ダイハツコペンの溢れる魅力 こんなクルマが作れるのは日本だけだ!!

 クルマを所有すること、クルマに乗ることの楽しみ方は人それぞれだ。いつでも好きなところへ移動できるだけでなく、友達とドライブを出かけたり、好きなようにカスタマイズしたり、クルマの写真を撮ってみたり、綺麗に洗車をしたクルマを眺めたり、など、まだまだあるだろう。

 そんな中でも、楽しみ方の幅が半端なく広いのが、軽オープンカーのダイハツ「コペン」だ。コペンを見ていると、速く走ることだけがクルマの魅力ではないことを認識させられる。今回は、そんなコペンの魅力について、振り返ってみようと思う。

文:吉川賢一/写真:DAIHATSU

【画像ギャラリー】自分好みのスポーツカーがきっと見つかる!! ダイハツコペンの4つのデザインをギャラリーでチェック!!


「軽」と侮ることなかれ!!

 ダイハツは、コペンのお客様に「クルマって楽しい!」を届けたい、と強く思っているという。もっと多くの人に、もっと自分らしいスポーツカーに乗って欲しいという願いを込めて、ダイハツはコペンを4つのグレード(ローブ、セロ、エクスプレイ、GRスポーツ)で提案している。

左から、セロ、ローブ、GRスポーツ、エクスプレイ、この4つのグレードを揃えている

 小さなフロントに収まるパワートレーンは、660ccの3気筒ターボエンジン(64ps/92Nm)。吸気バルブの開閉タイミングを最適化する「DVVT」を採用しており、低回転から力強いトルクが得られ、街中から高速まで、無駄なくパワーが引き出せるようにセッティングされている。

 ミッションは5速MTと7速スーパーアクティブシフト付きCVTの2種類。燃費はMT車が22.2km/L、CVT車は25.2km/Lだ。

コペンに設定された「GRスポーツ」。車両本体価格は、5速MTが243万5000円、CVTは5万5000円安い238万円だ

 実は、現行のコペンは、車体剛性がすごいことになっている。コペン専用に新開発した骨格「D-Frame」は、骨格だけで強度を担保できる構造だ。

 フロントからサイド、リヤへと、フロア面を切れ目なく補強した構造となっており、フロア下トンネル部やクロスメンバーなどにも補強を行ったことで、初代コペン比で、ボディ上下曲げ剛性3倍、ボディねじれ剛性も1.5倍(ともにダイハツ調べ)と、飛躍的に剛性がアップ。その結果はもちろん、操縦安定性と乗り心地の向上につながっている。

骨格のみでスポーツカーにふさわしい剛性を確保した ルーフの無いオープンカーの弱点になるねじり剛性は、フロント、サイド、リヤ、フロアの車両全体を切れ目なくつなぐ構造でカバーしている(赤が補強部位)

 骨格で剛性を確保したので、内外装を着脱してカスタムする構造「DRESSFORMATION」も実現できた。外板の11部品の樹脂パーツを入れ替えることで、購入後でも個人の好みに合わせたデザイン、カラーの変更ができる。

 交換可能な樹脂パーツは、フロントフード、ラゲージ、フロント/リヤバンパー、フロント/リヤフェンダー(左右2個)、ロッカー(左右2個)、フューエルリッドの11部品だ。

 しかもシャシーパーツには、ウレタン製のバンプラバーまで採用し、早当て化によりストローク短縮と乗り心地の両立、車両姿勢の安定化を図った。もちろん、コペンの象徴である、約20秒でフルオープンとなる「電動開閉式ルーフ」は継承している。

 と、ここまで書くと、「走りの良さ」だけがコペンの魅力と思うかもしれないが、実は、コペンの魅力は、これだけではない。

繋がる楽しみも!!

 コペンの楽しみ方のひとつが、コペンの製造ラインを見学できることだ。大阪府池田市にあるダイハツのコペンファクトリーでは、専任スタッフが丹精込めて作り込んでいく様子を間近で見ることができる。クルマの製造ラインはなかなか見ることはできないが、流れ作業で組み立てられていくクルマと、スタッフの正確で丁寧な仕事っぷりは、見ていて気持ちが良い。

 コペンオーナーとして、ここを訪ねていくというのも感慨深いだろう。現在(2020年8月)は新型コロナ感染拡大防止のため、一時的に休止となっているが、早期の復活を願っている。

 そしてもうひとつ、神奈川県の鎌倉市にあるコペンローカルベースKAMAKURAも、コペンと地元をつなぐ、ドライバーズカフェとして人気のスポットだ。店内にはコペンの実車が展示されており、運転席に座ったり、電動ルーフを開けることもできる。カフェ店員が説明スタッフもかねているので、コペンの思い入れを熱く語っていただくこともできる。

コペンにはおしゃれな街並みやカフェも似合う(写真はイメージ)

 コペンローカルベースKAMAKURAは、地元のアーティストや飲食店とコラボしたマルシェ、ダイハツと地元の人同士が、コミュニケーション獲れる場となっているそうだ。コペンオーナーでなくとも、お洒落なコペンの雰囲気と、美味しいごはんで、おもてなしを受けられる。筆者もプライベートで伺ったことがあり、ここのブリトーは最高においしかった。

コペンの象徴である、約20秒でフルオープンとなる「電動開閉式ルーフ」は継承している

 この2か所は、コペンオーナーやコペンファンの方には、ぜひ一度は行っていただきたいスポットだ。まだまだ暑いが、秋になったらルーフをオープンにして、颯爽とドライブしても良し、写真を撮ってSNSにシェアしても良し、コペンとのカーライフの楽しみ方はいくらでもある。

 こうしたクルマが、200万円前後で手に入る日本という国は、なんて凄いんだろう、と本当に思う。2020年6月のコペン販売台数は213台。ライバルのホンダS660が263台であることを考えると拮抗しているともいえるが、日本車の多様性のためにも、両車そろってもっと売れてほしい。

【画像ギャラリー】自分好みのスポーツカーがきっと見つかる!! ダイハツコペンの4つのデザインをギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ