ロードスター ワゴンR フェアレディ… デザインでクルマ好きの心を鷲掴みする国産車たち 10選

 一口に「良いデザイン」といっても、様々なものがある。クルマひとつとってみても、流麗なモデル、武骨なモデルに感じる美しさ、はたまた機能美と、その物差しの当て方は様々、そして人それぞれだ。

 ただ、そうした自分なりの「美しいもの」に接したときに湧き上がる「…いいなあ」という思いは、物差しは違えども、誰にでも等しく訪れるものかもしれない。

 こと「カーデザイン」というと、欧州車がリードしているイメージがあるが、日本車にもこれまで秀逸なデザインのクルマが輩出されてきた。それこそ欧州メーカーの担い手を唸らせてきたモデルだってあるのだ。

 そんなクルマ好きたちの心を捉えて離さない、秀逸なデザインのクルマたちを集めてみた。

【画像ギャラリー】キューブ ジムニー セリカ… 国産車のデザインの歴史を彩った10台+αをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
選出と本文/清水草一
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


■21世紀から大きく進化したデザイン。だが、最近の日本車が優勢ではない!

 日本車のデザインは、21世紀に入ってから長足の進歩を遂げた! 最大の理由はグローバリゼーション!

 以前は国内の保守的なユーザーを重視した、毒にも薬にもならないデザインが多かったが、海外市場の重要性が高まるにつれ、デザインが国際基準に合うようになった、と考えております。

 ただ、10ベストとなると、必ずしも新しいものが優勢、とはならない。昔から乾坤一擲的なデザインは数多く存在したからネ!

 デザインに感動した日本車10台の筆頭は、なんといっても現行ロードスターだ。これはもうテッパン! あのコンパクトさであのグラマラス感!

マツダ ロードスター(2015年)…2015年に登場した現行型ロードスター。この4代目は歴代で最も全長が短く徹底的に軽量化が図られ、またシャープかつ伸びやかなフォルムが特徴

 初代ロードスターも大傑作だったが、あちらはサイズなりの親しみやすいデザインだった。ところが現行ロードスターは、サイズはほぼ同じでまるでスーパースポーツ!

 すさまじいばかりの傑作だ。初代ロードスターも入れたいところだけど、現行モデルはその超絶正常進化形ということで、合併させていただきました。

 続くは、軽自動車に革命をもたらした初代ワゴンR。

スズキ 初代ワゴンR(1993年)…軽サイズながら背の高いボディスタイルによって広い室内を実現。ミニバン風スタイルのそのカッコよさもウケて大ヒットした初代ワゴンR

 あのシンプルさ、あのユーティリティ。まさに究極の機能美。かのガンディーニ氏(編集部註:イタリアの工業デザイナー。アルファ、アウディ、フィアット、フェラーリなど、代表作を挙げればきりがない)も、世界で最も優れた自動車デザインと激賞したほどだ。

 現在国内市場で主流を占めている軽ハイトワゴンや5ナンバー箱型ミニバンは、すべてワゴンRの発展形と言っていいだろう(ステップワゴンが出たのはワゴンRの3年後)。

 忘れちゃならないのは初代フェアレディZだ。この単純明快なカッコよさ!

日産 初代フェアレディZ(1969年)…高性能かつ安価なスポーツカーを目指して1969年に登場し、北米で大ヒットした初代Z。ロングノーズ、ショートデッキの美しいデザインでも人気を集めた

 モチーフはフェラーリデイトナあたりだが、日本車の海外進出にあたって多大な貢献を果たした点も見逃せない。歴代日本車で一番単純明快にカッコいいクルマはコレ! と今でも思っている。

 2代目キューブも革命的なコンパクトカーだった。それほど全高の高くない、ほぼ立方体というデザインは、結局このクルマだけ。

日産 2代目キューブ(2002年)…初代からのハイトワゴンスタイルを継承しながら、より個性的なデザインで2002年に一新した2代目。左右非対称のリア回りのデザインも話題になった

 海外の識者からも「遅そうなデザイン革命」と絶賛された。キューブの命脈は最近絶たれてしまったけれど、歴史にはしっかり名を残したぜ!

 現行ジムニーの、ウルトラ邪心のないそのまんまダイレクトなデザインにも心底感動した。

スズキ ジムニー(2018年)…20年ぶりのフルモデルチェンジで2018年に一新した現行モデル。プロの道具のような機能に徹したボクシーなデザインも好評で売れゆきは好調

 スケベ心がまったくない! たくらみがない! そのまんまです! これがクロカン4WDです! と目の前に突き付けられると、グゥの音も出ません!

 ところでホンダデザインはどうなのか? と思い起こすと、一番輝いていたのは1980年代でしょうか。ワンダーシビックやグランドシビック、アコードエアロデッキなどの一連のシンプルで美しい砲弾型フォルムが最も秀逸だったのではないか。

 そのなかから1台選ぶと、バラードスポーツCR-X!

ホンダ 初代バラードスポーツCR-X (1983年)…テールエンドを断ち切ったような全長の短い独特な形状のクーペボディで注目を集めたバラードスポーツCR-X

 あのコンパクトさ、あのシンプルさ。美しくも軽快すぎるデザインじゃないですか! 次のサイバースポーツCR-Xも素晴らしかったけど、シンプルさでは初代が上。

 先代、つまり3代目デミオの前期型も最高だったなぁ。コンパクトながらシンプルで躍動感満点。後期型はちょっとデコでいまひとつだけど。

マツダ 3代目デミオ(2007年)…先代までのハイトスタイルから普通のハッチバックスタイルへと一新した3代目は2007年に登場。デザイン重視に方向転換してスタイリッシュになった

 S660も大傑作だ。なにせあのサイズでカウンタックを作ったようなもんだから! よくバランス取ったもんですよ。スゲエ! こんなの絶対日本車でしかありえない!

ホンダ S660(2015年)…ビートを現代によみがえらせた軽オープンスポーツ。オープンだがデザイン重視のタルガトップで室内もタイト。スタイルはまさに軽のスーパーカーだ

 個人的には、流面形セリカが忘れられない。あれもシンプルで本当に流麗だった。ダルマセリカより流面形!

トヨタ 4代目セリカ(1985年)…「流面形、発見さる」の広告コピーが採用されたことから流面形セリカとも呼ばれる4代目。流動感のある曲面を多用したフォルムが当時、先進的な印象を与えた

 地味ながら、先代スイフトの美しさも忘れちゃいけない。あんな美しく張りのあるおケツはありません! 今でも見るたびにホレボレ。

スズキ 3代目スイフト(2010年)…走りの性能を含めて好評だった先代モデルのよさを継承しながら、より洗練された一体感のあるデザインが採用された3代目スイフト

*   *   *

 こうして見ると、日本車の秀逸なデザインは、コンパクトカーとスポーツカーに集中しております。

 セダンにもいいのはあったけど、インパクトがちょっと弱い。でもまあ日本車は、基本的には挑戦者。これでいいのだ!


【番外コラム】編集部が選ぶもう1台 ホンダ ビート(1991年)

 ビートのデビューは衝撃的だったが、そのスーパーカーのようなスタイルもインパクト大だった。

ホンダ ビート(1991年)

 最後に、こちらは企画担当推しの一台、トヨタ カレン(1994年)。子ども心に「ああ、きれいだな」と思った一台。6代目セリカの姉妹車である。いま見ても「悪くないなあ」と思うのだが、いかがだろうか。

トヨタ カレン(1994年)

 結局乗れず終いになってしまったが、永瀬正敏さんのCMや、買えもしないのにトヨタの販売店に行ってもらってきたパンフに添えられた「雨天、結構。」の言葉は、そのデザインとともにいまでも心のなかに在り続けている。

【画像ギャラリー】キューブ ジムニー セリカ… 国産車のデザインの歴史を彩った10台+αをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ