10年20年早かった!「今売ったらバカ売れだったかもしれないクルマ7選」

10年20年早かった!「今売ったらバカ売れだったかもしれないクルマ7選」

 誕生した時代があまりにも早すぎて、早々と消えてしまったクルマたち。なかには発売がもう少し遅ければ、ヒット作になっていたかも? と惜しまれるクルマも多い。

 しかし、発売時にヒットするか否かを決める要素は千差万別。たとえばコンセプトが斬新すぎても、性能が過激すぎても、結果としてマーケットに受け入れられなければ消滅する運命は避けられない。

 2020年の今、新車で売ったらバカ売れするかもしれない……、という不運なクルマたちを7台選んでみた。

 歴史にタラレバ話はないかもしれませんが、しばしおつきあいください。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWeb編集部 トヨタ 日産 ホンダ ダイハツ スズキ いすゞ

【画像ギャラリー】10年20年遅かったら売れたかもしれない珍迷車を写真でチェック!!


ホンダクロスロード:2007年2~2010年8月

猫も杓子もクロスオーバーSUVという今、発売していたら大ヒットしていたかもしれないクロスロード
猫も杓子もクロスオーバーSUVという今、発売していたら大ヒットしていたかもしれないクロスロード

 ホンダは時折、使い勝手を重視した秀作といえるモデルを送り出すことがある。

 ただし、マーケットに受け入れられたかどうかは別の話で、あえていえば当たり外れの振れ幅の大きさがホンダの魅力の一部ともいえる。

 たとえば、オデッセイ、CR-V、ステップワゴン、S-MX、ラグレイトといったヒット作を連ねたクリエイティブムーバーや初代フィットなどが、的中した例だ。

 イメージを一新して2代目(初代はランドローバーディスカバリーのOEM車として名を変えて供給された)として登場したクロスロードも2007年2月の発売から、2010年8月に販売が終了となった短命なモデルだった。

 発表当時は、CR-Vとステップワゴンの間を埋めるような役割を果たすべく開発されたようで、スクエアな外観を特徴とした。

 CR-Vはちょうど同時期に3代目に移行する際に北米市場を意識してサイズアップしたために、クロスロードは国内市場を補う役割を与えられることになった。

 3列7名乗車としたパッケージングは、全長4285×全幅1755×全高1670mmと、ほどよいボディサイズを備え、ステップワゴンのミニバンとしての使い勝手の良さとCR-Vのアウトドア志向を併せ持つことを狙っていたと想像できる。

 ただし、良いとこ取りを狙った感は否めず、市場ではあまり評価されなかった。もしもクロスロードが、クロスオーバーSUVが乱立している今発売されていたら……。

 大ヒット中のハスラーや登場間近のタフトのようなキャラを持っているだけに、今、クロスロードを販売したら大ヒットしたかもしれない……。

クロスロードの中古車情報/中古車相場:20万~178万円、平均価格:64.5万円、流通台数202台

次ページは : いすゞビークロス:1997年3~1999年2月(国内)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!