BMW、ベンツ…などの輸入ブランド別人気車TOP5 意外と知らない人気の順番


 日本市場で売れているクルマは果たしてグローバル市場での人気とかぶるのか? 本企画では、直近の日本での販売データをもとに、各インポーターブランドの人気トップ5(ブランドによってはトップ3)を割り出し、日本市場での傾向を検証してみる。

【画像ギャラリー】総勢21ブランド54モデル! 注目の輸入モデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号


■根強い3シリーズ人気 BMW

●BMW トップ5
1)3シリーズセダン
2)1シリーズ
3)X1
4)3シリーズツーリング
5)X3

●BMW 3シリーズセダン(461万~985万円)

やはりBMWといえば定番の3シリーズセダンが日本では強い。現行モデルは7代目のG20型

●BMW 1シリーズ(334万~633万円)

従来までのFRからFFに駆動方式を変更して生まれ変わった3代目1シリーズ

●BMW X1(438万~650万円)

BMWのSUV軍団の末弟。昨年秋にビッグマイナーチェンジを受けている

 ベストカー読者にも人気が高い輸入車ブランドといえばBMWが定番だが、そのなかでも昨年1月にデビューした現行3シリーズセダンは不動の人気。以下、従来のFRからFFモデルになった1シリーズ、ビッグマイチェンを実施されたクロスオーバーSUVのX1が続いている。

■新型Aクラス強し!!! メルセデスベンツ

●メルセデスベンツ トップ5
1)Aクラス
2)Cクラス
3)CLAクラス
4)GLCクラス
5)Bクラス

●メルセデスベンツ Aクラス(337万~798万円)

まるでプレデターのような爬虫類系フェイスの現行Aクラス

●メルセデスベンツ Cクラス(489万~1467万円)

DセグメントモデルとしてBMW3シリーズに比肩する根強い人気を持つCクラス。さすがの底力!

●メルセデスベンツ CLAクラス(446万~875万円)

3位は現行AクラスベースのCLAクラスがランクイン。メルセデスベンツも主力はFFへ移行!

 ドイツ御三家のなかでもBMWと双璧を争うメルセデスベンツは、やはり昨年から新型モデルに移行した歴代4代目となる現行Aクラス(ハッチバック車)が日本での人気を集めている。デザインはオグロメジロザメをモチーフにしたという現行3代目CLSクラスと近いイメージのエクステリアになっている。

 2位になったCクラスは2014年7月に日本市場へ導入された古参モデルだが、さすがの存在感を示している。2018年7月のマイチェンでは1.5Lターボ+48Vマイルドハイブリッドシステムを追加設定。

 昨年8月には現行Aクラスをベースとする4ドアクーペモデル、CLAクラスが日本導入され、その2カ月後にシューティングブレークも追加されている。トップ5までを見ても日本ではFFモデルが圧倒的な支持を得ているようだ。

次ページは : ■Q2がA3を急追! アウディ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ