地味だけど実力派! もっと売れるべき“いぶし銀国産車” 10選

 クルマに限らず、売れ行き=人気は、その商品が持つ力を示すひとつのバロメーターだ。

 ……が、売れ行きはパッとしなけれど、地味だけれど、人気以上の実力を持つクルマも決して少なくない!

 本稿では、そんな「もっと売れていい」いや「もっと売れるべき!」といえる、普段日の目を見づらい、実力車たちを紹介したい。

文:渡辺陽一郎、片岡英明
写真:HONDA、編集部、MAZDA、SUBARU、TOYOTA
ベストカー 2020年5月10日号

【画像ギャラリー】“売れてない順”で見る、もっと売れるべきクルマ 10選


地味だけど実力派なホンダ車

・新型アコード「走りがよくて、本格シートで装備も豪華」

ホンダ アコード/2月販売台数:511台

【売れていい理由/渡辺陽一郎】アコードは今年2月に現行型にフルモデルチェンジした。それまではモデル末期で、2019年の月販平均は90台と少ない。

 今はLサイズセダンの販売が不振だが、アコードは後席も広く、モーター駆動が中心のハイブリッドだから加速は静かで滑らかだ。

 モーターは瞬発力が高く走りに余裕がある。現行型の価格は本革シートまで装着して465万円だから、もう少し売れていい。

・オデッセイ「室内は充分に広く、走りの安定性に優れる」

ホンダ オデッセイ/2月販売台数:703台

【売れていい理由/渡辺陽一郎】全高が1700mm以下だから、外観が貧弱に見えて人気は低調だ。2019年の販売はアルファードの21%だった。

 しかし、低床設計で室内高に余裕があり、3列目シートはアルファードと違って膝の持ち上がる姿勢にならない。安定性もよくアルファードよりも優秀だ。

・グレイス「フィットゆずりの広さが魅力」

ホンダ グレイス/2月販売台数:338台

【売れていい理由/渡辺陽一郎】貴重な5ナンバーセダンで、空間効率の優れたフィットのプラットフォームを使って開発された。後席の足元空間はカローラやマツダ3よりも広い。

 5ナンバー車のわりに乗り心地も快適で、運転支援機能も備わる。1カ月平均530台は少なすぎる。

・ステップワゴン「走りのよさはクラス最高レベル」

ホンダ ステップワゴン/2月販売台数:3803台

【売れていい理由/片岡英明】走りの実力はミドルクラスのミニバンで最高ランクと断言できる。キャビンは広く、荷室の使い勝手、先進安全装備もライバルに負けていない。

 実力派だが、まとまりのないデザインと質感の低い内装、視界の悪いわくわくゲートが足を引っ張っている。

マツダ、スバル、三菱の「もっと売れていいクルマ」は?

・エクリプスクロス「実はトータル性能の高いSUV」

三菱 エクリプスクロス/2月販売台数:536台

【売れていい理由/片岡英明】エクリプスクロスは登場から丸2年なのに新車販売ランキングのトップ50に入っていない。販売不振の理由は、個性が強すぎるデザインや三菱のブランド力の低さにあるのだろう。

 が、走りの実力は高く、三菱自慢の車両運動統合システム、S-AWDは安全で楽しい走りを約束する。

 スポーティな味わいに加え、ファミリーカーとしてのトータル性能も高いなど、魅力的なSUVなのだ。

・マツダ2「改良によって走りも安全性能もアップ」

マツダ2/2月販売台数:2371台

【売れていい理由/片岡英明】車名を変えたが、基本設計は6年前のままだし、デザインもほとんど変わらない。後席と荷室も狭いから売れゆきは今一歩だ。

 が、パワーユニットやサスペンションにメスを入れ、シートも新調した。先進安全装備も充実しているので買い得感は高いと思う。

・フォレスター「4WD性能が高く、安全装備も充実」

フォレスター/2月販売台数:2448台

【売れていい理由/片岡英明】登場から2年未満なのに販売が低迷しているのは、ハイブリッド車の燃費がイマイチなこととデザインに面白みがないため。

 が、4WDの実力は高く、洗練された走りを見せる。走りのよさに加え、先進の運転支援システムと快適装備の充実も高評価だ。

実用性抜群! 地味だけど使える実力派モデル

・ポルテ/スペイド「ワイドに開く助手席スライドドアは便利」

スペイド/2月販売台数:408台(※台数はポルテのもの)

【売れていい理由/渡辺陽一郎】2019年の月販平均は両車合計して670台だから、ルーミー+タンクの5%。

 しかし、助手席にはワイドに開くスライドドアが備わり、床面地上高は300㎜なので高齢者も乗降しやすい。後席の座面を持ち上げると、スライドドアから車内中央に大きな荷物も積める。

・ソリオ「地味だけど走りの実力派ライバルを凌ぐ」

スズキ ソリオ/2月販売台数:3951台

【売れていい理由/片岡英明】ワゴンRの利便性のよさをコンパクトクラスに持ち込んだのがソリオだ。

 優れたパッケージングに気がつき、トヨタは刺客としてルーミー/タンク4兄弟を送り込んでいる。デザインにも華やかさがないから、ソリオの販売は大きく落ち込んだ。

 が、走りの実力はトヨタ勢より高く、荷物満載でも安心感のある走りを見せる。マイルドハイブリッドに加え、フルハイブリッドを設定しているのも魅力だ

・ミラトコット/価格がリーズナブルで、後席も意外に広い

ダイハツ ミラトコット/2月販売台数:1287台

【売れていい理由/渡辺陽一郎】今の軽乗用車販売では、全高を1600mm以上に設定した背の高い車種が85%を占める。背の低い車種は15%で、しかも主力は低価格車。だから個性派のミラトコットは販売が伸び悩む。

 しかし、「X・SA III」はスマートアシストIII、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプ、キーフリーシステムなどを標準装着して価格は124万3000円。

 後席も意外に広く割安だ。

【画像ギャラリー】“売れてない順”で見る、もっと売れるべきクルマ 10選

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ