ロードスターRFをマツダを愛するモデラーが作った! 本当にプラモデル!??  

 プラモデル。そう聞くとどうしても「オモチャ」なんて思ってしまいがちだが、実はその世界はとってもディープ。深すぎるくらい。

 そのなかでも「フルスクラッチ」と呼ばれる、さまざまな素材からクルマを作り上げるモデラーたちは最上級の存在だ。

 日本中のモデラーが驚いた、熟練モデラーが生み出した「ロードスターRF」を紹介しよう。

文:WEB編集部/写真:Katsu


実車さながらの精巧さ

 先日5月11日から14日まで静岡で開催された静岡ホビーショー。静岡がお膝元のタミヤなど、世界的なプラモデルメーカーが参加するショーだ。

 ここに一際目立つ「作品」がディスプレイされた。それがKatsuさんが製作した「ロードスターRF」。

 タミヤの「ロードスター」の1/24モデルをベースに、リトラクタブルハードトップを持つ「RF」を自作してしまったのだ。

 もちろん「RF」の製品化はされておらず、1/24スケールで再現したのはKatsuさんが世界初のはずだ。

 しかもなにが凄いって、このRFは電動で動くというところ。まずは動画でご覧いただこう。

マツダ愛から生まれた1台

 この超絶的な技法を持つKatsuさんになぜRFを作ったのか話を聞いてみた。

 「RFに関してはNC型のRHTのようなクルマを予想モデルとして、ND型で市販される前に作ろうと画策していました。

 そうこうしていたら実物のRFが発表になってしまったんですよね。ベースはNDのロードスターがタミヤから出ているのでそれを使うことにしました。せっかくなら電動化しようと思って」

 実はKatsuさん、大のマツダ党。なんたってマツダのクルマしか作らないと自分に課していて、最初にフルスクラッチしたのは愛車だったランティスクーペ。渋すぎる。ちなみにいまはアクセラ(BL系)が愛車という。筋金入りだ。

 「今回苦労したのはその電動メカニズムのスムーズさですね。実車は非常に滑らかに動きますから、1/24スケールとはいってもカクカクした動きになってはいけないです。

 そこは可動部をコンマ何mmという世界で削ったりして何百回も調整を繰り返しました。」

 動きの滑らかさを追求するためのトライ&エラーは1カ月に及んだという。素人目線だとどのようにルーフを格納させるかがかなり難しく思えるが、そこは20年以上のフルスクラッチ歴で頭のなかにイメージがわりとすぐに湧いたそうだ。

 しかしこの電動開閉のギミックは実はシークレットで製作していたのだという。

 「リアルを追求することはモデラーたちの宿命なのですが、そこに”動く”という要素を入れてみたかったんです。

 でもタイヤを回転させるのはあまりにも捻りがないし、RFの複雑な開閉シーンだったら見応えがあると思って。でも当日のショーのスタートまでそれはシークレット。当日は開閉の瞬間に拍手までもらえて嬉しかったです」

 「リアル+動く」。この方程式、今後のモデリング界のトレンドになるかも!?

クローズド状態のRF。実車は設計段階からRFの設定を想定していいただけにそのフォルムは美しい
ルーフの作動状態。このギミックは比較的すぐに思い浮かんだというから凄い
ルーフの製作状況。細かな設計とトライ&エラーを数百回繰り返してこの現状に辿り着いたという

モデリングに魅せられて

 モデリングというのはKatsuさんにとってかなり大きな意味を持っているそうだ。幼少期には文房具店で売っていたプラモデルに熱中し、ミリタリー、ガンプラなどを経て現在のスクラッチビルドに辿り着いた。

 「粘土の固まりは誰でもハンマーで真っ平らにつぶせますよね。でも粘土をクルマの形に成型してみる。そうするとハンマーでつぶすことに凄い抵抗感が生まれます。人の手でなにかを生み出す”凄み”というものがあるんです」

 カーモデリングの素材は木材、プラスチックなど多岐にわたるがたしかにそれがひとつの形になったときに、それは素材ではなく新たな形を持つことになる。今後作りたいモデルが何個かあるという。

 「1990年代のマツダ車も作りたいんですよ。ランティスのセダンとか、アンフィニMS-8、ファミリアネオ、あとは2000年代だと11年間モデルチェンジしなかったベリーサとかもいいですね」

 マニアックなチョイスからもそのマツダ好き度がわかるだろう。今後もマツダ愛を貫くと宣言されていたから、その類い希なる手技から生み出される究極の1台を楽しみにしていこう。

最初にフルスクラッチで素材から生み出したのが愛車のランティスクーペ。マツダスピード仕様だ!!
コンセプトモデルの「靭(SHINARI)」も再現。「魂動デザイン」の始祖ともいえるこのコンセプトモデルを見事に再現
コンパニオンのお姉さんも再現。カタログも交換可能。右のお姉さんはマツダマークを再現

 今回紹介したモデラー”Katsu”さんのホームぺージでは圧巻の作品の数々を公開中!! ぜひ熱きマツダ愛を目に焼き付けてほしい。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~aishawotukuro/