1億円超が即完売 イタルデザインGT-R50はどのようにして生まれたのか?


納車は、2020年末から

 GT-R50は、オーダーしたお客様に合わせ、イタルデザインがビスポーク(ワンオフ)制作を行う。写真でよく見るガンメタとゴールドのカラーリングも決まったものではなく、1台とて同じ仕様は存在しない。納車は2020年後半から、2021年末にかけて行われるといい、そろそろ各オーナーに納車が始まるころである。

 GT-R50は、生産メーカーがイタルデザインであるため、日本車ではなく「イタリア車」であり、デザインも日本人によるものではない。しかし日本で生まれたクルマに、世界トップレベルの技術がつぎ込まれ、ここまで昇華した、というのは、日本人としてとてもうれしい。

世界で選ばれた50名のためだけに用意されるクルマだ ニッサンの本社ギャラリーに展示されることもあるので、見れればラッキーだ

 運がよければ、みなとみらいや銀座にある日産ギャラリーで、このGT-R50の姿を見ることができる。機会があればぜひ一度、実車をその目で確認していただきたい。GT-Rは日本人の誇りだ。

【画像ギャラリー】これぞニッポンの至宝!! 歴代GT-Rをギャラリーでチェック!!