合う、長距離でも快適で悦びを与えてくれるクルマ。

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
そのようには思っておりません。

 〈自社の車にGTを増やすなら〉
あくまで個人的な意見となりますが、例えばプロパイロット付き、豪華な内装の「セレナGT Cruise」というグレードがあれば面白いと思います。

■ホンダ
現行「GT」グレード/なし

 〈GTというグレードに対するイメージ〉
骨太なFR大排気量セダン(前時代的ですかね)。

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
新しい時代のGT商品提案ができれば、ぜんぜんアリだと思います。

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
(1の回答を無視して、かつ2の回答を踏まえて)レジェンドですかね。

3モーターハイブリッドにSH-AWDを組み合わせるフラッグシップセダン「レジェンド」。ホンダといえば「RS」や「タイプR」のイメージだが、「GT」の設定にも期待したいところ

■三菱
現行「GT」グレード/なし

 〈GTというグレード名に対するイメージ〉
快適にロングドライブできるスペシャルティカー、スポーティカーに似合う名称。

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
定番であり、古臭いとは感じません。

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
2016年のパリショーに出展した『GT-PHEV Concept』という次世代クロスオーバーSUVコンセプトカー。

 「大地を疾走するグランドツアラー」というコンセプトを表わしています。

現在は「GT」がない三菱だが、コンセプトカーの「GT-PHEV Concept」を出展。かつては車名にGTを含むスポーツクーペ「GTO」なども販売したが、次にGTが復活するのはSUVかもしれない

■マツダ
現行「GT」グレード/なし

 〈GTというグレード名に対するイメージ〉
走りにこだわったクルマやグレードに似合う名称だと思います。

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
古臭いとは思いません。

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
マツダは遠くまで走っても疲れない、楽しくドライビングできるクルマ作りにこだわっています。どのクルマもグランドツーリングカー的な要素を持っていると思います。

かつてWRC参戦ベース車となったファミリアにGTのグレードを設定したマツダ。現在GTの設定はないが、ファミリアの実質的な後継車であるアクセラを始め、GT的なキャラを持つ車は多い

■スバル
現行「GT」グレード
・WRX S4/2.0GT Eyesight、2.0GT-S Eyesight
・レヴォーグ/1.6GT Eyesight、2.0GT-S Eyesightほか
・BRZ/GT

スバルは写真のWRX S4ほか3車種にGTを設定。他のグレードと差別化してGTを設定しているわけではなく、車種そのものがGT的性格を持っているモデルにGTが設定されているイメージだ

 〈GTというグレード名に対するイメージ〉
高い走りのパフォーマンスを持ち、速く快適に長距離を移動できるクルマの象徴。

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
古臭いとは考えておりません。

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
名乗るにふさわしいと考えているクルマには、すでにGTをラインアップしております。

 今後もふさわしいと考えられるクルマには、GTの呼称を使用する可能性があります。

■ダイハツ

 〈GTというグレード名に対するイメージ〉
GTといえばスポーツカー。トヨタ 2000GTに日産 GT-R。カッコいい名車の証

 〈GTという名を古臭いと思うか〉
そんなことはないと思います。グレードにGTと付いていれば今でもカッコいい

 〈自社のクルマにGTを増やすなら〉
走行性能にこだわった一台なのでムーヴ カスタム。“ハイパー”の上をいく超スポーツ軽自動車はいかがですか?

軽自動車というとGTのイメージは薄いが、長距離を乗りこなせるならばGTを名乗るのもアリだ

まとめ GTに対する自動車メーカーの考えは?

 今回、調査をしたなかでスズキからは「弊社ラインアップにGTグレードが存在せず、他社様にはすでにあるグレード名に対しての意見もはばかられるので……」と回答をもらえなかったが、そのほかのメーカーは「GT」についておおむね好印象を抱いていることがわかった。

 なかでもホンダの「新しい時代のGT商品提案ができれば」という意見は意外と重要かもしれない。

 「GT」は高性能の証。その形は変わるかもしれないが、車好きに寄り添った特別な存在であることだけは変わらないはずだ。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ