コロナ禍が原因? 3ヵ月~1年 新車の納期が長くなる理由とは?

 コロナ禍の影響で、各自動車メーカーの生産工場では休止もしくは生産調整が行われており、ユーザーが新車を契約してから、ユーザーに渡される納車までの期間が長期化傾向にある。

 しかし、そうしたやむをえない状況を差しおいても、発売されたばかりの新車に人気が集中し、納車が3ヵ月以上もざら、なかには1年以上に達する人気モデルもある。

 そこで、6月上旬現在で、納期が長いクルマを調査し、納期が長い理由は何か、流通ジャーナリストの遠藤徹が徹底解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】3ヵ月以上!? 納期が長い話題の新車を写真でチェック!


通常の納期はどれくらい?

2月に発売されたヤリスは5月までは納期が3ヵ月以上だったが6月に入り1ヵ月半以内と短くなっている

 最近、新車の納期が長期化する傾向がある。4月以降、コロナ禍によるサプライヤーからの部品供給の遅れで一時的な生産休止や需要減に伴う組み立てラインの調整が行われおり、人気の高いモデルは納期がさらに遅れ、車種による納期の大幅な違いが発生しているのが最近の傾向である。

 メーカーによる格差もある。トヨタは受注してから生産するシステムをとっているので、そのぶん、他社より納期が長くなる傾向がある。

 日産、ホンダ以下各社は量産主要モデルの多くを見込み生産しているので、グレードやボディカラーの選び方次第で新型の人気モデルでも納期が早くなるケースもある。

 一般的には新規やフルモデルチェンジで新型車を発売すると、新型車効果で需要が集中して納期が2~3ヵ月と長期化するが、半年くらいで鎮静化し、通常の1ヵ月以内~2、3週間で収まるようになる。

 最近、納期が3ヵ月以上、長期化しているのはハリアー、ライズ、RAV4 PHV、ヴォクシー、ジムニー&ジムニーシエラ、ハスラー、ロッキー、タフトなどとなっている。

 ヤリスとフィットはともに2020年2月の発売で5月までは納期が3ヵ月以上と長期化していたが、6月に入ってからは納期が1ヵ月半以内と短縮化している。フィットの方がグレードやボディカラーによっては1ヵ月以内で収まる場合もある。

トヨタ車で納期が長いクルマ

6月17日に発表発売される新型ハリアーの納期は4~5ヵ月待ち

■トヨタ車で納期が長いクルマ
●ハリアー:4~5ヵ月
●ライズ:4ヵ月
●RAV4 PHV:4ヵ月半
●ヴォクシー:3ヵ月以上
●シエンタ:2ヵ月半
●アルファード/ヴェルファイア:2ヵ月半

 トヨタ車で納期が長いクルマを挙げていこう。まず、2019 年11月5日に発表、発売したライズ。

 発表発売約1ヵ月前から先行予約をスタートさせ、絶好調の滑り出しをみせ、その時点では3ヵ月待ちだった。

 その後も順調に受注を続け、この6月上旬現在の納期は10月上旬で4ヵ月待ちとさらに長期化している。2トーンのボディカラーは手間がかかるのでモノトーンより2週間程度先延ばしとなっている。

 ハリアーは6月17日の発表、発売だが、5月上旬から先行予約の受付を開始した。絶好調の滑り出しで納期はメイングレードの「Z」がハイトブリッド、ガソリンとも4ヵ月待ちの10月下旬、同レザーパッケージだと、さらに2週間後の11月上旬となっている。

 RAV4 PHVは6月10日の発売で、5月中旬から先行予約を受け付けている。納期は4ヵ月半待ちの10月下旬になっている。

 ヴォクシーは4月27日に一部改良し、3ナンバーサイズのエアロ仕様に絞ったラインアップに再編した。

 1年後のフルモデルチェンジでノアに統合するのを見越しての対応策と思われるが、5月登録実績では3姉妹車のなかでヴォクシーがダントツで引き続きトップとなり、ノアやエスクワイアを大きく引き離している。

 したがってこのことがヴォクシーの納期の長期化につながり、6月上旬現在では3ヵ月以上の待ちとなっている。

 このほか、トヨタでは2ヵ月半待ちが、シエンタ、アルファード/ヴェルファイアとなっている。

 カローラ、プリウス、C-HRは7月を中心に仕様変更があるため、現行モデルはオーダーストップとなっている。改良モデルの納期は6月上旬現在だと、いずれも不明となっている。

日産はキックスが納車待ち3ヵ月以上

タイで生産される新型キックス

■日産車で納期が長いクルマ
●キックス:3ヵ月以上
●ルークス:2ヵ月

 日産は登録車だと6月24日発表、発売の新型SUV「キックス」が事前の予約受注段階で3ヵ月以上の納車待ちとなっている。

 こちらは人気の高さというより生産がタイ工場であるから、船での輸送や国内に持ち込む際の完成検査などに時間が取られるなどの要因も重なっている。

 このほか3月に発売した新型軽自動車の「ルークス」は2ヵ月、ノート、セレナ、エクストレイル、リーフは1ヵ月以内で、納期の長いモデルは今のところ少ない状況にある。

ホンダの納期は軒並み1ヵ月

■ホンダ車で納期が長いクルマ:なし

 ホンダはフィットはじめ、フリード、ヴェゼル、ステップワゴン、オデッセイ、シビックなども軒並み1ヵ月以内で収まる状況にある。今夏に発売予定のシビックタイプRに関しては、納期が長くなると予想している。

 軽自動車のN-BOX、N-ONEともに1ヵ月以内で収まる通常の納期である。

ジムニーはジムニー/ジムニーが納車待ち1年以上

発売から2年以上経っても納期が1年以上のジムニー

■スズキ車で納期が長いクルマ
●ジムニー:1年以上
●ジムニーシエラ:1年以上
●ハスラー:3ヵ月

 スズキは2018年7月5日に一新したジムニー/ジムニーシエラの納期は1年以上となっていて、6月上旬現在、正確に提示できない状況にあるという。

 2019年末時点で、それまでの1年待ちが8ヵ月に短縮したが、今春に再び延びているという。国内に加えてヨーロッパを中心とした海外からの引き合いが多くなっているためだという。

 ハスラーは2019年12月24日にフルモデルチェンジし、2020年1月20日に発売した。当初は4ヵ月以上と納期が長期化していたが、最近は3ヵ月と多少落ちついている。

ダイハツはロッキーとタフトに人気が集中

新型タフトの納期は3ヵ月以上

■ダイハツ車で納期が長いクルマ
●ロッキー:3ヵ月以上
●タフト:3ヵ月以上

 ダイハツはトヨタライズと同時に発売した姉妹車のロッキーが3ヵ月以上と同様に長期化している。

 6月10日に発表、発売の新型軽SUV「タフト」は事前の先行予約段階で3ヵ月以上の納期と好調な滑り出しをみせている。

 このほか、マツダ、スバル、三菱自動車の3社は、1ヵ月以内と通常の納期となっている。

 ただ、スバルは9月に一新するレヴォーグが7月中旬にも予約受注の受付を開始するので、それ以降になると3ヵ月以上の待ちになる可能性がある。

 レクサスは全車受注生産で成約後45日以内(1.5ヵ月)以内に納車することになっている。現行モデルは発売後かなり期間が経過しているので、ほとんどのモデルが通常の納期になっている。

納期が長いクルマを早く手に入れる方法

例えばハリアーの納期は、ガソリン、ハイブリッドともに、ZレザーパッケージやGレザーパッケージが11月上旬以降、Zグレードが10月上旬、それ以外のG、Sといったグレードは8月下旬以降という形で上級グレードほど納期が長い(5月下旬現在の納期)

 通常の納期は1ヵ月以内、販社に在庫があれば2週間~3週間以内となっている。希望のグレードではなかったり、メーカーオプションやディーラーオプションが付いていない場合など、新たにオーダーする場合には1ヵ月以上かかる場合がある。

 そもそも新規車種やフルモデルチェンジしたモデルは、新型車効果で受注が集中し、納期が長くなる。

 その期間は各モデルの人気度合いで格差があり、その幅は3ヵ月~1年と広い。多くは新車を発表してから、半年から1年経過すると通常の1ヵ月以内に鎮静化するが、現行ジムニー&ジムニーシエラのように新車発売から2年経過しても1年以上待たされるケースがたまにある。

 同じ車種でもグレード、搭載エンジン、ボディカラーなどによって納期に格差が生じるケースもある。売れ行きや人気の高低、見込み生産&販売する場合の在庫などによっても変わってくる。

 見込み生産&販売とは、ユーザーが販社を訪れ、新車をオーダーする販売とは別に、販社が前もって売れそうなグレードやボディカラー、メーカーオプションを装着したクルマをメーカーに発注し、在庫しておく方式だ。

 最近の傾向としては、新型車が発売されると、最上級グレード、または中間グレードに人気が集中するので、販社がメーカーに対して行う見込み生産が多くなり、納期は他グレードより早くなる傾向がある。

 大ヒットモデルではそれが特に顕著で、ディーラーマンが手持ちのタブレットで、ボディカラーやいろいろな装備が組み合わされ、見込み発注された最上級グレードや中間グレードをいくつかユーザーに提示し、販売している。

 見込み生産、見込み発注はトヨタ、レクサス車以外は、ほとんどのメーカーが実施しており、メーカーやディーラーのモータープールに保管し、コンピューター管理されているので、これを狙えば2~3週間以内の即納が可能だ。

 納期が長いと言われているモデルでも、こうした在庫車を狙えばいち早く手に入れることができる。ただし、ボディカラー、グレード、オプションは好みのものを選べない場合があるので要注意。

 ではなぜ3ヵ月以上納期が長引くことを予想できるのに、メーカー側は生産台数自体を増やさないのか?

 受注台数が増えた時でも納期を通常の1~1.5ヵ月に収めるには、部品を供給するサプライヤー(下請メーカー)も含めて、規模の大きな生産設備を確保する必要がある。

 そうなると発売から時間を経過して売れ行きが下がった時に、過剰な生産設備を持つことになってしまう。

 生産量を増やすには、継続的に安定した需要を見込めることが不可欠。そうなるとメーカーとしては、増産に踏み切りにくい、というわけだ。

フィットやヤリスのように予め販売台数が見込めるようなクルマはメーカーが対策をしており、発売当初は納期が長くても徐々に短くなっている

 こうしたことから、多くのメーカーは、合理的に生産を行うため、予約受注を発売前に開始するのが当たり前になっている。

 車種によっては、予約受注の開始が3月、価格を含めた正式な報道発表が6月、生産と納車を伴う発売が9月といった具合に、複数の段階を踏む車種もある。

 生産開始よりも前の段階で、グレードやオプション装備などの正確な需要を把握しておきたいために、受注の開始を前倒ししているわけだが、それでも大ヒットモデルに関しては納期の長期化は解消されていない。

 少しでも早く納車させたいなら、リスクを覚悟したうえで実車を見ないでいち早く注文するしかない、という状況になっている。

 今後、コロナ禍の影響で生産が休止もしくは生産調整されていた各メーカーの工場も徐々に再開していくと思われるが、なるべくユーザーの身になって、納車が長くならないように、メーカーは生産量を増やすなど、努力してほしい(特にジムニー)と切に願うばかりである。

【画像ギャラリー】3ヵ月以上!? 納期が長い話題の新車を写真でチェック!