キャリィ、アクティ、ハイゼットら軽トラックを徹底比較!! 軽トラNo.1はどれ!?!?


 最も身近な商用車のひとつが軽トラックだが、この軽トラのなかで、もっとも優れているモデルはどれなのか? 

 今、新車で買える軽トラは、スズキキャリイ、ダイハツハイゼットトラック、ホンダアクティトラックの3車種(そのほかはOEM車)。

 そこで、その3台を集めてテストを実施。3車を徹底比較してみた!! テスターは、ユーザー目線のクルマ選びに定評のある渡辺陽一郎氏。

 姿形はどれも似ている軽トラだが、どの車種がどんな点に優れているのか? それでは、渡辺氏によるテストレポートを紹介!!

文:渡辺陽一郎
写真:平野学


■テスト車両は日本の軽トラック3車種

 日本には3車種の軽トラックがある。OEMを含めるともっとあるのだが、オリジナルのモデルは3車種だけ。

 今回のテストは普通の人ならば写真だけ見ても見分けがつかないほどの軽トラックを、徹底比較してどれがナンバーワンかを決めるというもの。過酷な? テストに参加した日本が世界に誇る3台をご覧いただこう!!

【スズキ キャリイ】

スズキキャリイは68万4720円〜116万7480円。今回のテスト車は3ATの2WD車

【ホンダ アクティ】

唯一のミドシップ軽トラのアクティ。価格帯は79万円〜117万9600円。テスト車は中間グレードのSDXで2WD車。ちなみにこのアクティはホンダの工場の業務車両

【ダイハツ ハイゼットトラック】

オシャレなカラーが目を引くハイゼット。価格帯は65万3400円〜130万6800円。テスト車は4ATの最上級のエクストラ

■0-50km/h加速で最速加速ナンバーワンは?

 軽トラックは高速道路を頻繁に走るわけでもなく、当然高速走行性能よりも積載性、そして信頼性に重きを置いている。

 しかしです!! 急いで収穫物を農協に持っていく日もあるでしょう、仕入れた魚を小料理屋に運ぶ時もあるでしょう!! そんな時のために0-50km/h加速を図ってみました(ベストカーWeb編集部)。

 今日の軽トラックが搭載するエンジンはすべて自然吸気で、過給器を備えた仕様はない。車両重量は後輪駆動の2WDが700~800kgで、ボディの後部が荷台になるわりに重い。

 荷物を運ぶためにボディの底に耐久性の高いフレームを備え、軽量化もあまり図っていないからだ。

【0-50km/h加速タイム】

(1) アクティ 5.47秒
(2) キャリイ 5.72秒
(3) ハイゼット 6.97秒

 停車状態から時速50㎞までの加速タイムをメーター読みで計ると1位はアクティだった。エンジン性能はキャリイの最大トルクが0.4kgm上まわって発生回転数は低い。

 加速力で有利になりそうだが、アクティはギヤ比が低くタイム計測では速かった。ただしアクティは高回転域で車速が伸びるため、通常の走りではキャリイが使いやすい。

 ハイゼットのエンジンも素直な性格だが、4WDだからボディが少し重く(計測は2WD状態で行った)、ライバル2車に1秒以上遅れた。

そのダッシュ力が積荷の鮮度に直結する……、かはわからないがアクティのエンジンの伸びはさすがホンダといった感じ 

次ページは : ■農道のポルシェの後釜はいるか?