初代ロードスターも甦る!! 『旧車を大事に』メーカー直系レストアサービス続々開設

 世界的に旧車の人気が高まるなか、日本ではメーカー自らが、自社の旧車のレストアを行うところが増え、初代ロードスター向けサービスも2018年初頭に開始予定だ。

 メーカー系リフレッシュサービスの現状はどうなっているのか? まずは、2016年に立ち上げられたボルボの例から、その現状を紐解く。

文:ベストカー編集部/写真:編集部、HONDA、MAZDA


ボルボの例にみる“リフレッシュサービスとは”

 一人の男の熱意によって始まったプロジェクト、それが「ボルボ・ヒストリックカー・リフレッシュ・プロジェクト」である。その男こそ、現ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長。

 木村社長は当初、ボルボ アマゾンを探していたが、なかなかいい車が見つからなかった。そんな時、ウェブサイトで見かけたP1800に目を奪われ購入。

 しかし、入手した当初はエンジン回りのオイル漏れやボディの錆など半世紀ぶんの疲労が蓄積していた。

ボルボP1800

 そこで木村社長は、オリジナルの状態に戻そうとリフレッシュを行うことを決意。

 リフレッシュを行っていく過程で旧いボルボオーナーと知り合いになり、旧世代のボルボを知るメカニックが高齢のため辞める人が多く修理できる工場も少なくなっているのでなんとかならないか、という声を耳にする。

 そこで、木村社長は『ボルボ・ヒストリックカー・リフレッシュ・プロジェクト』を立ち上げ、2016年7月1日、ボルボカーズ東名横浜内に専用のワークショップ、『ボルボ・クラシックガレージ』をオープンさせた。

 ちなみに、ボルボには本国にいったん生産終了した部品を再生産する「ジェネラル・クラシックパーツ」という部署があるが、具体的なリフレッシュプロジェクトはなく、日本独自のものだそうだ。

 このリフレッシュプロジェクトの対象車は、100/200/700/900シリーズの最終1998年までと、一部のFF車の850T-5Rと850R。

 専用の高度な技術を持つマルチ・スキル・テクニシャンが1台1台、ユーザーと相談しながら満足いくコンディションに蘇らせている。

◆  ◆  ◆

 このように、もはや修理や整備が難しくなった自社の旧車を、当時の部品や知識・技量を持ったスタッフを用意し、オリジナルの状態に近づけられるのが、リフレッシュサービスなのだ。

ロードスター向けも開始!! 国産メーカーのレストアサービス

 国産メーカーのレストア&リフレッシュサービスは、1993年から始まったNSXリフレッシュプランが最初。

 NSXの生まれ故郷である栃木県高根沢に設けられたリフレッシュセンターにて、経年劣化部品交換から外観塗装を新車生産時と同じ作業で再塗装する大規模なものまでオーナーの要望に応じて実にさまざまなプランが用意され、これまでの実施台数は約300台。現在は約12カ月待ちとなっている。

 マツダは2016年8月に初代NA型ロードスター・レストアプロジェクトを発表。2017年8月4日には「2017年内の受付開始」と「2018年初頭からサービス開始予定」であることを明らかにし、ついに開始の目処がたった。

 現在、NAロードスターの部品供給率は54%ほどのため、マツダは5000を超えるパーツの製造元となるサプライヤーに再生産、復刻は可能かどうか、問い合わせ中。

 すでにNAロードスターのレストア作業を実施して2017年5月の「軽井沢ロードスターミーティング」で公開すると同時に、当時のトレッドパターンが再現されたブリヂストン製のSF325、185/60R14や塩化ビニール製のソフトトップの復刻版も公開した。

 また、日産もNISMOロードカーのグローバル拡大に合わせて、オーテックジャパン内にニスモ・カーズ事業部を設立して、日産パフォーマンスモデルの補修部品の再生産や供給体制を立ち上げると4月25日に発表。

 このプロジェクトは「ヘリテージ・パーツ・プログラム」と名づけられ、まずはR32 GT-Rから立ち上げて、今年秋頃にはスタートするという。

 すでにNISMO大森ファクトリーや日産プリンス東京・モータースポーツ室などがリフレッシュサービスを行っているが、メーカーとして行うのは初めてだ。

◆  ◆  ◆

 車、特に時代を彩った名車は文化だ。今、日本では登録13年以上の車に重課税が課せられているが、レストアサービスは、整備技術の伝承という大きな意味も持つ。こうしたサービスがどんどん増えていってほしいものだ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ