1000hpのGT-Rに日産のキーマンが乗った!? アメリカ発のホットなGT-R!!

R35開発責任者は1000hpのGT-Rをどう見る!?

 超弩級のGT-Rに対峙した田村氏。とはいえ、田村氏本人も600psを発揮するR32を所有しているという生粋のチューニングカー好きでもある。

 シカゴにあるアルファ・パフォーマンスの工場を訪れたのは2015年の7月14日。そのタイミングだとGT-Rの2016年モデルが発表されるのか!? と騒いでいた頃だ(結局マイナーチェンジが施され2017年モデルになった)。

 もしかしたらあまりにもアルファ・パフォーマンスのGT-Rのインパクトが強く、その後のマイナーチェンジに影響を与えたのかも!?

 まっ、そんなことはないと思うが、田村氏のどこかにこの超絶GT-Rに乗った印象はあったことだろう。

 外観も見てのとおり、派手な空力付加物はGTウイングくらいしかない。ワイドフェンダーもスムージングされていてあたかもノーマル然としている。

 硬派なチューニングマシンではなく、優雅さすら感じられるではないか。でも中身は1000hp。「ヒツジの皮をかぶったオオカミ」なんて言葉が思い浮かぶ。

 田村氏は感想として同社のデモカーのダッシュボードにサインとともにこう残した。「So, Amazing!!(なんて凄いんだ)」。超弩級のGT-Rが日産から出てきた時は、このアルファ・パフォーマンスのGT-Rを思い起こそう。

GT-Rの欧米での愛称は「ゴジラ」。英語ではGODZILLAと書くのが普通だが、日本語の読みに近いGOJIRAという表記がアルファ・パフォーマンスの日本好きを感じさせる
GT-Rの欧米での愛称は「ゴジラ」。英語ではGODZILLAと書くのが普通だが、日本語の読みに近いGOJIRAという表記がアルファ・パフォーマンスの日本好きを感じさせる
“So,Amazing!!”。チューナーからしたら開発責任者のこの言葉は最大級の賛辞のはずだ
“So,Amazing!!”。チューナーからしたら開発責任者のこの言葉は最大級の賛辞のはずだ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!