トヨタ、日産ら自動車メーカーが勧める「とにかく一度乗ってほしい車」8選


 各自動車メーカーには、広報部が存在し、広報車が用意されています。自動車専門メディアはその部門にお世話になっているわけですが、そんな広報車のなかでも「よく借りられる車」と「あんまり借りられない車」があります。

 当然「あまり借りられない車」は、地味だったり話題性が少なかったり売れてなかったり。

 しかしそんな広報車だって、当然光を当てられるチャンスはあるべき!(なにしろせっかく各自動車メーカーが「広報車」として用意してるくらいなんだし)

 そこで本企画では、当記事担当編集者がなかば無理矢理聞き出した、「あまり借りられないけど(つまり地味だし売れてないけど)、一度乗ってくれればそのよさがわかるんです!」という車を紹介したい。

 意外なモデルもあれば、「ああ、そうかもなぁ」というモデルもあるが、メーカー広報氏の心の叫びの顕現だと思って、お読みいただきたい。このページでの評価は国沢光宏氏にお願いした

文:各メーカー広報マン(ベストカー編集部まとめ)、国沢光宏
ベストカー2017年9月10日発売号


■トヨタ・エスティマ

現行3代目のデビューは2006年と、すでに11年選手。顔つき変更で外観はまだ新鮮味があるけど……

【広報マンおすすめ】

 登場から10年以上が経過しましたが、マイチェンによりいまだに外観の先進性は維持していますし、ハイブリッドに乗っていただければ外観にふさわしい近未来的な走りも味わえるのでは、と思います。

【国沢光宏の「ココを評価したい」】

 実用的な3列シートミニバンとハンドリングのよい乗用車の、よい部分を併せ持つ。基本設計が若干古くなってしまったけれど、こういったコンセプトのモデルはヨーロッパでもニーズあると思う。昨年のマイチェンで顔が変わったけど、次世代モデルも考えたらいいと思う。

■レクサス・IS

セダン3兄弟の末っ子のためか、スポーティ路線に振られている。マイチェンで走りが洗練された

【広報マンおすすめ】

 昨年のマイチェンでデザインを大きく変えたほか、走りも変えています。アブソーバーを変更したり、フロントの足回りをアルミ化したりして、熟成が進みました。今は少し貸し出しが落ち着いていますが、走りの楽しさを磨いたので、ぜひ乗ってほしいです。

【国沢光宏の「ココを評価したい」】

 今や稀少になってしまったミドルクラスの後輪駆動車という点に尽きる。兄弟関係にあるマークXが絶版になるといわれているけれど、やはりベンツのCクラスやBMWの3シリーズは後輪駆動で続くと思う。キッチリと磨いてよいクルマに仕上げてほしい。

次ページは : ■日産・リーフ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ