NISMO、GR、Modulo、無限、STIのワークスチューニング、買うならコレだ!!


 NISMO、GR、Modulo、無限、STIなど、このところメーカー直系のカスタマイズブランドがますます存在感を増している。

 車種もスポーツカーに限らずミニバンやSUV、コンパクトカーや軽自動車にいたるまでバラエティ豊富で、コンプリートカーが増えていることも特徴だ。

 この記事では各ブランドの成り立ちを紹介するとともに、性能だけでなくコスパや維持費など現実的な問題を考慮しつつ、それぞれの2017年秋におけるベストバイを挙げてみたので、ぜひ参考にして欲しい。

文:岡本幸一郎/写真:小宮岩男、池之平昌信、藤井元輔


■日産のワークスを手がけるNISMOのオススメは?

 NISMOが日産のモータースポーツ会社であるのはご存じのことだろうが、伝統と栄光のあるNISMOというブランドをもっと上手く活かせないものかと、日産内で新しいプロジェクトを立ち上げた。

 そして、市販車にはあきたらず、性能や上質さを求めるユーザーに向けたコンプリートカーを、2013年初めの「ジュークNISMO」を皮切りに、徐々にラインアップを増やしているところだ。

 2017年4月には、将来的な販売増と世界展開を視野に入れて、新たに「ニスモ・カーズ事業部」を設立した。

 現時点では、マーチ、ノート、ジューク、フェアレディZ、GT-Rという5車種の布陣となっている。

 その中からイチオシとしたいのは、「ノートe-POWER NISMO」だ。むろん性能面ではGT-RやフェアレディZが圧倒的だが、他にはない独自性はもちろん、250万円を切るリーズナブルな価格と多くの人に受け入れられるであろう普遍性という点を大いに評価したい。

 鮮烈な赤のアクセントが目を引く内外装は、すでにNISMOのアイデンティティを確立している。ボディ補強と専用サスペンションによるフットワークはスポーティかつ上質な仕上がり。

 また、e-POWERならではの電動駆動にも手を加え、瞬発力を高めたり回生をリニアな特性とするなどして、より運転を楽しめるよう加減速のフィーリングを独自にアレンジしているのも、このクルマならでは。

 電動駆動だからこそ味わえるドライビング感覚とともに、スポーティなルックスと走りを低燃費で楽しめるという、多くの要素が凝縮した要注目の1台だ。

 なお、日産系ではオーテックジャパンが手がける「ライダー」や「モードプレミア」といった、NISMOとは方向性の異なるコンプリートモデルもある。こちらもカタログモデルにはない魅力を持った気になる存在である。

ワンペダルドライブも話題のe-POWERだが、NISMOでは回生ブレーキの効きも市販バージョンよりもあえて弱くしているなど工夫もみられる

■最近スポーツイメージの強いトヨタ”GR”のベストバイコンプリートは?

 トヨタには、「ワークス」と呼べるカスタマイズブランドがいくつかあるが、正真正銘のワークスとなるのがこちらである。

 これまでは「G‘s」や「GRMN」などと呼んでいたコンプリートカーが、2017年4月の「GR Company」の始動により、今後は「GR」シリーズに統一されることとなった。

 その中で「GRスポーツ」、「GR」、「GRMN」という3段階にチューニングを施したコンプリートカーをラインアップしていくことは既報のとおりだ。なお、「GR」とは「GAZOO Racing」を意味する。

 このGRシリーズについては、まだ全容が見えないのが悩ましいところだが、すでに設定のある、もしくは近いうちに設定予定で試乗することのできた車種については、ほぼすべて足まわりの仕上がりは上々であった。

 ただし、パワートレインに手を入れていないことが惜しまれる車種が少なくないのも事実だ。そこで、現状でも十分な動力性能と、楽しさを直感させるフットワークを身に着けていることから、「86 GR」をベストバイとしたい。

 見た目にあまり派手さはなく控えめながら、走りのキモとなる部分には、600万円超の価格で限定販売され、走りが絶賛された「86 GRMN」のエッセンスが盛り込まれている。

 その走りは、まさしく意のまま。走る、止まる、曲がるのすべてが、見事なまでにリニアに味付けされている。FRスポーツの走りを極めた、素晴らしい仕上がりだ。

トヨタが「GR」としてラインアップするなかで、もっともスポーティなのが86GR。メーカーチューンだからこそのハイバランスが心地いい

次ページは : ■ホンダのワークスカスタムはModuloと無限の選択肢

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ