トヨタライズ 2020年上半期販売1位!! 何がよくて売れまくっているのか?


 トヨタライズが、2020年上半期の登録車販売台数ランキングで1位を獲得した。

 7月8月は、トヨタヤリスが1位となっており、年間での1位を獲得できるかは微妙なところではあるが、SUVにカテゴライズされるクルマが、販売台数ランキングでこれほど上位にランクインしているのは、極めて珍しい。もし、年間でトップ3に入ることがあれば、SUV初の快挙だ。

 ライズは何がよくてこれほどまでに売れているのか。ライズ爆売れの理由を考察していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、SUZUKI

【画像ギャラリー】いま人気のクルマはコレ!! 2020年上半期販売台数ランキングトップ5のクルマをギャラリーでチェック!!


ライズの魅力は「良品廉価」

 ロッキー/ライズのヒット要因をひと言でいうならば、「良品廉価」にある。5ナンバーサイズとは思えない、プチRAV4といった感じのドシッとしたエクステリア、プラスチック素材は多いが、先進的な雰囲気を持ち上手くまとめられたインテリア、車幅もさほど広くなく、四角いボディのため、視界が良くて運転が怖くない。

ライズは2020年上半期登録車販売台数一位に加え、7月は12283台、8月は9391台と、その勢いは未だ衰えない

 そして、1.0リッターターボエンジンのトルクも太く、発進時にはそれなりに強い加速が得られる。

 C-HRやヴェゼルといったスタイリッシュな都会派SUVには見飽きた、でも、フィットクロスターのようなクロスオーバー風味のコンパクトカーでは物足りない。とはいえ、ジムニーシエラはちょっとハードすぎ、でも、スズキクロスビーは少しファッション的でライトすぎる。

 そこへ「オフロードスタイル」をまとって登場した、ロッキー/ライズは、まさに「ちょうどいい」という感じだったのだろう。

 オフロードをガシガシ走破する本格的なクロカンや、オンロードからオフロードまで万能でこなせるSUVは不要。クロカンやSUVの「雰囲気」があれば十分、と感じるユーザーにとって、主要グレードが200万円前後で買えるライズ/ロッキーは、ぴったりなモデルだったのだ。

一般社団法人日本自動車販売協会連合会 新車乗用車販売台数ランキングより抜粋 SUVが販売台数ランキングで上位にランクインするのは極めて珍しい

 とはいえ、軽自動車の車体をベースにして造りこまれたロッキー/ライズには、弱点もある。乗り心地、静粛性、ハンドリング(特にボディモーション)に関しては、物足りなく感じるシーンもあり、あとすこししっかり感が欲しい、と筆者は感じた。

 しかし、すべての性能をパーフェクトにした姿でなくても、ライズ/ロッキーは十分に楽しめるクルマであり、それでこそ「ちょうどいい」クルマとなっているともいえる。

なぜライズ対抗車が出てこないのか

 ロッキー/ライズの対抗車となる5ナンバーサイズのSUVは、ここ最近はありそうでなかったクルマだ。「日産やホンダも5ナンバーSUVを作れば良いではないか」と思うかもしれないが、日産・ホンダなどの国内の大手自動車メーカーは、今や全収益の70%~90%を海外市場で得ており、国内市場だけに特化した新規モデルを投入できるほどの余力がない。

 「5ナンバー」という日本のローカルルールを前提に、ロッキー/ライズを作ることができたのは、開発主が国内市場をメインとする、ダイハツだからである。

ヴェゼルは全幅1770mm、C-HRは1790mm、マツダCX-3は1765mm、いずれもオーバー1700mm この理由は海外市場での販売を前提にしたモデルだからだ

 そのため、日産やホンダが、5ナンバーサイズのSUVを、わざわざ国内市場向けに作ることは、残念ながら、ない。彼らの主戦場はあくまで北米や欧州、アジア圏である。国内の5ナンバーサイズの需要には、ノートやフィットといった5ナンバーコンパクトカーに任せ、伸び伸びとしたデザインのSUVは、海外物を国内転写するにとどめるだろう。

次ページは : 可能性があるのはスズキ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ