【ノート、ヴィッツ…】小さくても楽しい現行コンパクトスポーツカーたち


 ボディサイズや排気量が小さくても、大きなクルマや大排気量を抜き去ることができる。そんな痛快な逆転劇が、クルマの世界ではよくある話。

 本企画では、走りの楽しいコンパクトカーのなかでも、特に走りの楽しいクルマを5台、ランキング形式で選んでいただきました!

文:岡本幸一郎
写真:小宮岩男、藤井元輔、NISSAN、ABARTH、Peugeot
初出:ベストカー2017年10月26日号


■1位 日産ノートNISMO

ノートNISMO

 最近は小さくて楽しいクルマが増えてきた。そのなかから、特にお薦めしたいモデルをピックアップしてみよう。

 まず国産勢。見わたすとカタログモデルのスポーティグレードにコンプリートカー、軽スポーツなどと実にバリエーション豊富で甲乙つけがたし。むろんいろいろな見方はあるとは思うが、そのなかで筆者の一番のお薦めはズバリ、ノートNISMO Sだ。

 スモールスポーツらしい刺激的な味と、誰でも楽しませてくれる寛容さの両面を併せ持っていて、リアがよく粘って限界性能が高いなかにも、シャープな操縦性を持ち合わせている。見た目の雰囲気もなかなかよい。内容のわりに価格に買い得感があるところもマルだ。

 ちなみにノートe-POWER NISMOも、「エコカーだからスポーツ走行には不向き」と思われがちだが、全然そんなことはない。リニアなレスポンスと太い低速トルクで、ワインディングもめっぽう速くて充分に楽しめる。

 また、弟分といえる同門のマーチNISMO Sもかなり楽しいクルマ。共通イメージで仕立てられているが、性格は似て非なる印象で、懐の深いコントローラブルな乗り味が心地よい。

 こちらも上位に入れたいところだが、ほかにも候補車があるので、話をそちらに進めよう。

■2位 トヨタヴィッツGRMN

ヴィッツGRMN

 2位に挙げたいのはヴィッツGRMNだ。このクルマ、めっぽう速いし突き抜けていて本当に面白い。MTが6速になったのもうれしい。

 予算に余裕があって、この過激な走りを好む人にとって、という条件付きならイチオシだ。

 ただし、あまり万人向けでない点と、おそらく価格が高いことを理由に次点としたい。(編集部註/発売は来年春で価格はおそらく360万〜400万円程度)

次ページは : ■3位 アバルト595